初めての派遣登録の仕方ガイド|派遣会社の選び方から派遣登録まで一連の流れまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣登録の仕方

  • 派遣登録のやり方って簡単?
  • 登録会って何をするんだろう?
  • 派遣の初日ってどんな感じ?

初めて派遣登録をする人は、ドキドキや不安、わからないことでいっぱいだと思います。

結論から言うと、各派遣会社で派遣登録の仕方に大きな違いはありません。

多少の違いはあれど、派遣業界全体で見ても、派遣登録方法はいくつかのお決まりパターンが決まっているためですね。

当記事では、初めて派遣のお仕事を始める人のために、派遣会社選びからお仕事スタートまでの流れをガイドブック形式で順番にご紹介しています。

ガイドに沿って手続きを進めていくことで、初めての方でも迷いなく派遣登録が完了して、派遣スタートが切れるようにまとめています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

初めて派遣会社を選ぶ際のポイント

派遣で働くのが初めての場合、「どの派遣会社を選べばいいのかわからない」と困っている人も多いと思います。

この章では、初めて派遣会社を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

まずはじめに、派遣で働くのが初めての方は、登録する派遣会社を2社登録するのがおすすめです。

2社登録することでお仕事の紹介数が増えるだけでなく、双方の時給や待遇の比較ができるため、より「好条件」で「高時給」の仕事に出会う確率が高まるからです。

それでは、2社登録するのにおすすめの選び方ついて説明していきます。

1社目は「大手派遣会社」に登録

まず1社目に登録したいのが大手派遣会社です。

大手の派遣会社は、求人数や扱う職種が多いため仕事は見つけやすく、社会保険・健康診断・研修などの福利厚生も充実しています。

また、取引先に大手や優良企業が多いのも特徴です。

どの派遣会社に登録したら良いかわからない方は、以下の大手5社がおすすめです。

2社目は「専門系」または「地域密着型」の派遣会社に登録

2社目は、あなたのやりたい仕事に合わせて派遣会社を選びましょう。

  • 事務職をしたい方→2社目も大手派遣会社
  • 事務職以外をしたい方→それぞれの職種に強い派遣会社
  • 地元で働きたい方→地域密着型の派遣会社

事務職をしたい方

事務職が希望なら、2社目も大手派遣会社がおすすめです。

大手派遣会社はどこも事務職の扱いが多いため、大手2社に登録すれば双方の条件を比較しつつ、多くの求人から仕事が選べます。

事務職以外の仕事をしたい方

販売スタッフ、製造業、看護・介護職、エンジニアなど、事務以外の職種で働きたい方は、それぞれの職種に強い専門系の派遣会社を選びましょう。

希望にマッチした仕事が見つかりやすいだけでなく、担当者が業界の動向や仕事内容をよく理解していることから、相談に乗ってもらいやすいメリットもあります。

職種別のおすすめ派遣会社は下記の通りです。

職種 派遣会社名 派遣会社名
医療・介護職 ウィルオブ(旧セントメディア) スタッフサービスメディカル
製造業・軽作業 ランスタッド テクノ・サービス 働くナビ
アパレル・販売系 シーエーセールススタッフ リンクスタッフィング
テレフォンオペレーター ウィルオブ(旧セントメディア) ベルシステム24
IT・エンジニア系 パーソルテクノロジースタッフ パソナテック

地元で働きたい方

「地元で働きたい」「自宅近くで働きたい」という方は、地域密着型の派遣会社がおすすめです。

地域に根づいた派遣会社には、大手にはない地元の優良企業の案件も多いからです。

また、好条件の案件に募集が殺到してしまう大手に比べ、地域密着型の派遣会社は倍率が低く、希望の仕事に就きやすいメリットもあります。

派遣会社の複数登録について詳しく知りたい方は、「派遣会社は2~3社登録がおすすめ!複数登録のメリット・デメリットとは?」を参考にしてみてください。

3種類の派遣会社登録方法の中から選ぶ

登録したい派遣会社が決まったら後は、実際に派遣登録を進めていくことになります。

派遣会社の登録方法は3種類あります。

  1. 【来社登録】WEBサイトで仮登録→派遣登録会に参加して本登録
  2. 【来社不要】WEBサイトだけで登録完了
  3. 【来社不要】WEBサイトで仮登録→電話やオンライン面談

結論から言うと、3種類どの登録方法を選んでも損はありません。

どの登録方法を選んでも、「不合格になりやすい」「仕事を紹介してもらえない」といった、何か特別なリスクはないからですね。

3種類それぞれの登録方法をご紹介するので、あなた好みの登録方法を選んでいただければ大丈夫です。

1.WEB仮登録→登録会で本登録

3種類の登録方法の中でも一般的なのが、WEBサイトで仮登録をした後に登録会に参加して本登録をする方法です。

コーディネーターに直接会って細かい希望を伝えたり、アドバイスを受けたりできるため、よりあなたにマッチした仕事に出会える可能性が高くなります。

また、実際に派遣会社や担当者の雰囲気を見られて、その場でお仕事紹介が受けられるのも大きなメリットです。

WEB仮登録で、経歴・スキル・資格・希望条件を細かく入力しておけば、登録会での所要時間が短縮できますよ。

2.WEBで本登録

忙しくて登録会に参加できない方や、登録会場が遠い方向けに、WEB入力のみで登録が完了する派遣会社もあります。

  • パソコンまたはスマホから顔写真や本人確認書類をアップロードする
  • 経歴などのプロフィールをWEBで詳細に入力する

といった方法で、登録会に参加した方と同じようにお仕事紹介が受けられます。

ただし、「WEB登録可」をうたっている派遣会社のなかには、登録はできても仕事を紹介してもらう際には来社が必要なところもあります。

大手派遣会社のうち、WEBのみで本登録からお仕事紹介までできるのは、リクルートスタッフィングスタッフサービスです。

※参考⇒ 来社不要!ネットだけでWEB本登録が安全にできるおすすめの人材派遣会社

3.WEB仮登録→電話やオンライン面談

登録会に参加する代わりに、電話面談、またはスマホ・パソコンによるオンライン面談で本登録できる派遣会社もあります。

大手派遣会社のなかでは、パソナが電話面談を、ランスタッドがオンライン面談を行っています。

電話登録やオンライン面談の場合、事前にWEBサイトからプロフィールの入力や、派遣会社から指定された動画(派遣登録に関する注意事項など)の視聴をしなければならないといったルールがあります。

派遣登録会への申し込み方法

派遣登録会の申し込みは、WEB登録と同時にできますが、パソコンやスマホがない方は、電話での申し込みも可能です。

登録会場は、

  • 派遣会社の登録センター
  • 派遣会社のオフィス
  • 登録会のために借りた会場

など、派遣会社によってさまざまです。

また、在職中の方のために、平日の遅い時間や土日にも登録会を開催している派遣会社があります。

自宅や勤務先の近くなど、行きやすい拠点・日時を選んで申し込みましょう。

登録は、どの派遣会社も無料です。

派遣登録会の持ち物

登録会に必要な持ち物は派遣会社によって多少違いますが、おおむね以下の通りです。

【必ず必要なもの】
・本人確認書類(免許証・パスポートなど)
・口座がわかる通帳またはキャッシュカード(給与振込のため)
【派遣会社によって必要なもの】
・印鑑
・履歴書
・職務経歴書や職務経歴を書いたメモ

本人確認書類は原本を持っていく

本人確認書類は、免許証・パスポート・保険証・住民票など、公的機関発行書類の原本を持参します。

身分証明書の提示に抵抗がある方もいるかもしれませんが、派遣会社側も身元がわからない人を雇うことはできません。

どの派遣会社でも必ず必要なので、忘れずに持参してください。

レンタルショップなどの会員証は、たとえ写真が入っていてもNGです。

また、公的機関発行の証明書であっても、コピーは認められません。

WEB登録すれば「履歴書」や「職務経歴書」の不要なケースが多い

WEB登録で職歴やスキルなど必要事項をすべて入力すれば、履歴書や職務経歴書のいらない派遣会社が大多数です。

派遣スタッフに必要情報を入力してもらった方が、派遣会社の手間が省けますし、紙の履歴書や職務経歴書よりもデータの方が情報を管理しやすいためです。

下記の派遣会社は、履歴書、職務経歴書ともに不要です。

注意ポイント!

上記の派遣会社でも、事前にWEB登録ができないと履歴書・職務経歴書の必要な場合があります。

履歴書や職務経歴書が必要な派遣会社に登録した方は、以下の記事も参考にしてみてください。

※参考⇒【例文つき】派遣会社の登録時に提出する履歴書の書き方

※参考⇒【見本つき】派遣会社の登録時に提出する職務経歴書の書き方

派遣登録会に着ていく服装

登録会の服装は、希望職種に関わらずスーツかオフィスカジュアルが基本です。

オフィスワークはもちろん、アパレル業でも製造業でも同様です。

登録会は、お仕事を紹介してもらうオフィシャルな場なので、

  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • ショートパンツ
  • スウェット
  • パーカー
  • サンダルやミュール
  • キャップ

といったビジネスシーンにそぐわない服装で来る人は、社会人としてのマナーを疑われてしまいます。

なぜなら、「派遣先でもこのような格好をするのでは?」「いろいろな面で社会常識がないのでは?」と不安になり、派遣先企業に自信を持って紹介できなくなってしまうからです。

下記は、大手派遣会社「パソナ」の派遣登録会の服装に関する見解です。

派遣登録の服装は?私服でもOK?
特に指定していない派遣会社が多いと思いますが、派遣登録時に、好ましい服装は、スーツやオフィスカジュアルです。ガチガチのスーツで行く必要はないですが、登録用の社内写真を撮影する会社もあります。派遣会社に安心感を与え、お仕事を紹介してくれそうな、ビジネスシーンに相応しい服装が無難ですね。

引用元:パソナ「派遣登録の服装は?私服でもOK?」

派遣先の服装がカジュアルだとしても、登録会を行うのは派遣会社です。

派遣会社の担当者に良い印象を与え、「この人になら安心して仕事を紹介できる」と思ってもらえるよう、登録会にはきちんと感のあるスーツまたはオフィスカジュアルで参加しましょう。

登録会の服装について詳しく知りたい方は、「派遣登録会へ着ていく服装・髪型・化粧はどうすればいいのか?」をチェックしてみてください。

「登録会って何するの?」派遣登録会の流れ

派遣登録会とはその名のとおり、「派遣会社に登録をする会」です。

下記、派遣登録会の基本的な流れとなります。

  1. 派遣の仕組みについて話を聞く
  2. プロフィール(スキルシート)の入力
  3. スキルチェック
  4. コーディネーターとの面談

1.派遣の仕組みについての話を聞く

派遣の仕組みや働き方、福利厚生、派遣会社独自のシステムについて説明を受けます。

担当者の説明の代わりに、説明動画の視聴をする派遣会社もあります。

2.プロフィールの入力

スキル・経験・資格・希望などのプロフィールをスキルシートに記入、または入力します。

WEBから事前に入力している場合は、この工程はカットされます。

3.スキルチェックを受ける

スキルチェックは、派遣会社が現時点でのあなたのスキルを把握する目的で行います。

スキルチェック内容は、派遣会社によっても職種によっても違いますが、以下のうち一つ、または複数を組み合わせて行います。

種類 チェック方法
タイピング 制限時間内でどれだけ速く正確に打てるか
パソコンスキル エクセル・ワードなどが使えるか
一般常識 簡単な読み書き・計算・時事問題・敬語など
適性検査/職業適性診断 性格診断・簡単な実技テストなど
ひとことアドバイス

事務系職種は「タイピング」や「パソコンスキル」を、製造業や軽作業は「適性検査」を行う傾向にあります。また、職種によっては英語力や簿記のスキルチェックを行うこともあります。

スキルチェックについてもっと詳しく知りたい方は、「派遣登録会で行うスキルチェック内容の出題傾向と事前対策」を、適性検査について知りたい方は「派遣会社の適性検査は何をする?」をチェックしてみてください。

4.コーディネーターとの面談

スキルシートの内容や希望条件をもとに、派遣会社のコーディネーターと面談を行います。

面談は、企業の面接のように合否を決めるのではなく、お仕事について相談をする場です。

コーディネーターはあなたのスキルや条件に合うお仕事を見つけてくれる人なので、不安や気になる点は何でも相談してください。

ただし、面談での言葉遣いや態度・マナーはコーディネーターにしっかりチェックされています。

ハキハキとした明るい受け答えや、礼儀正しい対応を心がけましょう。

派遣求人へのエントリーと社内選考

「エントリー」とは、派遣会社が出している求人に応募することを指します。

  • 営業担当者から紹介された求人に応募する
  • 派遣会社のサイトから求人検索して応募する

といった方法があり、同時期に複数の求人に応募することも可能です。

求人にエントリーすると、次は派遣会社が「社内選考」を行います。

社内選考とは、

  • 応募者のスキルが派遣先企業の求めるスキルを満たしているか
  • 応募者が派遣先企業に紹介しても大丈夫な人物かどうか

を派遣会社が判断すること。応募者多数の場合は、より企業の求める条件に合った人を選びます。

社内選考の結果は、電話またはメールで当日~1週間以内にきますが、人気の案件は落ちることも珍しくありません。

当社が行ったアンケート調査でも、派遣社員の3人に1人以上が「社内選考に落ちたことがある」と回答しました。

※参考⇒「派遣会社の社内選考で3人に1人は落ちる?社内選考を通過するコツと選考の基準」

たとえ落ちたとしても「よくあること」と割り切って、興味のある案件にはどんどんエントリーしましょう。

派遣先企業との顔合わせ

派遣会社の社内選考を通過すると、次は派遣先企業との「顔合わせ」を行います。

顔合わせは、「面接」に近いモノとお考えください。

【顔合わせで行うこと】

  1. あなたの自己紹介
  2. 派遣先企業から業務内容の説明
  3. 派遣先企業→あなたへ質問
  4. あなた→派遣先企業へ質問

本来、派遣先企業が派遣社員を面接することは労働者派遣法で禁止されていますが、「顔合わせ」「職場見学」といった形での面談を行っています。

いざ働き始めてから互いにミスマッチを感じることのないよう、事前に仕事内容やスキル、これまでの経験などについて相違がないか確認するのが目的です。

ただ、通常の面接と違い、顔合わせには派遣会社の営業担当者が同行します。

派遣会社は、あなたを企業に推薦する立場なので、答えに詰まったときはサポートしてくれるので助かります。

社内選考の結果は、早ければ当日、遅くとも1週間以内に派遣会社の担当者から連絡がきます。

社内選考についてもっと詳しく知りたい方は、「派遣先企業との顔合わせは何をする?何を聞かれる?よくある質問と回答例を紹介」の記事を参考にしてください。

派遣社員としてのお仕事スタート

企業との顔合わせで採用が決まったら、派遣会社と雇用契約を結び、いよいよお仕事のスタートです。

緊張の初日は、派遣会社の営業担当者が派遣先企業に同行してくれます。

※参考⇒派遣就業の初日ってどんな感じ?服装・持ち物・ランチ事情から一日の流れまでをご紹介

また、就業後も定期的に職場を訪問して様子を見に来てくれるので、困っていること、悩んでいることがあったら何でも相談しましょう。

派遣登録は簡単に解除・抹消できる

さまざまな事情で派遣会社を利用しなくなった場合、派遣登録の解除や抹消は電話やメールで簡単にできます。

※参考⇒ 派遣登録の削除・抹消方法|登録解除をしても個人情報は残るの?

正社員が会社を辞めるときのような面倒な手続きはないので、

  • 派遣としてずっと働くかどうか分からない
  • 正社員の仕事が見つかるまでのつなぎとして派遣で働きたい

といった方も、ぜひ気軽に登録してみてください。


外国人が派遣会社に登録する方法と注意点

  • 「派遣で働いてみたいな」
  • 「派遣のほうが仕事は見つけやすいかも」
  • 「外国人でも派遣会社に登録できるのかな?」

と思っている外国人の方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、外国人でも派遣会社に登録できます。

与えられた範囲内、期間内であれば外国人でも日本で働くことが認められているからですね。

日本もグローバル化が進み、2018年10月末日時点で146万人以上の外国人労働者がいて、6年連続で増加傾向にあります。(※日本経済新聞引用

外国人労働者が活躍できる場は増えていますが、それは派遣会社も同じで外国人向けの求人も増えています。

ただし、外国人が派遣会社に登録するときにはいくつかの条件や注意点があります。

そこで当記事では、外国人が派遣会社に登録する方法と注意点を合わせて解説していきますね。

この記事を読み終わる頃には、外国人の方が不安なく派遣会社に登録できるようになっているでしょう。

続きを読む

中卒や高卒と学歴が低くても派遣社員になれる理由と派遣登録時の注意点

  • 「派遣会社に登録するのに学歴は関係あるの?」
  • 「中卒だけど派遣社員になれるかな?」
  • 「高学歴だとウソをついたら採用される可能性が上がる?」

学歴が低いことを気にして派遣登録に踏み切れない人もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、学歴が低い人でも派遣社員になることはできます。

なぜなら、派遣社員として採用される時に学歴が関係することはないからです。

当記事では「派遣社員になるのうえで本当に学歴は関係ないのか?」を派遣登録時の注意点と合わせて解説していきます。

この記事を読めば、学歴に不安がある人でも自信を持って派遣会社に登録できるようになりますよ。

続きを読む

ニート(無職)状態から派遣社員への登録方法とおすすめ派遣会社

  • 「ニートから脱出したい」
  • 「就職活動しているけど受からない」
  • 「もう手持ちのお金がない・・・」

これから働くことを考えるうえで、ボンヤリながらも「派遣社員はどうなんだろう」と考えている人もいると思います。

結論から言うと、現在ニート(無職)の人は派遣会社へ登録をしておいて損はありません。

派遣では、スキル・経験不問の求人も多く扱っているため、職歴がない人や空白期間が長い人でも仕事を紹介してもらえるからですね。

また、今お金がなくて困っている人の場合、給料前払い制度を行っている派遣会社(テクノサービスなど)を利用するという方法もあります。

前払いについて詳しく知りたい場合は「派遣社員は給料の前借りができる?前払い制度のある派遣会社と利用時の注意点を紹介」の記事も参考にしてみてください。

そこで今回は、

  • ニート(無職)の状態で派遣会社へ登録する方法
  • 空白期間に何をしていたか聞かれたときの対処方法
  • ニートが登録するのにおすすめの派遣会社

などを解説していきます。

この記事を読み終わる頃には、ニート(無職)状態を抜け出す選択肢の一つとして、「派遣会社への登録」も加わっていることでしょう。

続きを読む

派遣登録の削除・抹消方法|登録解除をしても個人情報は残るの?

  • 派遣の登録解除って手続きがめんどくさそう
  • 使っていない派遣会社の登録を抹消したいけど、やり方がわからない

そんな人も多いと思いますが、実は派遣登録の削除や抹消はとても簡単。

下記は、「派遣登録の抹消をしたことがある方」におこなったアンケート調査です。

派遣登録の抹消方法

90%の人が電話やメールだけで登録抹消ができたと回答しており、実際、面倒な手続きは必要ないことがわかります。

当記事は、派遣会社を辞める際の気になる問題を解決できる内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

派遣会社は2~3社登録がおすすめ!複数登録のメリット・デメリットとは?

  • 派遣会社って何社も登録していいの?
  • 複数登録しているのがバレたら問題にならない?

複数の派遣会社へ登録することを、心配している人もいるかもしれません。

結論からいうと、派遣会社は何社登録しても問題ありません。

効率良く派遣の仕事を探すのであれば、2~3社の登録がおすすめです。

なぜなら、「2~3社の方が管理しやすい」「仕事を選べる」「同じ仕事でも高い時給の方で働ける」といったメリットが多いからですね。

弊社独が行ったアンケート調査でも、「派遣社員として働く人の約7割が2社以上の派遣会社に登録している」と回答がありました。

派遣の派遣会社の複数登録している人の割合

派遣会社を1社しか登録しないのは、実にもったいないことなんですよ。

当記事では、複数登録するメリットとデメリットについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

派遣会社の社内選考で3人に1人は落ちる?社内選考を通過するコツと選考の基準

はわずか17%

  • 「社内選考でまた落ちた…」
  • 「もう何件も求人に応募しているのに全然通らない」

そんな風に悩んでいる人も多いと思います。

結論からいうと、派遣会社の社内選考で3人に一人は落ちています。

当サイトで派遣社員として働く100名にアンケート調査を実施したところ、全体の39%の人が「社内選考に落ちたことがある」と回答を得ました。

派遣会社の社内選考に落ちたことがある割合

さらに、社内選考に落ちたことがある人に対して、今まで何回落ちたか聞いたところ、

社内選考に落ちた回数

1回だけ落ちた人はわずか17%で、83%の人は、2回以上社内選考に落ちたと回答しています。

なので、社内選考に通らなかったとしても必要以上に落ち込むことはありません。

とはいえ、できるだけ早く仕事を決めたい人にとっては心配ですよね。

そこで当記事では、

  • 社内選考はどのような基準で行われているのか?
  • どうすれば社内選考に通りやすくなるのか?

について詳しく解説していきます。

「社内選考になかなか通らない」とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

派遣会社の適性検査は何をする?

派遣会社の適性検査とは、簡単にいえば仕事の「向き」「不向き」を調べるためのテストです。

派遣登録をする際には、

  • パソコンスキル(ワード・エクセルなど)
  • タイピング(キータッチの早さや正確性)
  • 一般常識(漢字・計算・時事問題など)

といったスキルチェックが行われます。

「適性検査」は上記のスキルチェックとセット、または単独で実施されます。

ただ、上記3つのスキルチェック内容はなんとなくイメージがついても、「適性検査」っていったい何をするんだろう…と気になる人も多いのではないでしょうか。

そこで当記事では

  • 適性検査とは具体的に何をするのか
  • なぜ適性検査が必要なのか
  • 適性検査で落ちることはあるのか

について詳しく解説していきます。

読むことで、自分が希望する仕事では「どんな適性検査が行われるのか」が分かるようになって、しっかり心構えをしてのぞめますよ。

これから派遣登録をしようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

派遣会社の求人は複数エントリー(応募)してもOK?エントリー後の流れと効率的な進め方

派遣のお仕事探し中に気になる求人がいくつか見つかり、「どれに応募しよう」と迷った経験はありませんか?

結論から言うと、気になる求人がいくつかあった場合、複数エントリー(応募)してもOKです。

他に登録している派遣会社にも、同時に応募して問題ありません。

下のグラフは、当サイトが全国の派遣社員100名に行ったアンケート結果です。

派遣のエントリー数

半数以上の人が「同時期に2つ以上の案件にエントリーした」と回答しています。

また、具体的に何件エントリーしたか聞いてみると…

派遣エントリーの数

2~3件の人が多い中、5件以上同時にエントリーした人もいました。

この結果からも、複数エントリーが決して特別なことでないとわかりますね。

ただし、複数エントリーするには注意点もあります。

当記事では、

  • エントリーの流れ
  • 複数エントリーの注意点
  • エントリー後のキャンセル方法

など、詳しく解説していきます。

この記事を読めば複数エントリーのルールがわかり、効率よく仕事探しできるようになりますよ。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

続きを読む

頼りになる営業担当者の特徴とは?派遣の営業担当者が合わない場合の対応方法も合わせて紹介

派遣会社の営業担当者とは、派遣先企業を担当する派遣会社の社員を指します。

営業担当者は、派遣先の開拓から派遣中のスタッフのサポートまで、一人で幅広く仕事を担当しています。

結論から言うと、営業担当者の対応が良いことで派遣会社を選ぶ人も多いです。

派遣社員として働く主婦に「派遣会社を選ぶ際に一番重要なポイントは?」のアンケートをとった結果、325名中85名が「担当者の対応」で選んでいることからもわかります。

今回のアンケート対象者は主婦だけでしたが、主婦以外でも「私にも当てはまる」と思った方も多いのではないでしょうか。

この記事では、頼りになる営業担当者の特徴と良好な人間関係の築き方に合わせて、イマイチな営業担当者に当たってしまった場合の対応方法についてもご紹介しています。

記事を読み終わる頃には、「営業担当者との良い付き合い方」が具体的にイメージできていることでしょう。

続きを読む

派遣先企業との顔合わせ(職場見学)は何をする?何を聞かれる?よくある質問と回答例を紹介

1日や数日の単発派遣をのぞき、派遣会社から仕事を紹介された際は、派遣先の企業と顔合わせ(職場見学)を行うケースがあります。

当サイトは、派遣登録をしたことがある100名を対象に「派遣先企業と顔合わせをしましたか?」のアンケート調査を行った結果、67%が「顔合わせをした」と回答しました。

しかし、派遣で働いたことがない人は、

  • 顔合わせではどんなことをするの?
  • 何を聞かれるの?きちんと答えられるのだろうか?
  • 顔合わせ後に不採用になることはあるの?

など不安に思うことも多いのではないでしょうか。

結論から言うと、企業との顔合わせで「何をするのか?」「何を聞かれるのか?」を事前に知っておけば楽に対処できます。

当記事では、具体的な回答例とともにご紹介しています。

読み終わる頃には、疑問や不安がスッキリ解決できる内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む