派遣とは?派遣社員の働き方とメリット、デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣とは

  • 派遣ってどんな働き方をするの?
  • 社員やパート・アルバイトとの違いはなに?
  • 派遣で働くメリットは?

派遣に興味があるし、周りに派遣をしている知り合いもいるけど、「いまいち仕組みが分からない」という人も多いのではないでしょうか。

この記事では、派遣の仕組みや派遣で働くメリット・デメリットについて分かりやすく解説しています。

読めば、ちょっと分かりにくい派遣の仕組みがしっかり理解でき、派遣が自分に合った働き方かどうか判断できるようになりますよ。

「派遣に興味がある」「実際に働く前に派遣について知っておきたい」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

派遣とは「働く先」と「雇い主」が違う間接雇用

派遣とは「働く先」と「雇い主」が異なる「間接雇用」の働き方です。

派遣のしくみは以下の3者からなりますね。

  • 雇い主(派遣会社)
  • 働く先(派遣先企業)
  • あなた(派遣社員)

社員やパート・アルバイトは、雇われた会社で働きますが、派遣の場合、あなたの雇い主は「派遣会社」ですが、実際に働くのは派遣会社ではなく、「派遣された先の企業」です。

派遣の仕組み

あなたは派遣会社に登録し、仕事が決まったら派遣会社と「雇用契約」を結びます。

契約後は、派遣先企業で仕事の指示を受けて働くわけですが、給料の支払いや福利厚生は雇い主である派遣会社から受けます。

このように、「雇い主」と「実際に働く企業」が異なるのは派遣の特徴です。

派遣は「登録型派遣」と「常用型派遣」の2つ

派遣は「登録型派遣」と「常用型派遣」の大きく2つに分けられます。

両者は、雇用期間に違いがあります。

  • 登録型派遣:派遣先で「働いている期間のみ」派遣会社と雇用関係がある
  • 常用型派遣:派遣先で「働いていない期間も」派遣会社と雇用関係が続く

【登録型派遣】働いている期間のみ派遣会社と雇用関係がある

登録型派遣の場合、派遣会社との雇用関係があるのは、派遣先で働いている期間のみです。

派遣として働く際にはまず派遣登録をしますが、「登録=雇用契約」ではないためです。

派遣の流れ

派遣会社との雇用関係にあるのは、派遣先企業で働いている期間のみです。(上記赤の部分)

派遣期間が終了すると、派遣会社との雇用契約も終了します。

次の派遣先が決まったら、改めて派遣会社と雇用契約を結び直します。

つまり登録型派遣は、「派遣先企業で働いている期間だけ派遣会社の社員」となって、「派遣されていない期間は無職」となります。

●登録型派遣のメリット
・働きたいときだけ働ける
・派遣先を選ぶ自由度が高い
●登録型派遣のデメリット
・期間がきたら辞めなければならない
・次の仕事がすぐに決まるとは限らない
・次の仕事が決まるまでは無職・無給になる

【常用型派遣】働いていない期間も派遣会社と雇用関係が続く

常用型派遣は、派遣会社の社員として就職したのちに、企業に派遣される雇用形態であることから、期間の制限なく派遣会社との雇用関係が続きます。

企業に派遣されている期間はもちろん、働いていない期間(待機期間)もずっと派遣会社の社員であり、給料ももらえます。

無職や無給になる期間がないため、登録型派遣に比べて雇用が安定するのはメリットです。

ただし、常用型派遣になるには、派遣会社の採用試験をクリアする必要があり、希望すれば誰でもなれるわけではありません。

また、派遣会社の常用的な社員であるため、働ける企業には一定の”しばり”があります。

「自分の好きな求人に応募して、嫌ならすぐに辞められる」という派遣ならではの自由度が、常用型派遣には当てはまりません。

●常用型派遣のメリット
・就業していない間も給料がもらえる
・無職になる心配がない
●常用型派遣のデメリット
・常用型派遣になるための選考がある
・登録型派遣ほど自由に派遣先が選べない

派遣から社員になれる「紹介予定派遣」という働き方

派遣には、「登録型」と「常用型」の大きく2つあると説明しましたが、登録型派遣のなかには、さらに「紹介予定派遣」という雇用形態があります。

紹介予定派遣は、企業の正社員または契約社員になることを前提に、最長6ヶ月のトライアル期間を設けて企業に派遣される働き方です。

トライアル期間を経たのち、企業と派遣スタッフ双方の合意があることで、派遣社員から企業の社員になれます。

紹介予定派遣は「派遣スタッフ」も「企業」も断れる

紹介予定派遣は、企業と派遣スタッフ双方の合意があることで、派遣ではなく社員として企業に「直接雇用」されます。

「派遣スタッフ」と「企業」のどちらか一方が「イヤ」な場合は断れます。

最長6ヶ月のトライアル期間に、

  • 「派遣スタッフは職場環境や仕事内容をチェック
  • 「企業は派遣スタッフの社員としての適正やスキルや能力をチェック

などを互いに見極めて、就業後のミスマッチを防ぐことが紹介予定派遣の目的だからですね。

たとえば、実際に働いてみたら以下のようなことが起こるケースもあります。

【派遣スタッフ側】

  • 思っていたよりも忙しい
  • 求められる仕事のレベルが高すぎる
  • 女性社員が多く人間関係が辛い
【企業側】

  • 派遣スタッフにスキルや能力が足りていない
  • 既存の社員との相性が悪い

そのため、紹介予定派遣には派遣スタッフ、企業の双方に「社員登用を断る」という選択肢があるのです。

紹介予定派遣になるためには選考がある

紹介予定派遣として働くためには、最初に派遣先企業の選考通過する必要があります。

紹介予定派遣は企業の社員登用が前提なので、希望すれば誰でもなれるわけではないからですね。

そのため、一般的な「登録型派遣」では派遣法第26条で禁止されている「派遣先企業への履歴書の提出」や「面接による選考」があります。

上記に挙げた内容をクリアすることで、はじめて紹介予定派遣になれます。

紹介予定派遣は派遣社員ならではの特権

紹介予定派遣は、「派遣社員という立場のまま社員へ挑戦できる」派遣社員ならではの特権です。

もし紹介予定派遣になれなかったり、トライアル後に社員登用に至らなかった場合でも、他の派遣先を紹介してもらうことで引き続き派遣社員として働けるためです。

  • とりあえず派遣で働いているが、ずっと派遣でいることには不安がある
  • できることなら社員になりたい
  • 社員になりたいけど、派遣をやめて就職活動をするのは不安

上記のような人は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

経験者に聞いた派遣のメリット

では次に、派遣には社員やパート・アルバイトと比較して「どんなメリットがあるのか」を見ていきます。

筆者が派遣社員として働く100名にアンケート調査を行ったところ、派遣のメリット第1位は「ライフスタイルに合わせて働ける」でした。

派遣のメリット

1位~3位を見ることで、派遣の自由で気楽な雇用形態をメリットと感じている人が多いとわかります。

他にも、さらにポジティブな意見として、定期的に職場が変わることで「いろいろな仕事が経験できる」との回答も多かったです。

以下、6位以降の結果となります。

  • 6位 残業がない/少ない(15名)
  • 7位 人間関係がラク(10名)
  • 8位 就職活動をしなくて良い(8名)
  • 9位 希望の仕事で働ける(7名)
  • 10位 会社に言いにくいことは派遣会社を通して言ってもらえる(6名)
  • 11位 大手企業で働ける(4名)
  • 11位 人脈が広がる(4名)
  • 13位 その他(3名)

【1位】ライフスタイルに合わせて働ける

期間・曜日・時間帯・場所など、ライフスタイルに合わせた働き方ができるところが、派遣のメリットと回答した人が、100名中29名いました。

最近は、ワークライフバランスを重視する人も多く、

  • 子どもが小学生のうちは時短勤務
  • プライベートを充実させたいからフルタイムの残業なし
  • 通勤時間が短い場所
  • 夫の転勤に合わせて他県で働く

など、自分のライフスタイルや、ライフステージの変化に合わせた自由な働き方ができるのは、派遣の魅力と言えます。

【2位】仕事をやめやすい

社員に比べて仕事がやめやすいことを派遣のメリットに挙げる人が、100名中25名いました。

派遣は、働く期間が決められた「有期雇用」であることから、期間満了まで働けば、しがらみなく、また特別な理由なく辞められるためですね。

社員の場合、仕事内容や職場環境・人間関係が合わないと思っても、簡単には辞められません。

辞めるには上司を納得させる理由が必要ですし、上司の了承を得たら、同僚にも退職理由を説明して、退職届を書いて…といったプロセスを経る必要があるからですね。

派遣であれば、職場が合わないと思ったら契約を更新しなければ良いだけで、辞める理由も「契約満了」の一言でOKです。

なお、契約終了の手続きはすべて派遣会社がしてくれます。

退職手続きの手間なく、スムーズに仕事をやめられるのが派遣のメリットと言えるでしょう。

【3位】責任が重くない

仕事の責任が重くないことを派遣のメリットとして挙げる人が、100名中23名いました。

派遣の仕事は数ヶ月~最長でも3年間の期間限定なことから、重要な仕事や機密流出の恐れがある仕事は任せられないのが理由のひとつです。

給料をもらっているからには、派遣であっても自分の仕事に責任をもつことは当然です。

しかし、アンケート結果から、与えられる仕事自体の責任が比較的軽いという点で、派遣は気がラクと感じている人が多いこともわかりますね。

【4位】パートやアルバイトよりも時給が高い

パートやアルバイトよりも時給が高いことを派遣のメリットと感じている人が、100名中19名いました。

下記は、リクルートジョブズが発表した「2019年5月度調査」における三大都市圏(関東・東海・関西)の平均時給です。

  • 派遣:1,636円
  • アルバイト・パート:1,051円

パートやアルバイトと比較すると、派遣の時給平均はなんと1.6倍。

1時間で585円、8時間労働で換算すると1日で4,680円の差が出ることになります。この差は大きいと感じる人も多いと思います。

【5位】いろいろな仕事が経験できる

100名中18名が、派遣のメリットは「いろいろな仕事ができること」と回答しました。

派遣は一定期間ごとに働く場所が変わるためです。

たとえば同じ経理事務でも、

  • 大手企業は業務が分業化されているので、より専門的な仕事が任せられる
  • 小さな事務所は人数が少ないので、一人で幅広い仕事を行う必要がある

のように、会社の規模で担当する仕事の幅や内容が異なります。

また、同じ「一般事務」でも、メーカー・商社・金融・コンサル会社といった業種の違いで、仕事内容は大きく違います。

複数の職場でいろいろな仕事が経験できるのは、一ヶ所で長く働く社員では得られない派遣ならではのメリットと言えますね。

  • スキルアップしたい
  • 新しい知識を身に着けたい
  • 同じ仕事をずっとするのは飽きてしまう

上記のような人にとって、派遣は最適な雇用形態と言えるでしょう。

経験者に聞いた派遣のデメリット

では反対に、派遣のデメリットはどんなところにあるのでしょうか。

派遣社員100名へのアンケートでは、「雇用の不安定さ」がダントツの1位となりました。

派遣のデメリット

2位以降は、条件・待遇・給与面において「社員と比較して」不満や不安を感じている意見が大多数を占めました。

以下、6位以降の結果となります。

  • 6位 疎外感がある(8名)
  • 7位 職場が気に入っても契約期間があるので長く働けない(7名)
  • 8位 年末年始やGWは収入が減る(4名)
  • 9位 社会的信用がない(4名)
  • 10位 職場に慣れるのが大変(4名)
  • 11位 その他(6名)

【1位】雇用の不安定さ

100名中半数近い45名もの人が、派遣のデメリットとして「雇用の不安定さ」を挙げました。

  • いつ切られるか分からないので、更新時期が近づくと不安になる
  • 派遣先から更新を希望されなければ、契約終了になってしまう
  • 契約終了後、すぐに次の仕事が見つかるとは限らない
  • 年齢も上がってきたし、あと何回更新できるか心配
  • 辞めるのも簡単だが、切られるのも簡単

のように、有期雇用(期限つきの雇用)であるがゆえの仕事の不安定さ、先行きへの不安を感じている方が多いとわかります。

【2位】社員よりも下に見られる

派遣のデメリットとして社員よりも下に見られると回答した方が、100名中31名いました。

  • 「どうせ派遣でしょ」という態度をされる
  • 「派遣は責任がなくていいね」などと言われる
  • ”こしかけ”として見られ、最初から認めてもらえない
  • 社員と同じ仕事をしても評価されにくい

など、「仕事をやめやすい」「責任が重くない」といった派遣ならではのメリットが、社員からの反発を買ったり、認めてもらえなかったりする原因となっているようです。

【3位】ボーナスがない

ボーナスがないことを派遣のデメリットとして挙げる人が、100名中20名いました。

派遣先によっては、業績が良いときや、会社の業績アップにつながるプロジェクトに参加したとき、また小さな会社の場合は、「いつも頑張ってくれているから」といったねぎらいの意味でボーナスが支給されることもあります。

しかし、基本的に派遣はボーナスがありません。

そのため、社員がボーナスをもらう時期になると「羨ましい」「同じ仕事をしているのにずるい」と感じる人が多いようです。

【4位】交通費が出ない

100名中10名が交通費の出ないことと回答しました。

派遣は一般的に交通費が自己負担であるため、時給が高くても全体で見ると収入が少なくなることに不満を感じているようです。

そのため、派遣の仕事を選ぶ際は「自宅から近くて交通費が安いこと」を条件とする人も多いです。

ただし、なかには交通費が全額または一部支給される派遣会社や派遣先企業もあります。

大手派遣会社のなかでは、エンジニア派遣のパーソルテクノロジースタッフが、2019年4月から全案件で交通費支給となりました。

交通費の負担を抑えたい方は、交通費支給の派遣会社や企業を選ぶ、自宅近くの企業を選ぶといった工夫が必要です。

【5位】社員より給料が少ない

社員よりも給料が少ないことを派遣のデメリットとして挙げる人が100名中9名いました。

派遣はパートやアルバイトより時給が良くても、ボーナスが支給される社員と比べると、「給料が少ない」と感じる人が多いためですね。

また、派遣は残業手当が高いことから、派遣社員に残業させないようにしている企業も多く、「最低限の給料しかもらえない」という意見もありました。

派遣の残業代

1日8時間、週4時間を超えて働く場合は時給の25%割増、22時~翌朝5時までの深夜残業も25%増。時間外でさらに深夜残業の場合は割増率50%。

さらに、「同じ仕事内容でも、社員は年々昇給するが派遣はほとんど時給が上がらない」「派遣の給料は出勤日数に比例するので、休みが多い月は給料が激減する」といった回答もありました。

時給換算すると収入が多いように感じる派遣ですが、ボーナスや出勤日数による月給の変化などをトータルで考えると、社員よりも給料の少ないのが現実のようです。

派遣の待遇は意外に良い

「派遣は、正社員と比較して待遇が悪いのでは?」と思っている人も多いと思います。

この章では、みなさんが誤解しがちな派遣の待遇について解説していきます。

派遣も社会保険に加入できる

「派遣社員は社会保険に加入できない」と思っていませんか?

派遣社員でも条件を満たしていれば社会保険に加入できます。

むしろ、条件を満たしている場合は、社会保険への加入は必須となりますね。

社会保険への加入は、国民の義務だからです。

社会保険は5種類あって、それぞれに加入資格があります。

条件を満たしていれば派遣会社が手続きを行ってくれるので手間はかかりません。

健康保険 病気やケガで病院にかかった際、医療費の一部を負担してくれる
厚生年金保険 老齢介護保険年金・障害年金・遺族年金を受け取るための年金制度
介護保険 介護が必要な高齢者を支えるための保険制度で40歳以上が加入
雇用保険 いわゆる失業保険。失業した際、一定期間支払われる
労災保険 就業したら自動的に加入。保険料は事業所が全額負担

万が一、条件を満たしているにも関わらず、社会保険へ加入させない派遣会社な場合は違法行為となります。

保険料の負担を避けるためと考えられますが、すぐに派遣会社に問い合わせましょう。

派遣も有給休暇がとれる

派遣の収入は基本的に「時給×働いた日数」ですが、継続して6ヶ月以上勤務すれば正社員と同じように有給休暇が取得できます。

有給休暇は労働基準法で定められた労働者の権利であり、雇用形態に関係なく付与されるからです。

期末や年末、その他業務が忙しい時期の取得を避けるのはマナーですが、それ以外の時期で派遣先企業と派遣会社の了解が得られれば、労働者の権利として行使できます。

派遣は福利厚生が充実している

大手の派遣会社は、福利厚生が充実しています。

派遣会社は福利厚生を充実させて働きやすい環境を作ることで、「できるだけ多くの優秀な人材を確保して育てたい」という目的があるからです。

さらに、平成27年の派遣法改正で、派遣会社から派遣スタッフへの「計画的なスキルアップ支援」が義務付けられたことも、スキルアップ系の福利厚生に力を入れる派遣会社が増えた要因となっています。

パソコン・英語・簿記からビジネスマナーまで、スキルアップやキャリアアップに役立つ講座が無料または格安料金で受けられます。

他にも、各社さまざまな福利厚生が用意されていますね。

  • 健康診断
  • 旅行・宿泊・レジャー・レストランなどの割引
  • ベビーシッターサービス
  • ハウスクリーニング
  • 習い事系のスクール割引…etc

派遣会社選びに迷ったら、福利厚生に着目するのも一つの方法ですね。

まとめ

派遣とは、「契約が更新されない」「次の仕事がすぐに見つからない」といったリスクがある反面、社員に比べて「ワークライフバランス」を実現できる自由度の高い働き方でもあります。

勤務期間や時間、日数、勤務地を選べるので、結婚や夫の転勤・妊娠・出産・介護などライフステージに合わせて柔軟に働けるのが強みです。

また、「職場や仕事内容が辛かったら無理に続ける必要がない」「辞めやすい」といったメリットもあります。

派遣の働き方に興味のある人は、メリット・デメリットの両方とあなたが仕事をするうえで優先したいことを考えたうえで検討してみましょう。

当記事の監修者コメント

働き方のキャリア相談の中でも最近注目されているのが「派遣」という働き方。

働き方の多様化が進む中、ライフスタイルに合わせて働きやすいことや企業との交渉を派遣会社が対応してくれることにメリットを感じる方が増えています。

また「派遣として働きながら自分で好きな仕事をする」というケースも多く、あえて契約期間が決まっていて辞めやすい派遣を選択する方もいらっしゃいます。

派遣に限らずどんな働き方にもメリットとデメリットがありますが、大切なのは「自分にとって最適な働き方とは何か」をしっかりと理解できていること。

ライフスタイルに合わせて働きたい、色々な仕事を経験してみたいと考えている方は、選択肢のひとつに「派遣」を加えてみてはいかがでしょうか。

■監修者プロフィール
宮治有希乃氏
宮治 有希乃氏
寄りそうコンサルタントグループ HR LABO
人材・組織開発コンサルタント

2007年より民間企業で人事労務・人材育成に携わり、現場の最前線で人材採用から社員育成・定着化、人事制度構築、キャリア支援などを経験したオールラウンダー。

外資系人材総合サービス会社、ITベンチャー企業出身。

2018年10月、寄りそうコンサルタントグループ HR LABOを立ち上げ、独立。

現在は人材・組織開発コンサルタントとして、主に人材育成や採用・定着化などの組織人事コンサルティングを中心に活動している。支援企業:60社以上、対人支援:延べ 7,000人以上の実績あり。

国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラー・GCDF-Japanキャリアカウンセラー・NLP™マスタープラクティショナー他、保有資格多数。

寄りそうコンサルタントグループHR LABOの公式HPはコチラ


石川県金沢市のおすすめ人材派遣会社一覧

石川県の県庁所在地である金沢市は、加賀百万石の城下町。

「金沢城公園」や日本三名園の1つ「兼六園」、歴史的な建造物が残されている「ひがし茶屋街」「長町武家屋敷跡界隈」といった城下町の雰囲気を味わえる名所だけでなく、金沢駅の「鼓門」や現代アートの宝庫「金沢21世紀美術館」など先進的なアートや建築も楽しめます。

ズワイガニ・のどぐろ・ブリといった旬を味わえる海産物から、気軽に食べられる「金沢カレー」や「金沢おでん」などのご当地グルメまで、金沢市では多彩なジャンルの食べ物も味わえますよ。

北陸新幹線の開業によって開発が進む金沢駅周辺には、大手企業の支社などが入るオフィスビルも多く、オフィスワークのお仕事が豊富です。

金沢の中心街「香林坊エリア」は、老舗百貨店の「香林坊大和」や有名ブランドショップの路面店などが建ち並ぶ商業地なので、販売や接客の求人も多いですよ。

また、新たな工業地帯として石川県能美市とともに注目されている金沢市

「金沢テクノパーク」にはさまざまな企業の工場が集積しており、製造業や工場のお仕事もあります。

・・・というわけでこんにちは。

「若い力」を聞くと体が勝手に動いてしまう「BizHits」編集部の竹田です。

当記事では、金沢市の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」の名前だけを先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

記事を読み終わる頃には、「金沢市にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

福島県(郡山市・福島市周辺)のおすすめ人材派遣会社一覧

日本のハワイ「スパリゾートハワイアンズ」や猪苗代湖、会津若松の城下町など、観光スポットの多い福島県

全国で3番目に面積が大きく東西に広いことから、気候も街の雰囲気もエリアによって全く異なります。

福島市の桃や円盤餃子、いわき市のカツオ、会津のソースカツ丼や喜多方ラーメンなど、各エリアならではのグルメも楽しめます。

農産業や観光業のイメージの強い福島県ですが、実は「情報通信産業」「医療機器産業」「ロボット産業」といった先端産業や研究所が集まっていることから、製造業が非常に盛んなのが特徴です。

また、郡山市や福島市などの中心市街地には、大手金融機関や大手企業の支社や中小企業が林立しているため、事務職・営業職といった求人も多数あります。

・・・というわけでこんにちは。

いつか坂内食堂の焼豚ラーメンに挑戦してみたい「Biz Hits」編集部の加藤です。

当記事では、福島県の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」を先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

記事を読み終わる頃には、「福島県にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

東京 新宿区のおすすめ派遣会社一覧

高層ビルが立ち並び、多くのビジネスマンが行き交う西新宿。”眠らない街”とよばれる日本最大規模の歓楽街「歌舞伎町」。百貨店や家電量販店、大型書店が点在する東口や西口

1日の乗降者数が約353万人と”世界一利用者が多い駅”としてギネスに認定されている新宿駅は、毎日多くの人が行き交っています。

一方で、駅から15分ほど歩けば新宿御苑や代々木公園など緑を感じられるスポットもあり、新宿にはさまざまな姿があります。

オフィスビルや商業施設が多いことから、事務職をはじめとするオフィスワーク全般とIT・エンジニア職、販売、接客などのお仕事が多いのが特徴。反対に、工場や作業系の求人は少なめです。

新宿は交通の便が良いため、駅チカの勤務先が多いこともうれしいポイントです。

・・・というわけでこんにちは。

満員電車を降りて、新宿駅のスタバでほっと一息。「さぁ仕事をするぞー」と燃えているBiz Hits編集部の鈴木です。

当記事では、新宿の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」を先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

記事を読み終わる頃には、「新宿にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

石川県(野々市市・白山市)のおすすめ人材派遣会社一覧

住みやすい街ランキングの上位に、常時名を連ねる野々市市白山市

「住みよさランキング2020」で、野々市市は見事に1位を獲得、白山市も4位にランクインしています。

白山市には、日本三大名山の1つ「白山」や、「綿ヶ滝」「かもしか滝」「姥ヶ滝」といった滝がたくさんあるなど、自然豊かな街です。

また、「白山恐竜パーク白峰」「石川県ふれあい昆虫館」「白山国立公園」といった、大人も子どもも楽しめるスポットもありますよ。

野々市市には「のっティ」という、かわいいコミュニティバスが走り、夏には「じょんからまつり」が開催されるなど賑わいを見せています。

住みやすい街ということで人口も右肩上がりの野々市市白山市には、イオンやコストコといった大型商業施設をはじめ、小売店や飲食店などが充実しており、接客や販売の求人が豊富にあります。

さらに白山市には、複数の工業団地があり、沿岸部や平野部に工場が集積。

製造業や工場の求人もたくさんあるほか、世界に誇る技術をもつ企業も多く、IT系やエンジニアのお仕事も見つかりますよ。

・・・というわけでこんにちは。

夏は白山市内にある綺麗な川や滝で涼み、冬は「白山一里野温泉スキー場」でスキーを楽しんでいる「Biz Hits」編集部の竹田です。

当記事では、石川県(野々市市・白山市)の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」を先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

記事を読み終わる頃には、石川県(野々市市・白山市)にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

京都市のおすすめ人材派遣会社一覧

京都市には創業100年を超える老舗企業や、誰もが聞いたことのある大手企業の本社が軒を並べています。

京都のオフィス街の中心は四条烏丸周辺で、烏丸御池の北東角にある「ニチコン」の本社ビルをはじめ、有名企業の支社が入るオフィスビルや銀行なども集まっているため、オフィスワークの求人が豊富です。

また、烏丸エリアには「ラクエ烏丸」や「COCON烏丸」などの商業施設、「大丸京都店」やホテルなどが立地しており、販売や接客の求人も充実しています。

京都市の南に位置する京都駅近くには「オムロン」、南区には「任天堂」や「ワコール」、伏見区には「京セラ」といったグローバル企業の本社もあり、大手企業の求人もあります。

日本一学生の多い街とも言われている京都市内には大学も多く、大学事務などの派遣求人も豊富ですよ。

・・・というわけでこんにちは。幸運を呼ぶと言われているヤサカタクシーの「四つ葉のクローバータクシー」に2回乗ったことがある「BizHits」編集部の竹田です。

当記事では、京都市の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」の名前だけを先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

記事を読み終わる頃には、「京都市にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

茨城県(水戸市・日立市エリア)のおすすめ人材派遣会社一覧

茨城県の県庁所在地でもある水戸市

上野、品川方面への常磐線、奥久慈や袋田の滝などの観光スポットへの水郡線、栃木の小山とを結ぶ水戸線、大洗の海や鹿島サッカースタジアムへの鹿島臨海線など、関東や東北を結ぶ鉄道があり便利な地域です。

さらに水戸市には、「偕楽園」や「千波湖」「弘道館」などの観光スポットもあることに加え、イオンなどがある水戸駅周辺では、ショッピングスポットとしても恵まれています。

茨城県といえば「納豆」は有名ですが、他にも「白菜」や「メロン」などの生産量も全国トップクラス。

なかでも、「ほしいも」は茨城県が9割以上のシェアを占めています。

水戸市には、大手企業の支社や中小企業が集まり、オフィスワークのお仕事も多くあります。

一方で、茨城町笠間市には関東最大級の工業団地が、日立市には「日立製作所」の工場があり、製造業や物流のお仕事も豊富です。

・・・というわけでこんにちは。

冬はコラーゲンたっぷりの「あんこう鍋」を食べて、お肌の若返りをはかっている「Biz Hits」編集部の伊沢です。

当記事では茨城県(水戸市・日立市エリア)の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」を先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

記事を読み終わる頃には、「茨城県(水戸市・日立市エリア)にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

茨城県つくば市のおすすめ人材派遣会社一覧

茨城県の南西部に位置するつくば市は、市の北端に日本百名山の「筑波山」があり、「国際会議観光都市」にも認定されている、人口約24.3万人の業務核都市です。

1985年に「国際科学技術博覧会(つくば万博)」が開催されたことで、学術・研究都市として注目が集まり、現在は筑波研究学園都市として知られているつくば市

筑波研究学園都市として開発が進んだつくば市には、国や大手企業の研究拠点が多数存在しており、研究職や関連する事務職の求人が多いです。

筑波大学をはじめとした国立大学も複数あることから、大学事務の派遣求人が出てくることも。

また「つくばエクスプレス」や「JAXA筑波宇宙センター」も有名で、つくばエクスプレスを利用して筑波山・つくば市の史跡・研究施設・文化施設を訪れる観光客も増加しており、観光関連のお仕事に就く方もたくさんいます。

さらに、つくば市内には9カ所の工業団地があり、大手企業の工場も複数立地しているため、工場での作業系求人も豊富ですよ。

・・・というわけでこんにちは。

秋になるとロープウェイやケーブルカーに乗って筑波山の紅葉を楽しんでいる、「BizHits」編集部の竹田です。

当記事では、つくば市の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」の名前だけを先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってみてくださいね。

記事を読み終わる頃には、「つくば市にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

派遣のコスメ美容部員ってどう?口コミからわかったメリット・デメリット

  • 美容部員になりたいけど働きたいブランドが決まっていない
  • いろいろなブランドで働いてみたい
  • 幅広い商品知識や、美容の知識を身につけたい

それなら、派遣の美容部員がおすすめです。

コスメ専門の派遣会社では、国内外のあらゆるブランドの求人を扱っているため、一社に絞らずいろいろなブランドで働くことができるからです。

また、派遣は期間限定なので、人間関係に悩みにくい、または嫌なら派遣先を変えられるのも大きなメリットです。

当記事では、実際に派遣社員として美容部員をしている方の口コミをもとに、美容部員のメリット・デメリットや派遣の働き方について解説。

これを読めば、美容部員についての理解が深まり、あなたに合う仕事かどうかが判断できるでしょう。

美容部員に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

派遣のコスメ美容部員の働き方

派遣とは、「派遣会社の社員」として百貨店やドラッグストアのコスメ売場に派遣されて働く雇用形態です。

派遣の場合、あなたの雇用主は百貨店やブランドではなく「派遣会社」になります。

仕事の具体的な指示は実際に働く店舗で出されますが、給料は雇用主である派遣会社から支払われ、社会保険などの福利厚生も派遣会社のものが適用されます。

ポイント!
  • 派遣の雇用主は百貨店やブランドではなく派遣会社
  • 給料を支払うのは派遣会社
  • 福利厚生は派遣会社のものが適用される

派遣社員として働くコスメ美容部員の一日の仕事内容

では、実際に派遣社員のコスメ販売の美容部員として働くお二人の一日の流れとお仕事内容を紹介します。

■百貨店勤務/早番Aさんの一日

09:00 出社
床掃除、壁や接客用カウンターの拭き掃除、テスターを指紋が残らないようにキレイに磨く
10:00 開店
開店後30分は事務作業などを行わず店舗の表に立つ。10時30分以降は、接客をしながら事務作業があれば行う
12:00 昼休憩
社員食堂にて休憩
12:50 午後の接客
店舗の前に立ったり接客をしたりする。テスターやお手入れルームを再度拭きあげる
16:00 休憩
16:20 店舗に戻り接客
製品の特徴や成分などの勉強をすることも。(百貨店によっては店舗での勉強や事務作業を禁止している場合もあり)
18:00 退勤

■百貨店勤務/早番Bさんの一日

09:30 出社
商品のハタキがけやテスターの掃除。納品物があるときは、なるべく開店前までに商品棚に陳列し、在庫分はストック場所へ収納する
09:45 全体朝礼
10:00 開店
お客様の対応。お客様がいない時に、前日の売り上げや来客数などのデータを打ち込み
12:30 昼休憩
忙しいときは変動あり
13:30 午後の接客
お客様の対応。発注がある日は発注作業も行う
16:00 休憩(30分)
16:30 店舗に戻り接客
18:00 退勤

派遣のコスメ美容部員のお仕事内容

コスメ美容部員の仕事というと、タッチアップやカウンセリングを思い浮かべる人が多いと思います。

タッチアップとは?

美容部員が自社製品を使って、お客様の肌に直接メイクやスキンケアを行うこと

しかし他にも、下記のようなさまざまな仕事があります。

  • ショーケースや店内の清掃
  • タッチアップに使用するブラシやパフの洗浄・お手入れ
  • 商品や試供品の陳列
  • 売上や来客データの入力・管理
  • 在庫管理や発注業務
  • 店頭でのサンプル配布や呼び込み
  • 顧客へのDMやお手紙の作成

外からは見えない裏方の作業も意外に多いことがわかると思います。

派遣のコスメ美容部員の勤務時間

コスメ美容部員はシフト制で、実働7.5時間、休憩1.5時間のところが多いです。

百貨店の多くは10時オープン、19~20時クローズなので、早番だと9時半出社、遅番の退勤時間は20時前後が一般的です。

ただし、総合スーパー内の化粧品売り場やドラッグストアの場合は、営業時間が8時~22時などと百貨店よりも長いため、早番・中番・遅番の3交替制で、勤務時間は百貨店よりも幅広くなります。

また、コスメ美容部員は一日立ちっぱなしの仕事なので、昼休憩1時間のほかに、30分ほどの休憩時間を設けているケースも多いです。

派遣のコスメ美容部員は未経験でもできる

派遣のコスメ販売や美容部員をしたいけど、「経験がなくても仕事を紹介してもらえる?」と不安に感じている人もいるでしょう。

結論から言えば、コスメ美容部員のお仕事は未経験者でもできます。

なぜなら、勤務スタート前に1~2週間程度の研修を行っている求人先が多いからです。

研修内容はブランドやメーカーによって異なりますが、下記のような内容が多いです。

  • スキンケアの知識
  • 商品知識
  • タッチアップ技術
  • 接客マナー・コミュニケーション

基礎知識から実践まで丁寧に指導してくれるので、未経験者でも自信をもって現場に出られますよ。

また、コスメ美容部員の求人を多く扱うIDAアットコスメキャリアでは、求人の40%以上が「未経験OK」または「未経験歓迎」となっています。

百貨店での勤務経験、販売職や接客業の経験があれば、応募できる求人の幅は広がりますが、「メイクがすき」「接客がすき」といった人であれば未経験者でも仕事を紹介してもらうことは問題なくできます。

はじめてのコスメ美容部員で不安な方は、就業前の事前研修が充実しているIDAアットコスメキャリアがおすすめですよ。

派遣のコスメ美容部員に資格は不要

お客さまの肌に直接触れたり、具体的なメイクのアドバイスをしたりする美容部員になるには、何か資格が必要なのでは?と思う人もいるかもしれません。

でも安心してください。

派遣のコスメ販売や美容部員は資格がなくてもなれます。

応募条件に「美容専門学校卒業」と書かれている求人もありますが、稀なケースです。

当メディアが派遣のコスメ美容部員経験者に行ったアンケートでも、9割近くが「美容部員に役立つ資格はもっていない」と回答しました。

派遣のコスメ美容部員 資格

しかし逆に考えれば、あなたが何らかの資格をもっていれば他の人にはないアピールポイントになります。

人気求人に多数の応募があったときに採用される可能性も高くなりますし、何よりお客様に理論に基づいた自信のある接客ができるようになります。

必須ではありませんが、ワンランク上の美容部員を目指したい方は資格取得に挑戦するのもいいかもしれませんね。

■コスメ美容部員におすすめの資格

  • 日本化粧品検定:化粧品や美容の知識、肌の悩みに応じたメイク方法、化粧品の成分などが学べる
  • 色彩検定:お客様ごとの肌に合う色、相性のよい色の組み合わせなど、色に関する理論が学べる

コスメ美容部員のメリット

では、コスメ美容部員の仕事にはどのようなメリットがあるのか、経験者さんの口コミをもとに解説していきます。

1.キレイでいられる

  • 見られる職業なので美意識が上がる(18歳 ドラッグストア)
  • 美容部員同士でメイクの練習を兼ねて自分に合うメイクを追求できる(26歳 専門化粧品店)
  • 最新の美容情報が知れる。百貨店だと、自社のメーカーだけでなく朝礼などで他メーカーの情報も知れる(24歳 百貨店)

コスメ美容部員のメリット1つ目は、キレイで居続けられる可能性が高いことです。

美容の知識が身につき、上手なメイクの仕方を知り、周囲にもキレイな人が多いことから、美意識が高くなるためです。

たしかに、美容部員の方はみなさんキレイですよね。

自社製品に説得力をもたせるためには、自分自身がキレイでいることは必須とも言えます。

2.新商品をいち早く試せる

  • 新商品が無料でもらえたり、試せたりする(24歳 百貨店)
  • サンプルを山ほどもらえる(22歳 百貨店)

コスメ美容部員のメリット2つ目は、新商品をいち早く試せることです。

化粧品やメイク用品は定期的に新商品が発売されますが、自社商品を説得力もってお客様にお勧めするためには、実際に使ってみて使用感や特徴を知っておく必要があるからです。

また、ブランドや化粧品メーカーからお客様用の大量のサンプルが用意されるため、それらをもらえることも多いです。

自社ブランド製品は、社割で定価の半額ほどで購入できるのも、コスメ美容部員のメリットと言えますね。

3.好きなものに囲まれて仕事ができる

  • コスメ好きとしては、毎月いろいろな所の新製品を見たりテスターを試したりできるのはとても楽しかった(18歳 ドラッグストア)
  • コスメが好きなので、コスメに囲まれて仕事ができたり、いち早く商品について知ることができるのが嬉しい(23歳 百貨店)

コスメ美容部員のメリット3つ目は、好きなものに囲まれて仕事できることです。

「お化粧がすき」「コスメがすき」という方にとって、最新のコスメ情報を知れて、毎日大好きなコスメに触れられる仕事は、大きな楽しみややりがいを感じるでしょう。

コスメ美容部員のデメリット

次に、コスメ美容部員のデメリットを見ていきます。

1.体力を使うので疲れる

  • 意外と力仕事が多いです。例えば納品は化粧水など水物が多いのでかなり重いです。パンプスなので立ちっぱなしで辛いのと、巻き爪や外反母趾などにもなります(18歳 ドラッグストア)

コスメ美容部員のデメリット1つ目は、体力を使うので疲れることです。

美容部員はヒールの高い靴を履き、一日中立ちっぱなしだからです。

しかも、美しい姿勢で立っている必要があるため、もともと姿勢がよくない人は慣れるまで非常に疲れます。

また、納品時に商品を売り場に運んだり、ストック品を倉庫に収納するのも美容部員の仕事です。

華やかに見えますが、実は体力勝負の仕事と言えるでしょう。

2.商品知識を覚えるのが大変

  • 成分など細かいことを突っ込んで聞いてくるお客様も多く、一つひとつの商品知識を覚えないといけない(24歳 百貨店)
  • 季節ごとに次々と新しい商品(カラー違いも)が出るので商品を覚えるのが大変(40歳 本社事務所)

コスメ美容部員のデメリット2つ目は、商品知識を覚えるのが大変なことです。

お客様の質問に対して的確に答えたり、悩みや希望に合わせた商品の提案ができるようにするためです。

コスメや基礎化粧品は、数ヶ月サイクルで新商品が出るので、すべての商品知識を覚えるのは大変で苦労している人も多いようです。

3.接客が難しい

  • 百貨店だと、気難しいお客様が多く接客に苦労した(24歳 百貨店)
  • 一人ひとりに合うものをお勧めすることが大変(25歳 商業施設)
  • 年配の方へのコスメの勧め方は難しかった。「若いからあなたにはわからないわよ」など言われ担当を変えられることもあった(18歳 ドラッグストア)

コスメ美容部員のデメリット3つ目は、接客が難しいことです。

基礎化粧品やコスメを買いにくるお客さまには、幅広い年齢層、さまざまな悩みをもつ方がいるからです。

なかでも多かったのが、年上のお客様への接客が難しいという声です。

百貨店のコスメ売り場によく行く方であればお分かりかと思いますが、美容部員は20代の方が多いです。

今回アンケートに回答してくれた方も、8割が10代~20代でした。

ところが、肌の悩みや似合うメイクは年齢によって大きく違うため、たとえば50代や60代の方からすると、「20代の美容部員に私の悩みはわからない」「説明に説得力がない」と思われてしまうこともあるんですね。

正しい知識を身につけるだけでなく、さまざまな年齢や悩みをもつお客様に共感し、寄り添って、誠実な対応をすることが、美容部員にとって大切なスキルと言えそうです。

派遣のコスメ美容部員の時給とキャリアパス

「美容部員は大変なわりに給料が安い」という話を聞いたことがある人も多いと思います。

ここでは、派遣のコスメ美容部員はどれくらいの月収になるのか、また、収入アップを目指せる将来のキャリアパスについて解説していきます。

派遣のコスメ美容部員の時給

派遣のコスメ美容部員の東京都における時給は1,400円前後。

1日7.5時間×週5日で月20日勤務すると、月給は21万円ほどとなります。

【派遣コスメ美容部員の平均時給】

(東京都の新着求人、上位50件から算出/調査日:2020年9月16日)

バイト情報誌タウンワークによると、東京都の「化粧品販売・薬局・ドラッグストア」のパート・アルバイトにおける平均時給は1,116円。

ですから、派遣の方がパート・アルバイトよりも250~290円ほど時給が高いことになります。

ただし、月給から社会保険料などを差し引くと、手取りは18万円ほど。アルバイトより収入が多いとはいえ、決して高収入とは言えません。

派遣のコスメ美容部員のキャリアパス

「コスメ業界でずっと働いていきたい」「自分一人の収入で生計を立てたい」と考えている方は、派遣で経験を積み、正社員としてチーフ・店長・マネージャーを目指すのもおすすめです。

役職がつくことで、一般的な美容部員の1.5~2倍の収入を得ることが可能だからです。

また、「コスメに関われる仕事なら接客でなくてもいい」という方であれば、化粧品業界の本社勤務や、美容部員を育成するトレーナーといった仕事もあります。

ほかにも、メイクアップアーティスト、ブライダル業界のメイクアップ、個人サロンを開業するなど、美容部員の現場経験を活かしてキャリアチェンジする道は数多くあります。

コスメ業界に特化した派遣会社では、派遣の美容部員だけでなく、「正社員登用を前提に働ける求人」や「本社勤務」、ほかにも美容業界のあらゆる求人を扱っているので、ぜひ登録していろいろな働き方を探してみてください。

派遣社員にも交通費が支給される

少し前までは、派遣のデメリットとして交通費を支給されないことが挙げられていました。

しかし、2020年4月施行の「同一労働同一賃金」により、多くの派遣会社で時給とは別に交通費支給が支給されるようになりました。

年単位の長期派遣だけでなく、2ヶ月、3ヶ月といった短期派遣も同様です。

同一労働同一賃金とは?

正規雇用(正社員)と非正規雇用の労働者(契約写真、派遣社員など)の間に待遇差を作ってはいけないという考え。

※参考⇒ 同一労働同一賃金特集ページ |厚生労働省

「全額支給」「上限金額あり」など、派遣会社によって対応は異なりますが、コスメ美容部員の求人を扱う下記派遣会社は、交通費支給となっています。

コスメ美容部員におすすめの派遣会社

コスメ美容部員の仕事をしたい場合にどの派遣会社を選べばよいか迷ったら、コスメ美容部員に特化した下記の派遣会社に登録しましょう。

コスメ美容部員に特化した派遣会社は、たくさんのブランド、化粧品メーカーとの取引があり、また担当者がコスメ業界に詳しいからです。

よい仕事に巡り合うためには「派遣会社の担当者の対応」がとても重要です。

できれば2社登録して比較し、親身になってくれる担当者がいる派遣会社にお願いしましょう。

コスメ美容部員で働くのにおすすめの派遣会社

まとめ

憧れのコスメ美容部員として働きたい方は、ぜひ派遣会社に登録してみてください。

国内外の有名ブランド、大手百貨店の求人がたくさん見つかりますよ。

また派遣会社では、「派遣の美容部員」以外にも、

  • 正社員登用を前提に働ける求人
  • コスメ業界の本社勤務
  • アイリスト
  • エステティシャン

など、美容に関する幅広い仕事、働き方ができる求人を扱っているので、あなたの視野や選択肢がきっと広がりますよ。

ご紹介した派遣会社への登録はすべて無料です。

コスメ・美容部員・美容業界に興味のある方は、ぜひコーディネーターに相談してみてください。

東京都(上野)のおすすめ人材派遣会社一覧

東京23区の中でも面積が一番小さい台東区に位置している上野

日本で最初に作られた公園である「上野恩賜公園」には、「東京国立博物館」や「上野動物園」などの文化施設が集中して立地しています。

2016年には「国立西洋美術館」が世界文化遺産に登録されました。

上野駅御徒町駅間にある「アメヤ横丁」は、年末になると多くの人でにぎわいます。

また、上野駅周辺には、「松坂屋」や「アトレ」「丸井」といった百貨店も多いため、週末には首都圏から多くの買い物客が集まります。

鉄道路線においては東北新幹線や上越新幹線、北陸新幹線が乗り入れていて「北の玄関口」とも言われていますよ。

観光業や販売スタッフなどサービス業のお仕事は多数ありますが、工場や倉庫がないため、製造業や物流のお仕事は少なめです。

また、「新宿」や「丸の内」といったビジネス街と比べると、オフィスの数も少ないため、事務職の求人も多くはありません。

・・・というわけでこんにちは。

上野に散歩に行くと必ず『地獄門』を見ながらゆっくりする「Biz Hits」編集部の伊沢です。

当記事では、東京(上野)の派遣会社を徹底調査、その中でも『おすすめの派遣会社』のみをピックアップしています。

・・・ただ、中には「細かい情報はいらないから早くおすすめの派遣会社を知りたい」という方もいるかもしれません。

まずは「おすすめの派遣会社」を先にご紹介しますね。

上記の結果を踏まえたうえで、「なぜ、この派遣会社がおすすめなのか?」を知りたい方は、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

記事を読み終わる頃には、「東京(上野)にあるどの派遣会社に登録すればいいのか」が明確にイメージできていることでしょう。

続きを読む

大手派遣会社ランキング|172人の口コミ調査で大手6社を徹底比較

現在、派遣会社の事業所は全国に3万8,000件以上あります。(参考:日本人材派遣協会

そのため、派遣で働きたいと思っても、「どの派遣会社を選べばいいかさっぱりわからない」という方も多いことでしょう。

派遣で働くのが初めてなら、大手派遣会社に登録することをおすすめします。

なぜなら、大手派遣会社ならではの特徴があるためですね。

  • 求人数が多い
  • 福利厚生が充実している
  • 経営基盤がしっかりしている

上記の理由から、大手派遣会社では希望条件に合う仕事が見つかりやすく、安心して働けます。

当記事では、実際に大手派遣会社を利用したことのある172名に、「最もおすすめできる派遣会社」を選んでもらいランキングにしました。

また、選んだ派遣会社に対し、「担当者の対応」「希望通りの仕事を紹介してもらえたか」などの4項目で5段階の満足度評価をしてもらいました。

派遣会社選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

172人に聞いた!おすすめ大手派遣会社ランキング

大手派遣会社を利用したことのある172人に、「最もおすすめな派遣会社」を聞きました。

その結果、1位は女性からの圧倒的な支持を得たテンプスタッフでした。

ランキング 派遣会社名 人数(女性/男性)
1位 テンプスタッフ 48(44/4)
2位 スタッフサービス 36(28/8)
3位 パソナ 29(23/6)
4位 リクルートスタッフィング 23(18/5)
5位 アデコ 21(14/7)
6位 マンパワー 15(10/5)

テンプスタッフは、創業者「篠原欣子(しのはら よしこ)」氏が、女性の活躍できる職場を作るために立ち上げた派遣会社です。

働く女性への理解が深く、また、子育て中でも働きやすい求人を豊富に扱っていることが、女性に支持される理由と言えそうです。

利用者の満足度が高い!おすすめ大手派遣会社ランキング

続いて、おすすめの派遣会社に対し、下記4項目に関する満足度を5段階で評価してもらいました。

【満足度評価項目】

  1. 担当者の対応はよかったか
  2. 担当者の対応スピードは迅速だったか
  3. 連絡や仕事紹介の頻度は適切だったか
  4. 希望通りの仕事を紹介してもらえたか

【評価基準】
5点:満足/4点:おおむね満足/3点:普通/2点:やや不満/1点:不満

その結果、利用者の満足度が最も高かったのはパソナでした。

ランキング 派遣会社名 評価
1位 パソナ 4.3
2位 アデコ 4.2
3位 マンパワー 4.1
4位 テンプスタッフ 4.0
5位 スタッフサービス 3.8
6位 リクルートスタッフィング 3.7

パソナは、「月刊人材ビジネス」のスタッフ満足度調査で上位入賞の常連です。

当アンケートでも、対応が早い、親身で丁寧な対応をしてくれるといった口コミが多く、すべての項目において満足度は4以上でした。

求人数の多い大手派遣会社ランキング

ランキング 派遣会社名 件数(件)
1位 スタッフサービス(グループ全体) 113,816
2位 テンプスタッフ 30,249
3位 マンパワー 25,956
4位 パソナ 5,973
5位 アデコ 4,502
6位 リクルートスタッフィング 3,476

(調査日:2020年9月8日)

求人数がダントツに多いのはスタッフサービスでした。

グループ全体では常時10万件以上と、他社に圧倒的な差をつけています。

スタッフサービスは、事務、IT、エンジニア、介護、看護、製造業など扱う業種・職種が幅広く、ジャンルごとの専門サイトをもっているためです。

  • たくさんの選択肢から選びたい
  • いろいろな仕事をしてみたい
  • どんな仕事が向いているかわからない

上記のような方には、求人数が多く、あらゆる業種・職種を網羅しているスタッフサービスがおすすめですよ。

【総合ランキング】おすすめの大手派遣会社

それでは、利用者の口コミ、求人数、福利厚生を総合的に見たおすすめ大手派遣会社ランキングの発表です。

【1位 パソナ】利用者満足度が高く福利厚生も充実

■利用者の口コミ

  • 求職中は、条件に合う仕事の紹介が連日あり、担当エリア外の仕事も別チームと連携して紹介してくれた(40代 女性)
  • 派遣会社での就業が初めてで分からないことも多かったが、都度「不安なことはありませんか?」と聞いてくれた。いろいろと質問ができ、的確な回答が得られてとてもよかった(30代 女性)
  • 年齢が高い私の話に真摯に耳を傾け、良いお仕事を紹介してくれた。(50代 女性)

パソナは「月刊人材ビジネス」のスタッフ満足度調査で上位入賞の常連です。

当アンケートでも、「担当者の対応」「対応の迅速さ」「お仕事紹介などの連絡頻度」「仕事のマッチング度」のすべてにおいて、満足度4以上でした。

パソナは、福利厚生の充実とスキルアップ・キャリアアップへの取り組みに力を入れているのも大きな特徴です。

2020年4月1日からは交通費が全額支給に。また、パソコンスキルや語学の習得に役立つ無料eラーニングや各種研修、プロのコンサルタントによるキャリアカウンセリングも充実しています。

「福利厚生の整った派遣会社で公私ともに充実した生活を送りたい」という方は、ぜひパソナに登録してください。

特典つきの紹介キャンペーンを頻繁に行っているので、「せっかくならお得に派遣登録したい」という方にもおすすめですよ。

パソナ

パソナに無料登録する

【2位 テンプスタッフ】派遣初心者さんにおすすめ

■利用者の口コミ

  • 担当してくださった方は面接前からアフターフォローまだ素晴らしく、安心して仕事ができた(20代 女性)
  • 派遣先との顔合わせでは、言った方がいいポイントや企業が何を求めているかを丁寧に話してくれ、リラックスして挑めた。また緊張の勤務初日にも連絡を頂き「なんでも気軽に相談してください」とのこと。とても良かった(30代 女性)
  • 未経験でも自分の能力でできる仕事を紹介してもらえた(30代 女性)

「派遣で働くのがはじめて」「信頼できる大手派遣会社で働きたい」という方には、テンプスタッフがおすすめです。

テンプスタッフは、担当者の対応に非常に定評のある派遣会社。

当アンケートでも「いろいろとフォローしてくれた」「相談しやすかった」といった口コミが多く、安心して働けると感じている人が多いとわかります。

また、テンプスタッフは創業者が女性であることから、女性にとって働きやすい求人やサポート体制が充実しているのも特徴です。

たとえば、生活スタイルに合わせて「時短」「週3日」「短期間」などさまざまな働き方ができる求人、「ママ向けセミナー」の開催、ベビーシッターや家事代行の割引サービスなどもあります。

派遣で働くのが初めての方、子育て中の方なら、登録しておきたい派遣会社です。

テンプスタッフ

テンプスタッフに無料登録する

【3位 アデコ】キャリアコーチ体制で派遣スタッフを強力サポート

■利用者の口コミ

  • 社内の研修がとても充実していて、事務職をしながらエクセルなどを学べた(40代 女性)
  • 初めての派遣会社だったが、自分の強味や長所を的確に把握し、まさにうってつけの仕事を紹介してくれた(40代 男性)
  • 私は海外でボランティアをし、日本で出稼ぎする生活をしているが、海外から帰ってくる時にはいつもアデコさんに仕事を探して頂いている。職歴が不安定な私を上手にフォローして派遣先に説明して下さる素晴らしい会社(30代 女性)

スキルアップしたい方、これからの働き方について悩みや迷いがある方にはアデコがおすすめです。

アデコには、営業担当者とは別に、派遣スタッフ一人ひとりに専任のキャリアコーチをつける「キャリアコーチ体制」があるからです。

派遣スタッフの希望や悩みをしっかり聞き、希望の仕事につけるよう、またキャリアアップできるようサポート&コーチングをしてくれます。

口コミでも、「担当者が優秀だった」「希望以上の仕事を紹介してくれた」という声が多く、担当者への評価は大手6社のなかでも最高レベルです。

また、アデコは仕事への意識が高い人にとっては、メリットが多い派遣会社です。

OAレッスン・ビジネスマナー・英語といったスキルアップに直結する講座やキャリアアップセミナーも行っているからですね。

アデコ

アデコに無料登録する

【4位 マンパワー】好条件・高待遇の求人多数

■利用者の口コミ

  • 各種セミナーがほとんど無料で開催されており、スキルアップを望む人を応援してくれる体制が整っている。(30代 女性)
  • 他社より給与面において好条件のお仕事が多いように感じた。歴史のある派遣会社であるため、大手企業のお仕事が一定数あるようだった(30代 女性)
  • 期間限定での高単価デスクワークを紹介してくれる点は非常に良かった。マイナス面としては、こちらから照会しないと良い仕事が回ってこない(50代 男性)

「大手企業で働きたい方」「好条件のお仕事をしたい方」にはマンパワーがおすすめです。

マンパワーは、日本で最初に人材派遣会社をはじめた創業50年以上の歴史と実績のある会社。

取引先からの信頼が厚く、大手企業や外資系企業、有名大学の求人を多数保有しています。

営業担当者が、派遣先に対して時給アップや条件交渉を積極的に行ってくれたとの口コミも多く、スキルがあれば好条件・高待遇のお仕事につけるチャンスが高い派遣会社です。

もちろん、社会保険・有給休暇・キャリアカウンセリング・各種セミナーなど福利厚生も充実していますよ。

マンパワー

マンパワーに無料登録する

【5位 スタッフサービス】求人数が業界最多

■利用者の口コミ

  • 希望する日にちや勤務時間に合わせた仕事をすぐに紹介してもらえ、登録してから1週間ほどで仕事が決まった (30代 女性)
  • 対応が親切で早く、希望に沿った仕事をたくさん頂けた(50代 男性)
  • 研修制度により、エクセルやワード、パワーポイント、Accessなどのスキルが上がった。その点を担当者が時給交渉の際に強調してくれ、何度も昇給に繋がった。(40代 女性)

スタッフサービスは、今すぐお仕事をスタートしたい方におすすめの派遣会社です。

スタッフサービスグループには、

  • オフィスワーク
  • ものづくりエンジニア
  • IT系エンジニア
  • 医療・福祉系
  • 製造・工場系

の5つの専門サイトがあり、グループ全体の求人数は10万件以上と大手派遣会社のなかでも最多です。

「仕事をたくさん紹介してもらえた」「すぐに仕事が決まった」といった口コミが多いのも、膨大な求人があるスタッフサービスならではのメリットです。

コンプライアンスが徹底されているリクルートグループの派遣会社なので、社会保険や有給、スキルアップ講座など福利厚生の面でも安心ですよ。

スタッフサービス

スタッフサービスに無料登録する

【6位 リクルートスタッフィング】大手企業で働きたい人向け

■利用者の口コミ

  • 大手企業で働くことができた(30代 女性)
  • メンタル面のフォローをしてくれる方が多く、何度も助けていただけた。また、派遣法の改正も分かりやすく説明し、私自身にとって何が損か得かを丁寧に伝えてくれた。何社か派遣会社を利用したことはあるが、一番印象がよい(30代 女性)
  • 仕事先が豊富で、就業後のこまめなアフターフォローに好感がもてた。ただ、良さそうな仕事があっても、大手だけに登録者も多く希望者が沢山いるためすぐになくなってしまうのが残念だった(50代 女性)

「大手企業で働いてみたい」「信頼できる派遣会社を利用したい」というあなたには、リクルートスタッフィングがおすすめです。

リクルートスタッフィングは、大手リクルートグループの派遣会社であるため、取引先企業にも大手企業・優良企業が多め。

正社員入社が難しい世界的メーカーや商社、IT業界、出版・マスコミ業界で働ける可能性もありますよ。

また、リクルートの社員と同等の福利厚生を受けられる点も魅力です。

一般的な協会けんぽより保険料の安い「リクルート健康保険」に加入できるほか、年1回の健康診断と歯科検診も無料です。

「人気の求人は競争率が高くすぐに埋まってしまう」との口コミもあったので、気になる案件は逃さないようにすぐにエントリーしましょう。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングに無料登録する

大手派遣会社を選ぶべき3つの理由

中小規模の派遣会社にも、地域密着型の派遣会社にも、それぞれの良さがあります。

たとえば、中小の派遣会社なら「登録者が少ないので、派遣スタッフ一人ひとりにしっかり向き合ってくれる」、地域密着型なら「大手では扱っていない地元企業の求人がある」といったことです。

しかし、それでもなお大手会社を選ぶべき理由が3つあります。

【大手派遣会社を選ぶべき3つの理由】

  • 求人数や扱う職種が多い
  • 福利厚生が充実している
  • コンプライアンスが徹底されている

1.求人数が多い

大手派遣会社を選ぶべき理由1つ目は、求人数が多いからです。

どんなに担当者さんが親切な派遣会社でも、そもそもの求人数が少なければ仕事は見つかりません。

大手派遣会社は常に数千~数万件の求人をもっているため、仕事を紹介してもらえる数も多いですし、あなたの条件に合う仕事に出会える可能性も高くなります。

派遣会社を選ぶ際は、実際に公式サイトから求人検索をしてみて、自分が働きたいエリアの求人が多いかどうかを必ずチェックしてください。

2.福利厚生が充実している

大手派遣会社を選ぶべき理由2つ目は、福利厚生が充実しているからです。

正社員に比べて待遇が良くないと思われがちな派遣社員ですが、大手派遣会社の福利厚生は、有名メーカーや商社にも劣りません。

社会保険への加入、有給休暇、産前・産後休暇、有給休暇の取得はもちろん、年に1回の健康診断、スキルアップ講座を無料受講できる派遣会社がほとんど。

また、育児支援、レジャー施設や旅行代金の割引、結婚・出産・入学祝いなど独自のサービスをもつ派遣会社も少なくありません。

一方、中小の派遣会社は最低限の福利厚生のみというところも。

福利厚生の充実度は、派遣会社の経営基盤がしっかりしているか、また、派遣スタッフを大切にしている派遣会社かどうかを判断する一つの基準と言えます。

せっかく派遣で働くなら、福利厚生が充実している派遣会社を選びましょう。

3.コンプライアンスが徹底されている

大手派遣会社を選ぶべき理由3つ目は、コンプライアンスが徹底されていることです。

「コンプライアンス」とは、法律や規則を守り、倫理に反しない会社運営をしていること。

つまり「キチンとしている派遣会社」である可能性が高く、給料の支払いが滞ったり、残業代が支払われなかったり、といった心配がないということです。

大手派遣会社は知名度が高いことから、悪質なコンプライアンス違反をすれば世間に広く知られ、社会的信頼が失われて経営がたち行かなくなってしまうからです。

余計な不安を感じずに安心して仕事を始めるためには、大手派遣会社に登録することをおすすめします。

まとめ

派遣会社は複数登録している方が大半です。

今回ランキング入りしたのはどれも信頼性の高い派遣会社なので、2~3社登録して担当者の対応や求人内容を比較してみると良いでしょう。


派遣 カテゴリ一覧

人材派遣会社

大手派遣会社、有名派遣会社の特徴をはじめ、強みや弱みについて解説。さらには実際に派遣登録して、派遣社員として働いたことがある経験者の口コミ評判もご紹介しています。...

人材派遣会社口コミランキング

人材派遣会社について色々な角度からアンケート、公式サイト、口コミなどあらゆる視点から徹底調査。調査結果を元に客観的な情報としてランキング形式でご紹介しています。...

派遣のトラブル

...

派遣の基礎知識

...

派遣の職種一覧

派遣で人気の職種別一覧となります。事務職、営業、受付、コールセンター、軽作業など、職種ごとの仕事内容やおすすめの派遣会社について解説しています。...

派遣会社登録

派遣登録とは何をするのか?派遣登録会に着ていく服装や髪型。派遣会社登録時に提出する履歴書、職務経歴書や登録会で行われるスキルチェックといった必要情報をまとめています。...

派遣求人サイト

全国にある人材派遣会社の求人情報をまとめてご紹介しているおすすめの派遣求人サイト一覧となります。...

派遣社員のお金事情

...

派遣社員の福利厚生

派遣社員が活用できる福利厚生制度はいろいろとあります。有給休暇、ボーナス制度、育児休暇などですね。派遣社員の福利厚生のメリット、デメリットなどを特集していきます。...

派遣辞める

...

無期雇用派遣

無期雇用派遣は普通の登録型派遣や常用型派遣と比較してみて良いのか悪いのか?無期雇用派遣の特徴、メリット、デメリットなどをまとめています。...