貿易事務におすすめの派遣会社ランキング【求人数&口コミ調査】

貿易事務は事務職の中でも高時給ですが、専門性の高い仕事のため、派遣会社ごとに求人数の差が大きいです。

派遣で貿易事務の仕事を探している人は、「貿易事務の求人数が多い派遣会社」に登録するのがおすすめです。

求人数が多い派遣会社でないと、希望条件を満たした派遣先企業を見つけるのが難しいからですね。

当記事では、貿易事務の求人数が多い派遣会社をランキングでご紹介。

また、貿易事務の仕事を始めてみたものの「こんなはずじゃなかった」と後悔する人も少なくありません。

そこで「どんな人が貿易事務に向いているか」を独自調査し、リアルな声をお届けします。

さらに、「複数登録するときのおすすめ派遣会社の組み合わせ」も紹介しているので、気になる方は最後まで読んでみてくださいね。

この記事を読めば、貿易事務の派遣会社探しに悩むことはなくなるでしょう。

貿易事務におすすめの派遣会社ランキング

ではさっそく、貿易事務の求人数が多いおすすめの派遣会社ランキングの発表です。

ランキング 派遣会社名 貿易事務の求人数(件)
1位 テンプスタッフ 629
2位 スタッフサービス 291
3位 パソナ 256
4位 アデコ 120
5位 リバティー 105
6位 マンパワー 104
7位 リクルートスタッフィング 97
8位 ヒューマンリソシア 79
9位 アヴァンティスタッフ 11
10位 トヨタエンタプライズ 5

(調査日:2021年2月17日)

1位 テンプスタッフ:629件

テンプスタッフでは、未経験者や初心者のスタッフ向けに、以下の講座を無料で開催しています。

  • 貿易英語セミナー
  • 貿易実務基礎講座
  • 通関業者との打ち合わせに関する研修

また、「事務経験があれば、貿易事務は未経験でもOK」「仕事内容を丁寧に教えてもらえる」という求人も多く揃っています。

「入力さえできれば、英語が苦手でも大丈夫」という派遣先もあるので、未経験でも貿易事務に挑戦できます。

もちろん、「経験者歓迎」「英語を使用します」というお仕事もあるので、経験を生かしてさらにステップアップしたい方も、希望に合うお仕事を探せますよ。

また、「安定して働きたい」という方には、正社員前提の「紹介予定派遣」や正社員登用の実績がある求人もあります。

テンプスタッフの特徴
  • 未経験者歓迎の貿易事務求人が充実
  • 貿易事務関係の無料講座あり
  • 正社員を目指せる仕事が豊富

テンプスタッフの公式サイトを見る

2位 スタッフサービス:291件

スタッフサービスには「残業なし」「残業ほとんどなし」と明記されている貿易事務求人が多数。

しかも、「比較的残業が少ない」とされている商社やメーカーだけではなく、乙仲やフォワーダーでも「残業なし」「残業少なめ」の求人があります。

やりがいある仕事をしながら、プライベートも大切にできるのがメリットです。

また、「貿易事務って憧れるけど、特別なスキルが必要でしょ?」と考える方も多いですが、スタッフサービスには「ExcelができればOK」「業界未経験者歓迎」など、貿易事務未経験からでも挑戦できる求人も。

スタッフサービスの支店は全国各地にあり、貿易事務として働ける派遣先も各地にありますよ。

スタッフサービスの特徴
  • 業種問わず、残業なしの求人が多い
  • 未経験者歓迎のお仕事が豊富
  • 日本の各地で仕事探しが可能

スタッフサービスの公式サイトを見る

3位 パソナ:256件

パソナには、「パソナの正社員になった上で、契約先の企業に派遣され、貿易事務として働く」という働き方があります。

この働き方を選ぶ人のうち9割が未経験からのスタートですが、充実した研修があるため、未経験でも大手企業で貿易事務担当として活躍できるんです。

もちろん、「パソナの正社員ではなく一般の派遣」「派遣先企業の正社員を目指す」という働き方も可能です。

また、パソナは「働く女性の支援」に力を入れていることでも有名な派遣会社。

東京にある「パソナファミリー保育園」は月極保育料無料で利用できますし、パソナが提供するベビーシッターサービスもあります。

パソナの特徴
  • パソナの正社員として働ける
  • 未経験からでも貿易事務のプロが目指せる
  • 働く女性へのサポートが充実

パソナの公式サイトを見る

4位 アデコ:120件

アデコの貿易事務求人には、「フォワーダーや乙仲に比べて残業が少ない」と言われる商社やメーカーでのお仕事が豊富に揃っています。

「残業ほとんどなし」「残業月15時間程度」と明記されている求人もあり、プライベートを大切にしながら働きたい人にもピッタリの仕事が見つかります。

また、英語を使わない職場も多い貿易事務ですが、アデコなら「英語使用あり」のお仕事もあるので、語学力を生かしたい人も希望に合うお仕事が探せますよ。

アデコは大手の派遣会社なので、福利厚生も充実しており、研修制度や担当者によるサポートの制度、職場で困ったことがあったときの相談体制も整っています。

アデコの特徴
  • 商社・メーカーの貿易事務求人が豊富
  • 大手派遣会社で求人多数
  • 福利厚生やサポート体制が整っている

アデコの公式サイトを見る

5位 リバティー:105件

リバティーは貿易事務に強い派遣会社で、所属するコーディネーターも貿易事務や業界についての知識が豊富。

登録時の面談で「自分は貿易事務に向いているのか」「自分にできる貿易事務の仕事はあるのか」などを、経験豊富な担当者に相談できます。

また、「イチから鍛え上げる研修」として、英語研修や貿易研修が無料で開催されており、未経験者でもやる気さえあれば成長できます。

リバティーの派遣先は、「商社」「メーカー」「通関業者」「倉庫」「船会社」「NVOCC」「フォワーダー」など1200社以上。

なかには「英語をほとんど使わない」「実務経験なしでもできる」といった求人もあるため、自分に合ったお仕事を紹介してもらえます。

出勤初日は担当者が職場まで同行してくれたり、就業中も定期的なフォローがあったりと、サポート体制も整っています。

リバティーの特徴
  • 貿易事務や業界の知識が豊富な担当者
  • 英語研修や貿易研修が無料で受けられる
  • 派遣先の業種や仕事内容が多彩

リバティーの公式サイトを見る

6位 マンパワー:104件

マンパワーには、大手企業や老舗企業、外資系企業での貿易事務求人が充実。

安定して働きたい人には、「正社員登用実績あり」「直接雇用が前提」という求人もあります。

また、無料で受講できる語学系のeラーニング講座が充実しているのもマンパワーの特徴。

『英語電話応対』『英語eメールの書き方』などの講座があり、「英語のスキルを維持したい」「アップさせたい」という人にピッタリです。

マンパワーは、日本で最初に人材派遣会社をはじめた創業50年以上の歴史ある会社で、福利厚生もきちんと整っています。

マンパワーの特徴
  • 大手企業や外資系企業の求人が豊富
  • 無料の語学系講座が充実
  • 創業50年以上の歴史ある派遣会社

マンパワーの公式サイトを見る

7位 リクルートスタッフィング:97件

リクルートスタッフィングには「残業なし」「時短勤務」「在宅ワーク可能」といった、プライベートを充実させられる貿易事務のお仕事が揃っています。

同業務を担当しているスタッフがいたり、引継ぎをしっかりしてくれる職場がほとんどなので、不安なくお仕事を開始できるのもメリットです。

都心部で「時給1870円」など、高時給のお仕事も多いので、派遣でも高収入が見込めます。

また、「貿易事務の仕事をしていたけど、意外に英語を使わなくて残念」「もっと英語を生かせる仕事をしたい」と思っている人なら、「英語を使う貿易事務」のほか、「翻訳」や「英文事務」のお仕事も探せますよ。

リクルートスタッフィングの特徴
  • 「残業なし」「在宅可能」な貿易事務求人が豊富
  • 時給が高い
  • 貿易事務以外の「英語を使う仕事」も探せる

リクルートスタッフィングの公式サイトを見る

8位 ヒューマンリソシア:79件

ヒューマンリソシアには、都心エリアで「月収32万円以上」「時給1750円」など、経験者なら高収入を見込める貿易事務求人が揃っています。

派遣先は商社、メーカー、物流会社、港湾運送会社などさまざま。

また、経験者より少し時給は低くなりますが、「未経験者OK」の貿易事務求人も多く扱っていますよ。

「引継ぎ期間が長め」「同業務の先輩がいて、わからないことも聞きやすい環境」という派遣先が多いので、貿易事務初心者でもお仕事がスタートできます。

多忙かつ気を使う職種ゆえ、「精神的に疲れた」という退職理由も多い貿易事務ですが、ヒューマンリソシアなら好きな時にストレスチェックができるサイトもあり、メンタルヘルスのケアも充実。

全国に支店があり、首都圏以外でも貿易事務の求人が探せる派遣会社です。

ヒューマンリソシアの特徴
  • 高時給の貿易事務求人がある
  • 初心者でも安心して働ける派遣先が豊富
  • ストレスチェックやサポートが受けられる

ヒューマンリソシアの公式サイトを見る

9位 アヴァンティスタッフ:11件

アヴァンティスタッフは大手総合商社・丸紅が出資している派遣会社。

そのため、丸紅や丸紅の取引先である大手・優良企業の貿易事務求人が豊富に揃っています。

福利厚生も充実しており、社会保険完備はもちろん、海外・国内旅行が優待価格で利用できる「アヴァンティスタッフクラブオフ」というサービスも。

「貿易実務検定」の資格取得支援制度もあり、資格を取ってキャリアアップすることもできますよ。

経験者歓迎のお仕事のほか、未経験でもチャレンジ可能な貿易事務求人も扱っています。

アヴァンティスタッフの特徴
  • 丸紅関係の大手・優良派遣先が豊富
  • 担当者の対応が高評価で安心
  • 福利厚生サービスが充実

アヴァンティスタッフの公式サイトを見る

10位 トヨタエンタプライズ:5件

トヨタエンタプライズはトヨタ自動車のグループ会社。

トヨタやトヨタ系列企業をはじめ、グローバルにビジネスを展開する大企業にスタッフを派遣しています。

貿易事務をはじめ、英語を使う事務の求人が多く、「語学力を生かしたい」「英語スキルを維持したい」というにピッタリの仕事が見つかります。

とはいえ、すべての仕事で高い英語力が求められるわけではなく、「TOEIC600点以上」から挑戦できるお仕事も多数。

ですから「英語力を伸ばしたいけれど、今はまだ自信がない」という方でも応募できます。

また、社会保険完備はもちろん、『慶弔時の休暇や祝金・見舞金制度』『保養所の利用が可能』など、トヨタグループならではの充実した福利厚生も魅力。

派遣先は主に都心と東海エリアです。

トヨタエンタプライズの特徴
  • 英語を生かせる仕事が豊富
  • グローバルに展開する大企業・優良企業が派遣先
  • トヨタグループならではの福利厚生

トヨタエンタプライズの公式サイトを見る

口コミからわかった貿易事務の仕事がおすすめな人ランキング

この章では、貿易事務の仕事が向いているおすすめな人をランキング形式で紹介していきます。

実際に、派遣社員として貿易事務で働いたことがある51人の口コミを集計したランキングとなっています。(複数回答あり)

貿易事務の仕事に興味のある人は、自分に合っている仕事かどうかぜひチェックしてみてください。

貿易事務に向いている人のグラフ

1位 英語(語学)力のある人(26人)

貿易事務がおすすめの人、第1位は「英語(語学)力のある人」です。

貿易事務は、海外企業や海外商品を扱っている事務職だからですね。

海外の企業を相手にしているため、書類や電話も英語です。

書類を見ても「なんて書いてあるかわからない」、電話に出ても「なにを話しているのかわからない」では仕事になりません。

英語が得意であることに越したことはありませんが、最低でも「英語に苦手意識がない」「英語を読むことに抵抗がない」ことは必須条件です。

また、事務職なので会話力よりも、英語で書かれた書類のチェックができる、メールなどに対応できる能力があると仕事をスムーズにできますよ。

アンケートに回答してくれた人の中で、TOEICを受けたことのある人(31人)のスコアを聞いてみたところ、次のような結果になりました。

TOEICスコア 人数
500点台 4人
600点台 8人
700点台 5人
800点台 7人
900点台 7人

なかには「資格は持っていない」「英語力は中高生レベル」という人もいましたが、「専門用語は自学で勉強した」などの努力をして英語力を高めていました。

最低限の英語(語学)力のある人・英語に苦手意識のない人は、貿易事務の仕事におすすめですよ。

2位 コミュニケーション能力がある人(10人)

貿易事務がおすすめの人、第2位は「コミュニケーション能力がある人」です。

取引相手である海外顧客は、日本とは文化が違うので、相手のことを理解しつつこちら側の要望や意見を伝える必要があるからですね。

貿易事務は事務職ではあるものの、顧客とやり取りしたり、納期調整などを顧客やメーカーに伝えたりする仕事もあるため、細かくコミュニケーションを取らなければいけません。

ときには、言いにくいことでも相手の気分を害さないように明確に伝えることも必要となるため、コミュニケーションスキルは大切です。

文化の違う外国人が相手なだけに、細かいニュアンスが伝わらないこともあります。

お互いが気持ちよく取引きするために、コミュニケーション能力の高い人が貿易事務に向いていますよ。

3位 正確でスピーディに処理できる人(9人)

貿易事務がおすすめの人、第3位は「正確でスピーディに処理できる人」です。

書類に不備があると通関で受け付けてもらえなくなったり、納期に間に合わなくなったりするからですね。

貿易事務の取引相手は海外企業です。

書類にミスがあると通関手続きがうまくいかず、荷物の到着遅れに繋がってしまいます。

また、多くの書類を処理したり、取引先とのやり取りも次から次へと発生するので、スピーディさも必要となりますよ。

正確でスピーディに書類などの処理ができる人は、貿易事務の仕事に向いていますよ。

4位 コツコツ細かい作業ができる人(8人)

貿易事務がおすすめの人、第4位は「コツコツ細かい作業ができる人」です。

貿易事務は、書類の見直しなど細かな仕事が多いからですね。

書類に数字やスペルミスなどのミスがあると輸出入ができなくなってしまうこともあるため、地道に書類をチェックするのも貿易事務の仕事。

事務職のため英語を使ってバリバリ仕事をするよりも、ルーティン作業のほうが多いですよ。

毎日多くの書類を見直しするため、細かい作業をコツコツできる人が貿易事務に向いています。

貿易事務におすすめの派遣会社の選び方ポイント3つ

貿易事務におすすめの派遣会社を紹介してきましたが、「結局どこの派遣会社を選べばいいかわからない」「派遣会社選びに失敗したくない」という方も多いのではないでしょうか。

どこの派遣会社に登録すればいいのか悩んでいる方に、選び方のポイントを3つ紹介します。

  • 派遣会社は複数に登録する
  • 勤務したいエリアの求人数が多い派遣会社を選ぶ
  • 派遣求人検索サイトから派遣会社を選ぶ

上記にあげたポイントをそれぞれ説明していきますね。

1、登録は1社にこだわらず複数登録する

ポイントの1つ目は、派遣会社に登録する際には、1社にこだわらず複数登録するようにしましょう。

複数登録したほうが、仕事の選択肢が増えたり、同じ仕事でも高い時給で働けるためですね。

  • 「何社も派遣登録したら管理が大変そう」
  • 「複数登録しているのがバレたら仕事の紹介が減るのでは?」

など不安に思う方もいると思います。

しかし、派遣会社の複数登録は多くの方がやっていることであり、複数登録したことが問題になることはありません。

貿易事務は専門性が高い仕事なので、ほかの事務職と比べると求人数は多いとは言えません。

複数登録することで、単純に選べる求人が増えるのもおすすめのポイントです。

派遣会社によっては「独占求人」を扱っていることもあるため、複数の派遣会社に登録したほうが、さまざまな仕事に出会えるチャンスも広がりますよ。

また、同じ職場・同じ仕事でも派遣会社によって時給が違うのは「派遣あるある」の一つ。

「自分だけ時給が低い」なんてことにならないためにも、複数登録はおすすめです。

登録する際には、大手派遣会社を含め2~3社登録しましょう。

大手派遣会社は、福利厚生が充実していて安定性が高いからですね。

以下、複数登録におすすめの派遣会社の組み合わせをご紹介しますね。

複数登録におすすめの派遣会社の組み合わせ

1.高時給で働きたい人向け

貿易事務(高時給)テンプ+パソナ

できるだけ高い時給で貿易事務の仕事をしたい方は、上記2社に登録しましょう。

貿易事務の平均時給は1,560円程度。

一般事務の平均時給は1,390円くらいなので、貿易事務のほうが150円以上高い時給で働けます。(参考:はたらこねっと

貿易事務は語学力を必要とするため、他の事務職よりも高時給に設定されている場合が多いですよ。

テンプスタッフは、貿易事務の求人が多いのに比例して、平均時給よりも高い時給で働ける求人を豊富に扱っています。

一方のパソナは、首都圏で扱っている貿易事務求人の9割以上が平均時給よりも高いお仕事となっています。

テンプスタッフの公式サイトを見る

パソナの公式サイトを見る

2.残業なしで働きたい人向け

貿易事務(残業なし)スタッフサービス+テンプスタッフ

残業なしで貿易事務の仕事をしたい方は、上記2社に登録しましょう。

貿易事務の取引相手は海外企業です。

日本と時差があるため、日本の時間通りに仕事がすすむとは限りません。

また、輸送の便が遅れることもあるため、「残業なし」で働くのは難しい職場でもあります。

求人数は多いとは言えないものの、上記2社は他社と比べて「残業なし」の求人を多く扱っています。

とくにスタッフサービスは、貿易事務求人の3分の1が「残業なし」の仕事です。

求人が多いため希望にあった仕事を見つけやすいですよ。

一方のテンプスタッフは、そもそも扱っている貿易事務求人が多いため、「残業なし」の求人も多くあります。

スタッフサービスの公式サイトを見る

テンプスタッフの公式サイトを見る

2.大企業で貿易事務の仕事をしたい人向け

貿易事務(大企業)テンプスタッフ+マンパワー

大企業で貿易事務の仕事をしたい方は、上記2社に登録しましょう。

貿易事務の仕事は海外の企業を相手にしているため、大企業の求人は豊富にあります。

大企業は職場環境が整っているケースが多いです。

また、職場を聞かれたときに「◯◯企業で働いている」と言えるのも嬉しいですよね。

テンプスタッフは扱っている貿易事務求人の7割以上が大企業のお仕事。

一方のマンパワーも8割近くが大企業の求人ですよ。

テンプスタッフの公式サイトを見る

マンパワーの公式サイトを見る

2、求人数の多い派遣会社を選ぶ

選び方のポイント2つ目は、貿易事務の求人数が多い派遣会社を選ぶことです。

求人数が多ければ選択肢も広がり、希望にあった仕事が見つかりやすいからですね。

また、求人数が多ければ一つの仕事に応募が集中することも少なくなります。

つまり、採用にも繋がりやすいというわけですね。

求人数は、各派遣会社の「求人検索」で簡単にわかります。

まずは、自分が働きたい地域にどれくらい貿易事務の求人があるのか調べてみましょう。

どのエリアでも多くの求人数をもっていることが多い大手派遣会社は、必ず一社は登録しておきたいところ。

とくに世界に拠点をもっている外資系の派遣会社は、他の派遣会社にはないような求人に出会えるチャンスがありますよ。

まずは登録する前に、貿易事務の求人をどれくらい扱っているのかを確認してくださいね。

3、派遣求人検索サイトから派遣会社を選ぶ

ポイントの最後は、派遣求人検索サイトから派遣会社を選ぶことです。

派遣求人サイトには、さまざまな派遣会社の求人が掲載されているからですね。

貿易事務の仕事は他のオフィスワークと比べると求人数は少なめ。

それぞれの派遣会社の求人検索で、「働きたい地域+貿易事務」で検索したとしても、ほとんどヒットしないこともあります。

一方で、派遣求人検索サイトであれば派遣会社1社の求人を探すよりも求人数が多いため、条件にあったお仕事を見つけやすいというメリットも。

また、さまざまな派遣会社の求人が見られるので、「この派遣会社は時給の高い求人が多い」などの特徴がわかってきます。

派遣求人検索サイトで検索した後は、自分の条件にあった求人が多い派遣会社に登録するようにしてくださいね。

扱っている求人数が多い派遣求人検索サイトを3つ紹介します。

貿易事務の仕事を探すのに最適な派遣会社は以下でも検索できますので、ぜひご活用下さい。

派遣会社を「こだわり条件」から検索
地域

まとめ

貿易事務は海外の顧客を相手にしているだけに、最低限の語学力が必要です。

また、一般的な事務職の仕事にプラスしてコミュニケーション能力もあると仕事がスムーズにすすめられますよ。

貿易事務に向いている人は、次のとおりです。

  • 英語(語学)力のある人
  • コミュニケーション能力がある人
  • 正確でスピーディに処理できる人
  • コツコツと細かい作業ができる人

派遣会社に登録する際には、貿易事務の求人が多い派遣会社を選ぶようしましょう。

最後におさらいとして、当記事内でご紹介した派遣会社一覧を掲載しておきますね。

ランキング 派遣会社名 貿易事務の求人数(件)
1位 テンプスタッフ 629
2位 スタッフサービス 291
3位 パソナ 256
4位 アデコ 120
5位 リバティー 105
6位 マンパワー 104
7位 リクルートスタッフィング 97
8位 ヒューマンリソシア 79
9位 アヴァンティスタッフ 11
10位 トヨタエンタプライズ 5

(調査日:2021年2月17日)

一般的な事務職と同じだと思って応募してしまうと、「まったく仕事ができない」なんてことになってしまいます。

貿易事務に興味のある方は、この記事を参考に「自分は貿易事務に向いているのか」を考えてみてくださいね。