【働きやすい職場ランキング】女性500人アンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにとって、今勤めている会社は働きやすいですか?

今回は、500人の働く女性に「働きやすい職場」についてのアンケートを実施。

その結果をランキングにしてまとめました。

「働きやすい職場」を探して転職活動中の方も、「女性従業員や部下にとって働きやすい職場にしたい」と思っている経営者や管理職の方も、ぜひ参考にしてください。

アンケート結果に対して、Doublee Consultingの中村ゆみ氏より監修コメントいただいております。

中村 ゆみ
Doublee Consulting
中村 ゆみ氏
国家資格キャリアコンサルタント 19039435
マーケティング会社を経て、インナーコミュニケーション、組織活性施策の重要性を実感する。働く一人ひとりのキャリアと、組織成長の関係を研究テーマとし、働く人と組織の悩みに対する支援を行う。個人相談と組織内施策展開の両面での課題解決を目指す。

【調査概要】

  • 調査対象:全国の働く女性
  • 調査期間:2021年1月12日~13日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:500人

 女性が働きやすい職場 属性

職場が働きやすいと感じている女性は77.6%

女性500人に「あなたの職場は働きやすいですか?」と聞いたところ、「働きやすい(30.4%)」「どちらかというと働きやすい(47.2%)」が合わせて77.6%という結果に。

あなたの職場は働きやすい?

多くの人が、職場の働きやすさに満足しているようです。

一方、「働きにくい」「どちらかというと働きにくい」と回答した人は22.4%。

働きにくい理由として挙げられたのは、「人間関係が悪い」「残業が多い」「休みにくい」などでした。

また、既婚・未婚問わず「子どもの有無」で回答を比較してみた結果はこちら。

働きやすさ 子ども有無

「子どもあり」の人のうち81.4%が「働きやすい・どちらかというと働きやすい」と回答したのに対し、「子どもなし」では75.1%。

「子どもあり」の人のほうが、「今の職場が働きやすい」と感じている割合が高いとわかりました。

コメントには「正社員のまま時短で働いています。時短制度を利用していても、片身が狭いと感じることがありません」「子どもが小さいこともあり急に休みがちですが、他のパートの方々も同じ境遇の方が多いので、休みが取りやすい」といった意見が。

「働きやすい職場だから、出産後も働き続けている」人がいる一方、「子育てや家庭と両立しやすく働きやすいパート勤務の職場を選んだ」人もいることがうかがえます。

中村ゆみ
中村ゆみ氏
中村ゆみ氏からのアドバイス

「子どもあり」の女性の方が働きやすいと感じている割合が多いことに、意外性を感じる人も多いかもしれませんが、コメントにあるように2つのケースが考えれます。

1つ目は、産休・育休・時短勤務など、女性が働きやすい制度が整っている会社で働いているケース。

2つ目は、女性が働きやすい職場を選んで仕事復帰をしたケースです。

子育て中に仕事復帰をする場合、

  • 勤務時間が短い
  • シフト制で出勤日の融通がきく
  • 休んでも迷惑がかかりづらい仕事内容

のように、「家事と育児が両立できること」を条件に仕事を選ぶ女性は少なくありません。

実際、日本女性の雇用者総数のうち55.5%は、パートタイマーなどの非正規職員。

また、短時間雇用者(週間就業時間35時間未満)の男女割合においては、女性が69.9%と圧倒的に多くなっています。

総務省 労働力調査「働く女性の状況」

本来、結婚や出産が理由で、働き方や職場の選択肢が狭まるのは良いことではありません。

しかし現実として、子育てをしながら働く場合、家事や育児と両立できる条件に絞って職場を選んだほうが、ママ自身の心身の負担が軽くなり、働きやすさにつながる可能性は高くなると言えるでしょう。

女性が働きやすい職場の特徴ランキング

女性500人に「あなたにとって働きやすい職場とは?」と質問したところ、1位は「職場の人間関係や雰囲気がいい(333人)」でした。

女性が 働きやすい職場の特徴

以下、「プライベートと両立しやすい(125人)」、「待遇に納得できる(81人)」、「仕事内容や業務の進め方が自分に合っている(48人)」と続きます。

2位以下に大差をつけて、圧倒的に「人間関係のよさ」を挙げた人が多くなりました。

1位 職場の人間関係や雰囲気がいい

  • 仕事内容が多少きつくても、関係性が良ければ頑張れます(20代 既婚・子どもなし)
  • たとえ給料が高くても、人間関係や雰囲気が悪い職場は働きにくいです(30代 既婚・子どもあり)
  • 人間関係の良い職場が一番です。前の職場でいじめにあったからです(50代 既婚・子どもあり)

人間関係が悪いと、出社するのも嫌になってしまいますよね。

たとえ一人で黙々と作業するタイプの仕事であっても、職場の人間関係は、良いに越したことはありません。

ただ、「みんな仲良くて社外でも付き合いができるような職場(30代、未婚・子どもなし)」を求める人がいる一方で、「人間関係はある意味ドライなほうが働きやすい(40代、既婚・子どもなし)」という意見も。

「心地よい人間関係」の定義は、人それぞれのようです。

2位 プライベートと両立しやすい

  • 極端な勤務時間がなく、プライベートな時間も確保できる職場(20代 未婚・子どもなし)
  • 定時で帰れること(30代 既婚・子どもあり)
  • 女性にとって家族も大切なので、時間に融通がきくこと。休みやすかったり、早退遅刻もしやすいところ(50代 未婚・子どもあり)

未婚・既婚や子どもの有無に関わらず、「休みやすい」「時間の融通がきく」ことに魅力を感じている女性が多いとわかりました。

後ろめたさを感じることなく、休暇をとれたり時短勤務ができたりする職場なら、育児中の人に限らず、介護中・通院中の人、趣味を大切にしたい人など、みんなにとって働きやすいですよね。

3位 待遇に納得できる

  • お給料が仕事量に合っている(20代 既婚・子どもあり)
  • 既婚女性にとっては、福利厚生が整っていることが重要です(30代 既婚・子どもあり)
  • 職場全体で働きすぎの人、怠けてる人など、ちゃんと目が行き届いて、正直者が報われる環境(50代 未婚・子どもなし)

お給料や福利厚生など、待遇面の良さを求めている人も多くいました。

昇給などの根拠になる「評価」については、「公平さ」「しっかりした基準・ルール」を求める声が寄せられました。

4位 仕事内容や業務の進め方が自分に合っている

  • 人員が足りていて業務量が適切な職場(20代 未婚・子どもなし)
  • 自分自身のキャパに無理をかけない、しかし自分の能力を生かし、さらに高められる職場(30代 未婚・子どもなし)
  • 過労働がなく自分のペースで働ける会社(40代 既婚・子どもあり)

「どんどんチャレンジしていきたい」という人も、「簡単な仕事がいい」という人もいましたが、総じて、仕事の量や負担が多すぎず、今の自分の能力に合っていると「働きやすい」と考える人が多いようです。

仕事の進め方に関しては、「役割分担が明確だと働きやすい」という意見もありました。

5位 上司の人間性がいい

  • 上の立場の人が優しくないと、人の入れ替わりが激しくなってしまい、慣れていない人ばかりになってしまう(20代、未婚・子どもなし)
  • リーダーシップのある上司がいると、信頼関係が出来るし、人間関係で悩まないので仕事に集中できる(30代、既婚・子どもなし)
  • 有給消化、急な通院などで嫌な顔をしない上司(40代、既婚・子どもなし)

第1位の「人間関係がいい」とも関連しますが、上司・経営者の人柄や、上司と部下の関係性について挙げた人も多くなりました。

いつもピリピリしている上司だと、相談しにくかったり、お休みの希望を言い出しにくかったり、部署全体の雰囲気が悪くなってしまいそうですよね。

6位 職場の環境や設備が整っている

  • 禁煙、男女の更衣室が別々になっている職場(10代 未婚・子どもなし)
  • 障害があろうとなかろうと働きやすい建物や職場になっていること(30代 未婚・子どもなし)
  • 自分の仕事に集中できる執務空間があること(50代 既婚・子どもあり)

「清潔さ」「空調」「広さ」「静かさ」「禁煙」「IT環境」など、「職場の環境や設備が整っていること」が6位となりました。

「オフィスが清潔だと生産性が上がる」とも言われているとおり、「環境が1番大事です。それによりパフォーマンスが変わってくるため(30代、未婚・子どもなし)」という回答もありました。

7位 意見を言いやすい

  • いろんな立場の意見を聞き取り入れる風土があること(30代 未婚・子どもなし)
  • 意見を取り入れてもらえる制度があること(40代 既婚・子どもあり)
  • お互いに自由に意見がいいあえて、良い意見を取り入れて改善する環境であること(60代以上 既婚・子どもあり)

7位には、「意見を言いやすい」が入りました。

「いろんな立場の意見を取り入れる」「下からでも意見が言いやすい」など、雇用形態やキャリア・ポジションに関わらず発言しやすいことを求める声も。

まさに「風通しのいい職場」ですね。

8位 通勤しやすい

  • 街中にあって駅から近いような立地条件で、車が無くても十分アクセスでき、なおかつそこまでの通勤が30分以内の範囲(20代 未婚・子どもなし)
  • 在宅で仕事ができる(40代 既婚・子どもなし)
  • 遠いと通勤が大変で心がおれます(50代 既婚・子どもあり)

「通勤時間の短さ」や「在宅勤務の有無」など、「職場への通いやすさ」が8位となりました。

「未婚・子どもなし」の人からの回答も多く、既婚・未婚の別や、子育て中かどうかに関わらず、「通勤のしやすさ」や「職場の近さ」を大切だと考えている人が多いとわかります。

9位 差別がない

  • 職務内容が同じ場合、性別によって待遇に差がないこと(20代 未婚・子どもなし)
  • 雇用条件によって引き起こされる差別などがない職場(30代 未婚・子どもなし)

「女性は昇進しにくい」といった「男女差別」や、「雇用形態による差別」がない職場を求める声も挙がりました。

また、変に足並みをそろえようという気風のない、個性を大切にする職場という意見もあり、年代や性別に限らず、それぞれの価値観を尊重できる職場が働きやすいという考えが読み取れました。

同率9位 ハラスメントがない

  • マタハラをしない環境(30代、既婚・子どもなし)
  • セクハラ、パワハラについての対策や委員会がある(40代、未婚・子どもなし)

セクハラ、マタハラ、パワハラ、モラハラなど、さまざまなハラスメントの名前があがりました。

ハラスメントがない職場が一番ですが、もしハラスメントを受けたとしても、通報や、第三者が入っての問題解決ができる職場だといいですね。

11位以下のコメントを紹介

・人があまり入れ替わらない(40代、未婚・子どもなし)
・潰れない会社(40代、既婚・子どもなし)
・部署内で、連絡事項がしっかりとできること(30代、未婚・子どもなし)
・持病や女性特有の身体の変化(生理痛など)にも寛容である職場(20代、既婚・子どもあり)

中村ゆみ
中村ゆみ氏
中村ゆみ氏からのアドバイス
働きやすい職場の特徴として「職場の人間関係や雰囲気がいい」が1位に選ばれました。

ほかにも「上司の人間性がいい」「意見を言いやすい」「差別・ハラスメントがない」など、職場内の良好な関係が、働きやすさの基準になっているとわかります。

どんなにすきな仕事でも、人間関係が悪いと働くことが苦痛になりますよね。

ですから、職場の人間関係に恵まれなかったら、転職して環境を変えるのも一案です。

ただし、自分自身の対応の仕方で、人間関係が好転することもよくあります。

人は、親切にされたり、好意的な対応をされたりすると、相手にも同じようにしてあげたくなる傾向があります。

心理学で「好意の返報性」と呼ばれているもので、ビジネスや恋愛においてよく活用されているものです。

好意的な気持ちは、態度や言葉から相手に伝わるため、相手もますます親切にしてくれる、そして自分自身もそんな同僚や上司の想いに応えたいという良い循環になります。

逆に、苦手・嫌い・話したくないと思っていればその気持ちが伝わり、相手からも嫌悪感をもたれる可能性が高くなります。

職場に苦手だな…と思う人がいても、「自分が働きやすい環境をつくるため」と割り切り、笑顔で接することからはじめてみてはいかがでしょうか。

働きやすい職場を探すなら転職エージェントや転職サイトの活用もあり

今よりも働きやすい職場を探している方は、「転職エージェント」や「転職サイト」を活用するのもひとつの選択肢です。

両者とも、「仕事内容」「福利厚生」などはあらかじめ絞って選ぶことができますし、転職エージェントであれば、「職場環境」「待遇」「休みやすさ」なども担当者を通して事前に知ることができるからです。

あなたに最適な転職エージェントや転職サイトは以下から検索できますので、ぜひご活用下さい。

転職サイト・転職エージェントを検索
年齢
性別
希望の職種
現在の年収
希望の勤務地

まとめ

「働きやすい職場」の条件として、「人間関係」を挙げた女性が圧倒的に多くなりました。

一方で「人間関係が良好なところは今はほとんどないに等しい(20代、既婚・子どもあり)」「人間関係はどこも同じ(50代、既婚・子どもあり)」と、人間関係については諦めている人も。

確かに、「人間関係」も「お給料」も「休みやすさ」もと、全ての希望を満たす職場を見つけるのは難しいですよね。

とはいえ、77%もの人が、それぞれの基準で「今の職場は働きやすい」と回答したのも事実。

「今の職場は働きにくい」と思っている人は、人間関係だけではなく、休みやすさや勤務時間、待遇、通いやすさなど、「自分にとっての譲れない条件」を見つけて、条件に合う職場を探してみるといいかもしれません。

中村ゆみ
中村ゆみ氏
中村ゆみ氏からのアドバイス
「働きやすい職場」とは、やはり人間関係がよいことに尽きると思います。

人間関係が悪くて仕事がツラい場合は、転職をするのも一案ですが、その前に、自分自身の「考え方」や「対応の仕方」で改善できないかどうか試してみるのも良い方法です。

子育て中の女性に関して言えば、「時短」や「休みが取りやすい」といった仕事を選ぶと、心身の負担が少ないぶん働きやすいと感じられるのでおすすめです。

また、「結婚・出産後も働き続けたい」という若い世代の方は、

1.働くママが多い職場
2.産休・育休制度があり、実際に利用している女性が多い職場

を選ぶと良いでしょう。

お子さんが小さいうちは、突然の発熱や園の行事などで、早退や有給取得を余儀なくされる場面も多いですが、同じ境遇の女性が多ければ「お互いさま」の気持ちでサポートしあえるからです。

また、産休・育休は単に制度があるだけでなく「取得率」や「復職率」が高いかどうかが重要です。

制度自体があっても、利用している人がいないのであれば、事実上取得しづらい職場である可能性が高いからです。

結婚・出産を理由に「働きにくくなった」「会社にいづらくなった」…とならないように、これから就職・転職をする方は、上記2つの条件を満たした職場を探すことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加