30代から未経験の仕事に転職した理由ランキング|男女205人アンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
未経験の仕事に転職したいけど、30代からでは厳しい?

と思っている人は多いと思います。

たしかに年齢が上がるほど、未経験な業界の仕事に就くハードルが高くなるのは事実です。

人件費や指導のしやすさ、上司との関係性など様々な面で、若い人を雇うほうが企業にはメリットが大きいからです。

とはいえ、30代になってから未経験の仕事に転職し、成功している人も多くいます。

そこで今回は、30代で未経験の仕事に転職した男女205人を対象にアンケート調査を実施。

転職理由や、転職してよかったかどうか、また転職のために準備したことなどについてお聞きしました。

【調査概要】

  • 調査対象:30代で未経験の仕事に転職をした人
  • 調査期間:2020年12月03日~15日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:205人(女性120人/男性82人/未回答3人)

30代から未経験の仕事に転職した理由ランキング

30代で未経験の仕事に転職した理由ランキング

30代から未経験の仕事に転職した男女205人に転職理由を聞いたところ、1位は「やりたい仕事がある(18.5%)」でした。

4位の「新しい仕事に挑戦したい(9.8%)」も合わせ、前向きな理由で転職を決意した人が多いとわかります。

一方で、「前職に不満/環境を変えたい(17.6%)」や「仕事が合わなかった(4.4%)」のように、現状を打破する目的で転職した人も。

また30代は、結婚や子育てといったライフスタイルの変化が転職のきっかけとなる人も多いようです。

1位 やりたい仕事がある

  • エンジニアの仕事に憧れていて、何とか実現させたかった(33歳 女性)
  • 新しい仕事に興味を持ち、資格を取得したので活かしたいと考えた(30歳 男性)
  • 新卒時に採用試験に受からなかったため他の仕事に就いたが、やはり夢をあきらめきれず30歳を過ぎて再度受験した(34歳 男性)

30代から未経験の仕事に転職した理由1位は、「やりたい仕事がある」でした。

「今の仕事をしているうちにやりたい仕事が見つかった」という人のほか、一度はほかの仕事に就いたものの、夢を諦めきれず転職したとの声も多く寄せられました。

資格を取る、経験を積むなど、準備が整ったタイミングで転職に踏み切った人もいました。

2位 前職に不満/環境を変えたい

  • 前職の待遇や、職場の同僚との人間関係に悩んだから(30歳 男性)
  • とにかくストレスから解消されたくて、全く経験したことない職業についた(39歳 女性)
  • 接客業の不規則なシフトや立ち仕事が体力的につらくなり、歳を重ねても続けられる仕事をしたいと思った(36歳 女性)

30代から未経験の仕事に転職した理由2位は、「前職に不満/環境を変えたい」でした。

長時間労働や人間関係など、待遇や職場環境への不満から転職を決意する人は、年齢を問わず多いです。

加えて30代になると、不規則なシフトや夜勤、立ち仕事などがつらくなり、体力的に無理のない仕事に変える人も多くなっています。

3位 ライフスタイルの変化

  • 結婚を機に平日休みの仕事から土日休みの仕事に変えたかった(32歳 女性)
  • 子どもがいても働きやすい業界や会社に勤めたいと思った(37歳 女性)
  • 親の介護のため、残業が少なく家から近い場所でできる仕事を探した結果、未経験の転職となった(34歳 男性)

30代から未経験の仕事に転職した理由3位は、「ライフスタイルの変化」でした。

30代になると、結婚や出産、配偶者の転勤、離婚、介護など、ライフスタイルの変化により転職する人も増えます。

とくに女性は、夫と生活サイクルを合わせるために勤務形態を変えたり、子育てと仕事を両立するためにフルタイムからパートタイマーに切り替えたりする人も多いようです。

あえて未経験の仕事を選んだわけではなく、働きやすい条件重視で選んだ結果、未経験の仕事になったという人が多くいました。

4位 新しい仕事に挑戦したい

  • ずっと同じ業界で働いてきたので、新しいこともやってみたいと思った(32歳 男性)
  • 今後のことを考え、なるべく若い年齢で色々な仕事を経験しておいた方がメリットが多いと思った(32歳 女性)
  • 単純に前職に飽きたから。長い人生の中で同じことばかり繰り返すのも味気ないので、新しい挑戦をしたかった(30歳 男性)

30代から未経験の仕事に転職した理由4位は、「新しい仕事に挑戦したい」でした。

  • 若いうちに色々な仕事を経験したい
  • 今の仕事はある程度やりきった
  • 今の仕事に飽きた

などの理由から、これまでとは全く違う業種や職種に飛び込んだ人も多くいました。

ただし、新しい仕事への挑戦を理由に転職を決めた人は、30代前半に多かったのが特徴です。

年齢が上がるほど、未経験の仕事への転職は難しくなるため、できるだけ若いうちにチャレンジしようと考える人も多いことが伺えます。

5位 収入アップのため

  • 給料が安くて家族が養えないと思った(36歳 男性)
  • これまでの仕事はなかなか昇給しなかったため、給与面を考え、仕方なく未経験の仕事に挑戦することにした(33歳 男性)
  • 子どもの教育費を準備するため、より高単価の仕事をする必要が生じた(36歳 女性)

30代から未経験の仕事に転職した理由5位は、「収入アップのため」でした。

「給料が少なく生活が厳しい」「昇給の見込みがなく将来が不安」といった理由から転職を決意した人が多くいました。

男性やシングルマザーのように家計を支える立場にあると、仕事をするうえで給与の優先順位は当然高くなります。

そのため、前職の給与が低い場合、給与水準が高い業界や職種にシフトする人も多いようです。

出産後に一旦仕事を離れた女性が、子どもの教育資金のために再度仕事を始めるといったケースもありました。

6位以下のコメントを紹介

  • 前職のお客様だった会社からオファーをいただき、チャレンジすることにした(39歳 女性)
  • 建設会社に勤めていたが、学生時代の先輩の紹介でハウスメーカーの営業職に転職した(37歳 男性)
  • これまでの仕事が向いていないと感じたことと、人と直接かかわる仕事に携わってみたいと思ったから(30歳 男性)
  • ずっと非正規雇用だったため、将来的に不安だった(38歳 女性)

30代では、「取引先から声をかけられた」「起業した知人に誘われた」など、引き抜きやコネクションで転職する人も多数いました。

これまでの実績や経験が買われるため、よい条件での転職になるケースが多いようです。

また、契約社員や派遣社員といった不安定な雇用形態で働くことに不安を覚え、正社員に転職する人も少なくありませんでした。

30代が未経験の仕事へ転職するのに準備したこと1位は「資格や免許の取得」

未経験の仕事のために準備したことがある?

未経験の仕事に転職するために準備したことがあるかどうか聞いたところ、49.3%(205人中101人)が「ある」と回答しました。

未経験の仕事のために準備したこと

「ある」と回答した101人にどんな準備をしたか聞いたところ、最も多かったのは「資格や免許の取得(38.6%)」でした。

次いで「独学でスキルを身につける・高める(22.8%)」「スクール・研修・職業訓練の受講(14.9%)」と続きます。

転職先で役立つ資格を取得する人が多数

転職準備として、資格や免許を取得する人は多いようです。

簿記、建築士、大型免許など目指す仕事における必須資格のほか、MOSや介護資格のように必須ではないけれどもスキルの証明になるものまでさまざま。

スムーズに転職ができるよう、また採用に有利になるよう、しっかりと準備して転職活動に望んでいる人が多いとわかります。

事務職への転職はパソコンスキルが必須

事務職に転職した人の多くは、パソコンスキルの習得をして転職活動に望んでいます。

これまでパソコンを使用しない仕事だった人のなかには、スクールやハローワークの職業訓練に通ってイチから学んだ人も。

また、ある程度のパソコンスキルがあっても、動画や学習サイトを利用して復習したりスキルを高めたりしている人が多くいました。

30代から未経験の仕事への転職後、年収は下がった人が5割以上

30代 転職して年収は上がった?

未経験の仕事への転職により、年収がどう変化したか聞いたところ、「下がった」が51.2%、「上がった」が34.6%、「変わらない」が14.2%でした。

30代から未経験の仕事に転職した人のうち、なんと半数以上は年収が下がっているという結果に。

30代から未経験の仕事への転職による収入減は想定内の人が多い

30代から未経験業界への転職により年収が下がったと答えた105人に、「年収が下がった理由はなにか」聞いたところ、1位は「前職より基本給や賞与が少ない」でした。

次いで「未経験からのスタートだから」「契約・派遣社員やパートになったから」「残業や勤務日数が減ったから」と続きます。

30代転職 年収が下がった理由

『転職して年収が減った』というとマイナスなイメージを持たれがちですが、収入減をマイナスと捉えていない人も多くいます。

なぜなら、「未経験の業界なので低賃金からのスタートになった」といった場合、経験を積むことで給料が上がる見込みがある「一時的な収入減」であるケースも多いからです。

また、

  • 忙しい業界からゆとりをもって働ける業界へ
  • 大企業から中小企業へ
  • フルタイムからパートタイマーへ

など、過重労働を避けたり、家庭生活を重視したりする目的で、給料が減ることを承知のうえで転職した人も少なくありません。

ただし、なかには想像以上に収入が減り、生活が苦しくなった人もいます。

転職先を決めるうえで給与の優先順位が低い人でも、家計の収支を把握し、どれくらいの収入減なら許容できるかは考えたうえで転職先を決めることをおすすめします。

30代から未経験の仕事に転職してよかった人は82.4%

30代 未経験の仕事に転職してよかった割合

30代で未経験の仕事に転職した205人に「転職してよかったか」聞いたところ、「よかった(40.0%)」「どちらかといえばよかった(42.4%)」が合わせて82.4%という結果に。

■転職してよかった人の口コミ

  • 夢を実現できて非常に満足している。年齢にこだわらずに挑戦して本当に良かったと思っている(34歳 男性)
  • 新しい知識や技術を身につけられた。今まで知らなかった世界が見えるようになって楽しい(33歳 女性)
  • 大変なこともあるが、新しい環境にいかなければ知らなかった自分の向き不向きや仕事の可能性に出会えた(33歳 女性)

転職してよかったという人からは、「新しいスキルを身につけられて嬉しい」「新しい世界が開けた」といったポジティブなコメントが多く寄せられました。

挑戦したい、スキルを高めたいといった前向きな気持ちで転職をした人は、総じて満足度が高いことが伺えます。

■転職して悪かった(失敗した)人の口コミ

  • 経験としてはとても良かったが、給与面から本業として長くはできないと思った(35歳 女性)
  • これまで働いていた業界よりも古い体制で働きにくかった。セクハラもいじめもあった(33歳 女性)
  • あまりにも自分の性格と合ってない職に就いてしまった(32歳 女性)

転職を失敗と感じている人のなかで最も多かったのは、「給与が思った以上に少なかった」という意見。

想定内であれば問題ないものの、生活が苦しくなるほどの収入減は後悔を生みます。

給与以外の条件を重視して仕事を探す場合でも、やはり生活していくうえで給与は重要です。

月収や時給、賞与、各種手当などトータルの収入を転職前にしっかり確認しておきましょう。

また、「想像していた仕事と違った」「仕事自体が合わなかった」という声もあります。

未経験の仕事を選ぶ際は、業界や仕事内容、勤務形態、適性なども慎重に検討することをおすすめします。

30代から未経験の仕事に転職する際におすすめの転職サイト

【リクナビNEXT】日本最大級の転職サイトだから、希望の求人がきっと見つかる

「やっぱり、ずっと憧れていた仕事に挑戦したい」と異業種への転職を希望している30代の方にオススメの転職サイトは、リクナビNEXTです。

リクナビNEXTは日本最大級の求人データベースを保有しており、求人数が豊富なのはもちろん、職種や業種も多彩。

希望の職種・業界の求人を見つけやすいので、異業種への転職を考えはじめた30代なら、まず登録しておいて損はありません。

「若いほうが有利」「20代で転職しておけばよかった」という人も多い「未経験での異業種転職」ですが、リクナビNEXTには「社会人経験10年以上歓迎」の求人が多数掲載されているので、30代でも十分に仕事探しができます。

また、レコメンド機能やスカウト機能など、転職活動をスムーズにすすめるための機能が充実しているのもメリット。

さらに「気になる」機能を使えば、書類選考なしで面接にすすめる「面接に来ませんか?」というお誘いが企業から届く可能性も。

「30代で転職できた人、できなかった人」など、30代での転職に関するコラムも充実しているので、ぜひ登録を検討してください。

リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 掲載されている業種が豊富
  • サイトの機能が充実している
  • 30代の転職に役立つコラムを掲載

リクナビNEXTの登録はこちら

【マイナビ転職】好きなモノ・コトから仕事を探せるから「業種未定」の人にオススメ

マイナビ転職は「この業界から抜け出したい」「でも、どんな業界が自分に合うのか、わからない」という人にオススメしたい転職サイトです。

マイナビ転職は「職種・業種」から求人を検索できるだけではなく、家電や自然など「興味があるモノ・コト」から仕事を探せます。

写真やメッセージの第一印象で企業を探す「feelingで探す」機能もあり、「転職したい業界」がまだはっきりと見えていない人も、「これは!」という求人を見つけられるかもしれません。

女性向けの採用情報ページでは、「女性管理職が活躍中」「育児中の社員が在籍中」「30代女性活躍中の仕事」という特集も組まれており、女性にもオススメ。

また、無料の履歴書添削サービスやWEBセミナーなど、転職活動をサポートしてくれるシステムが揃っているのもマイナビ転職のメリットです。

さらに「マイナビ転職にしか掲載されていない求人」が84%以上あるので、ぜひ、他の求人サイトと合わせて登録しておきましょう。

マイナビ転職のおすすめポイント
  • 興味があるモノ・コトから求人が探せる
  • 女性向け特設ページあり
  • 無料の履歴書添削サービスあり

マイナビ転職の登録はこちら

【日経転職版(旧日経キャリアNET)】企業研究がサクサク進む「潔くシンプルな転職サイト

転職活動中、「転職サイトを見て、業界サイトを見て、四季報を見て…企業研究や業界研究に時間がかかるなあ」と感じた30代ビジネスマンにオススメなのが、日経転職版です。

日経転職版なら、求人情報ページから「IR情報」や「プレスリリース」にアクセスできるので、企業に関する情報収集がスムーズにすすみます。

「日経電子版」など、日経グループの注目記事がチェックできるのも、ビジネスマンには嬉しいですね。

シンプルなつくりなのも日経転職版の特徴で、「転職サイトはごちゃごちゃしていて見づらい」という人にもオススメできます。

また、「希望の業種」や「ミドル層」に強い人材紹介会社やキャリアコンサルタントを検索できる機能があるので、未経験で異業種に挑戦したい人にもピッタリ。

企業やヘッドハンターからのスカウト機能もあるので、現在バリバリ働いており仕事が忙しい人も「待ち」の姿勢で利用できます。

日経電子版を通じて転職に成功すればお祝いももらえるので、ぜひ登録してくださいね。

日経転職版(旧日経キャリアNET)のおすすめポイント
  • IR情報をワンストップでチェック
  • シンプルで見やすいサイト
  • お祝い制度あり

日経転職版(旧日経キャリアNET)の登録はこちら

【はたらいく】職務経歴ではなく「人柄」で地元企業にアプローチ

はたらいく

はたらいくは「異業種企業にアピールできるスキルや資格がない」と悩んでいる30代にオススメの転職サイトです。

はたらいくはリクルートが運営している転職サイトです。

地元密着の中堅・中小企業の求人が豊富に掲載されていますよ。

「経歴・資格」ではなく「熱意・人柄」で企業にアピールできる「らいくレジュメ」が特徴で、「未経験だけど、異業種に挑戦したい」という人にピッタリです。

30代歓迎の求人も多く、はたらいくを利用して「クリーニングからタクシー業界へ」「自動車整備士からオフィス家具業界へ」「保育から飲食業界へ」など、未経験の異業種に転職した30代も多数います。

「地元密着型中小企業」の求人情報が多く、高年収の求人は少なめなので、「給料が多少下がっても、家の近くで働ける仕事に変わりたい」という人にとくにオススメ。

「経験はないけど、やる気はある」「転職直後は給料が多少下がったとしても、好きな土地でやりたい仕事をしたい」という人は、ぜひ一度サイトをチェックしてみてください。

はたらいくのおすすめポイント
  • 実績ではなく人柄をアピールできる
  • 30代歓迎の求人が充実
  • 地元密着企業の求人が多い

はたらいくの登録はこちら

【エン転職】丁寧な取材と口コミによる「リアルな情報」が特徴

エン転職

「異業種への転職だから、仕事内容や業界について、きちんと調べてから応募したい」と考えている30代におすすめなのが、エン転職です。

エン転職の特徴は、担当者が採用側の企業を丁寧取材していること。

求人情報には「仕事のやりがい」「この仕事に向いている人」といったポジティブな面だけではなく、「仕事の厳しさ」「向いていない人」などのネガティブな面もしっかり掲載されており、仕事内容の調査に役立ちます。

社員・元社員からの口コミもチェックできるので、「生の情報」に触れられますよ。

また、エン転職のサイト内には、女性向けの特設ページも開設されています。

「結婚後は土日祝休みの仕事に変わりたい」「保育園のお迎えがあるから、残業はできない」など、ライフステージにあう仕事への転職を考えている女性にとって、魅力的な条件の求人が集められていますよ。

3年連続総合満足度No.1の転職サイトなので、転職を考えはじめたら、男女問わずぜひ登録しておきましょう。

エン転職のおすすめポイント
  • 求人情報が丁寧で、情報収集に役立つ
  • 女性向け求人の特設ページあり
  • 3年連続総合満足度No.1

エン転職の登録はこちら

30代から未経験の仕事に転職する際におすすめの転職エージェント

【doda】オンラインで気軽に面談・相談ができる

「転職エージェントを利用したいけれど、忙しくて支店まで行けない」という人にオススメなのが、dodaです。

dodaのキャリアカウンセリングは「オンライン」または「電話」が基本ですし、急な困りごとや相談はLINEで連絡できます。

忙しい人や、転職エージェントの支店が近くにない人にとっては、ありがたいですね。

また、異業種転職にあたり「今までの経験を、異業種企業にどうアピールしたらいいのか」「面接が苦手」と悩んでいる人にも、dodaはオススメ。

豊富なノウハウをもとに、履歴書・職務経歴書の書き方や、面接でのアピール方法・答え方についてアドバイスがもらえます。

転職に向けてのスケジュールの立て方など、「何からはじめていいのかわからない」という人でも、各段階ごとにサポートを受けられるので安心です。

転職ノウハウコラムも豊富で、「業界・職種ごとの転職市場予測」も掲載されているので、まずはdodaのサイトにアクセスして、気になる業界の情報をチェックしてみてくださいね。

dodaのおすすめポイント
  • 転職支援実績のある業種が豊富
  • 業界未経験者の支援を得意とするアドバイザーが在籍
  • アドバイザーの対応や知識が高評価

dodaの登録はこちら

【エンエージェント】丁寧なフォローで転職のモチベーションを保てる

フォロー力に優れた転職エージェントを探しているなら、エンエージェントがオススメです。

転職エージェントの口コミを見ていると、「もっとこまめに連絡がほしかった(のになかった)」という評価が並んでいることもあります。

しかしエンエージェントに対しては「不採用が続いたとき、絶妙なタイミングで励ましや新たな求人の紹介があった」という口コミがあり、フォローが丁寧だと評判です。

30代での異業種転職は困難が多いため、丁寧なフォローで支えてくれるエンエージェントのキャリアパートナーは、心強い存在になるはず。

また、独自開発の「性格価値観診断テスト」や面談で、応募者の希望や適性をしっかり把握するので、マッチング率の高い紹介ができるのも特徴。

キャリアパートナーが応募者一人ひとりのため厳選した求人のみを提案してくれるので、「マッチング率の低い求人に目を通す労力」はかかりません。

エンエージェントを利用して30代で異業種・異職種に転職成功した事例もあり、安心して利用できる転職エージェントです。

エンエージェントのおすすめポイント
  • フォローが丁寧だと高評価
  • 厳選した求人のみを紹介
  • 30代での転職成功事例が多数

エンエージェントの登録はこちら

【MAP】転職先業種の偏りが少ない転職エージェント


「異業種への転職を目指して転職エージェントに相談したけれど、希望業界の案件が少ない」と感じた30代の方には、MAPへの登録をオススメします。

「はじめて聞く転職エージェントだな」と思った方がいるかもしれませんが、MAPは今まで3万人以上の人を転職成功に導いている転職エージェント。

「IT」「人材」「広告」「メーカー」商社など、幅広い業界への転職支援実績があるので、希望業種の案件がきっと見つかります。

MAPのメインターゲットは25~35歳で、「業界未経験者の転職支援」「未経験からのITエンジニアへの転職支援」の得意なアドバイザーが在籍しているので、「30代の異業種転職希望者」も臆することなく利用できるのが嬉しいですね。

アドバイザーの対応は、「厳選された求人を提案してくれる印象」「納得するまで説明してくれた」「知識が豊富」と高評価です。

複数の大手有名転職サイト内で、転職エージェントに与えられる賞をいくつも受賞している会社なので、安心して利用できますよ。

MAPのおすすめポイント
  • 転職支援実績のある業種が豊富
  • 業界未経験者の支援を得意とするアドバイザーが在籍
  • アドバイザーの対応や知識が高評価

MAPの登録はこちら

【リクルートエージェント】満足度99%の「面接力向上セミナー」で面接の不安を解消

「仕事が忙しく、面接対策が十分にできていない」「書類は通るのに、面接で落ちる」という異業種転職希望者にオススメなのが、リクルートエージェントです。

リクルートエージェント利用者だけが参加できる「面接力向上セミナー」は、よくある不採用理由を元に「面接官が注目するポイント」を解説するなどの内容で、参加者の満足度が99%と高い評価を得ています。

また、キャリアドバイザーからは「過去にどんな人が内定を得たか」という情報がもらえます。
面接対策に不安がある人にはピッタリですよ。

また、「エンジニア」「高収入」などの専門領域に合わせたサービスも用意されているので、当てはまる人は専門サービスを利用しましょう。

「利用したいけれど、支店が近くにない」という人なら、電話やメール、アプリでも転職活動サポートを受けることが可能。

30代の異業種転職への支援実績もあり、「異業種での通用する強みの見つけ方・伝え方」のノウハウが蓄積されている転職エージェントなので、安心して利用してください。

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • セミナーや面談で面接対策がすすむ
  • 遠隔でも利用可能
  • 異業種転職のノウハウあり

リクルートエージェントの登録はこちら

【マイナビエージェント】30代向けの非公開求人が豊富な転職エージェント

「転職サイトを見てみたけど、30代向けの求人が少ない」と感じた方には、マイナビエージェントの利用がオススメです。

マイナビエージェントなら、30代向け求人を豊富に保有しています。

実は、30代が探している「管理職やリーダークラスの求人」は、一般の転職サイトには公開されず、転職エージェントの「非公開求人」になることが多いのです。

マイナビエージェントでは求人の約80%が非公開なうえ、独占求人も多く、他社では見られない求人に出会える可能性が高いですよ。

また、書類添削や面接対策などのサポートが揃っているので、「ひとりでは面接対策がすすめられない」という悩みをもつ人にもピッタリ。

さらに、求人探しや企業との面接日程の調整をお任せできるので、働きながらの転職活動もスムーズにすすめられます。

ただ、マイナビエージェントのサイトには「30代後半での異業種・異職種への転職は厳しい」「どうしても、という場合は、年収の大幅ダウンも覚悟を」とはっきり書かれているため、利用するなら30代前半までがオススメです。

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 30代向け非公開求人を多数保有
  • 書類添削や面接対策ができる
  • 企業との連絡を代行してくれる

マイナビエージェントの登録はこちら

まとめ

30代という年齢から「未経験の仕事への転職は厳しいかも」と躊躇している人も多いかもしれません。

しかし、やりたい仕事をするために、また不満のある現場から抜け出すために、思い切って転職に踏み切った30代の方はたくさんいます。

今回のアンケートでも「30代で未経験の仕事に転職してよかった」と回答した人は82.4%と非常に高くなっています。

年齢を気にするのなら、なおさら行動は早いに越したことはありません。

転職しようかどうか迷っている人は、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加