ワーキングマザーが嫌いな家事ランキング!551人にアンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの一番嫌いな家事は何ですか?

嫌いな家事や、苦手な家事は人それぞれです。

「食器洗いが心底イヤ!」という人もいれば、「お風呂のカビ取りが本当に憂鬱…」という人も。

そこでビズヒッツは、株式会社コロプラが提供するスマートフォンユーザー向けリサーチサービス「スマートアンサー」と共同で、20代~50代のワーキングマザー551人を対象に「嫌いな家事」に関する調査を実施。

調査結果に関して、株式会社ワンストップ代行センター代表取締役の戸村 徹平氏からご考察いただきました。

調査概要

  • 調査対象:全国のワーキングマザー
  • 調査人数:551人
  • 回答者の年代:20代 24.0%/30代 26.0%/40代 26.0%/50代 24.0%
  • 調査日:2020年9月1日
  • 調査方法:インターネット調査(スマートアンサー)

嫌いな家事がある人は87.7%

嫌いな家事がある割合

まずは、仕事をもつお母さんに「嫌いな家事があるかどうか?」と質問したところ、87.7%が「ある」と回答しました。

ワーキングマザーの9割近くは、何かしらの嫌いな家事があるとわかりました。

逆に言えば、12.3%は「嫌いな家事が何もない」ということになりますね。

嫌いな家事がある割合(年代別)

年代別に見ると、若年層よりも中年層の方が「嫌いな家事がある」と回答している割合が多く、最も多い40代と20代には18%以上の差がありました。

◆戸村 徹平氏の考察
ただでさえ自身の仕事だけでも日々忙しいお母さんたちが、「嫌いな家事」「やりたくない家事」があるのは当然の結果かと思います。

今よりも時間にゆとりができて、余裕を持って家事をできるのであれば、また結果は変わってくるのかもしれません。

20代から50代へと嫌いな比率が上がっていくのも興味深いです。体力の有無と相関関係があるのかもしれませんね。

ワーキングマザーが一番嫌いな家事は「浴室掃除」

ワーキングマザーの一番嫌いな家事ランキング

嫌いな家事があると答えた483名に、最も嫌いな家事を一つだけ挙げてもらい、上位7位までをランキングにしました。

その結果、「浴室掃除(18.2%)」が最も多く、「キッチンの換気扇やコンロ掃除(15.3%)」「料理(14.9%)」が僅差で2位、3位に。

年代別 ワーキングマザーの一番嫌いな家事

年代別で見ると、40代を除いて浴室掃除が1位となりました。

一方で40代は、浴室掃除よりも料理を嫌いな人の方が約10%多く、5人に1人以上が全ての家事のなかで料理が一番嫌いと回答しています。

では、それぞれの家事について、具体的にどんなところが嫌いなのか理由を見ていきましょう。

1位 浴室掃除

  • カビ掃除が大変すぎる(23歳)
  • 排水溝などが汚い(33歳)
  • 面倒だし、汚いものを見るのが苦痛(38歳)
  • 色々物を置いてるから掃除に時間がかかる(54歳)

圧倒的に多かったのが、カビ取りや排水口の掃除が大変との意見。

掃除をしてもすぐにカビやヌメリが発生するし、「汚いので見たくない、触りたくない」という声が多く挙がりました。

ほかにも、掃除する範囲が広くて時間がかかる、中腰の姿勢が疲れる、夏は暑く冬は寒いといった意見も。

頻繁な掃除が必要で、作業時間も手間もかかり、さらに汚いとなるとダントツの1位も納得の結果です。

2位 キッチンの換気扇やコンロ掃除

  • 油がギトギトで掃除しづらいし、時間がかかる(29歳)
  • ごとくのこびりつき掃除に時間がかかる(39歳)
  • 汚れが落ちにくい。換気扇は大きいので洗うにも場所を取るし、高いところにあるから取り付けや取り外しも面倒(41歳)
  • この家に住んで13年、換気扇の掃除を一度もしたことがない。触るのもイヤ。(51歳)

換気扇やコンロは油汚れがひどく汚れが落ちないこと、また、掃除に時間がかかることが嫌いな理由となっています。

ガスコンロは、天板、五徳(ごとく)、魚焼きグリルなど部品も多く、焦げ付きや油のギトギト汚れは落ちにくいですよね。

換気扇も同じく部品が多く、さらに手も届きにくいため、なかなか気軽にはお手入れできません。

放置することで油汚れがこびりつき、ますます掃除したくなくなる悪循環になってしまうようです。

3位 料理

  • 何を作るか、どう作るか、考えることが多くてめんどくさい(34歳)
  • 手間がかかるのに食べるのは一瞬で、家族からの感謝も感じられない。死ぬまで毎日やらないといけないと思うと心底うんざりする(35歳)
  • 手抜きがしにくい。やらなくていい日が全くない(45歳)
  • 理由なし。とにかく嫌い!!(58歳)

「とにかくイヤ」「毎日苦痛」…など、苦手や嫌いのレベルをはるかに超えていると思える回答も多かった料理。

子どもがいると、「今日は面倒くさいから作るのやめとこう」というわけにもいかないのがツライですよね。

ワーキングマザーであればなおさら、仕事で疲れたあとに作る料理はしんどいのではないでしょうか。

また、料理は作るだけでなく、「献立を考える」「買い物をする」といった工程が多いことも、嫌いな人が多い理由となっています。

時間も労力もかかることを毎日、日によっては一日2回も3回も行うってすごく大変なこと。

しかし、「お母さんがご飯を作るのはあたりまえ」という考えは根強いため、苦労が報われないのも料理を嫌いと感じる理由かもしれません。

4位 トイレ掃除

  • 掃除してもすぐ汚くなるから(33歳)
  • 臭くて汚いから(22歳)
  • 汚いから触りたくない(49歳)
  • 子どものあとはいつも汚いから(37歳)

掃除自体の手間よりも、不潔な場所、汚い場所という固定観念から、拒否反応で嫌いと感じている人が多かったトイレ掃除。

清潔にしておきたいけど触りたくないのが本音のようです。

潔癖な人にとっては、苦痛さえ伴う家事と言えますね。

5位 部屋の片付け

  • ものを捨てるのが苦手で、あれこれ考えていると時間がかかってしまう(58歳)
  • 片付ける場所がない(54歳)
  • 子どもが二人いるのですぐに散らかる(33歳)

部屋の片付けが嫌いな理由としては、「片付けや整理整頓が苦手」「ものが多くて収納できない」「ものが捨てられない」という声が多く挙がりました。

ものが多いほど片付けは大変になり、広い収納スペースも必要になります。

必要なもの以外は思い切って処分し、ものをできるだけ減らすのが理想ですが、「いつか使うかも」「もったいない」「あとで後悔しないか不安」といった思いもあり、なかなか難しいようです。

また、せっかく片付けても家族がすぐに散らかしたり、子どものおもちゃが散乱したりするのでイヤという声もありました。

6位 アイロンがけ

  • 暑い、夏は地獄(49歳)
  • かけてもかけても小ジワが寄ったりして、同じところを繰り返しやらなくてはいけないのがイライラする。夏は暑いのもイライラする(30代)
  • アイロンは主人の分しかなく、自分に関係ないものなのでやる気が出ない(53歳)

「暑い」「時間がかかる」「上手にかけられない」といった理由から嫌いな人が多いアイロンがけ。

たしかに夏のアイロンがけは、熱や蒸気で汗だくなってしまい、苦行にも感じるかもしれません。

また、綿のYシャツはかけたそばからシワが戻ったり、かけているうちに変なところにシワがついたりしてキレイに仕上がらないのも嫌われる理由です。

さらに1枚かけるのに10~15分はかかるため、平日1週間のYシャツをためてしまうと、スチームサウナのような暑さのなか、1時間以上もかけ続けなければならないことに。

アイロンがけがツライ方は、形状記憶の衣類にするか、クリーニングに出すことも検討してみてください。

7位 食器洗い

  • 食べ終わったあとはゆっくりしたいのに、汚れ物を洗わなければならないのは面倒(59歳)
  • 面倒くさいので凄くイヤ(41歳)
  • 家族が多くて洗い物が多いし、冬は手が荒れる(39歳)

「食後は動くのが面倒になる」「手が荒れる」、この2つが食器洗いを嫌いな理由となっています。

お腹がいっぱいになり家族がまったりしているなか、お母さんにはもうひと仕事待っている感じがイヤですよね。

食後にのんびりテレビを見たり、横になったりしているご主人を見て、「なんで私だけ…」と思っている奥様は多いことでしょう。

また、お湯や洗剤で皮脂や角質が落ちてしまうため、冬場は手荒れに悩む方も多いようです。

料理ができないご主人やお子さんでも、食器洗いならできるはず。

家族内で「交替制」「自分の食器だけは自分で洗う」といったルールを決めるのも一つの方法です。

設置スペースがあるご家庭であれば、食洗機の購入も検討してみてください。

◆戸村 徹平氏の考察
体力が必要な浴室掃除やキッチンの換気扇やコンロ掃除がトップにランキングされましたね。

私も便利屋を経営していて、浴室掃除やキッチンの換気扇やコンロ掃除は家事代行で依頼が高い業務ですので、納得の結果です。

料理は献立の企画から、買い物、そして、調理まで作業工程が多く、他の家事に比べて時間がかかってしまうのも嫌われる理由かもしれません。

家事代行を利用したことがある人は7.3%

家事代行の利用経験

次に、家事代行や掃除代行の利用経験を聞いたところ、「ある」と答えた人は551人中40人とわずか7.3%でした。

ワーキングマザーの増加に伴い、日本では30年ほど前からサービスとしてスタートした家事代行ですが、利用している人はまだまだ少ないようです。

当アンケートにおける利用者の感想では、「自分が気づかないところまで綺麗にしてくれた」「さすがプロ」「また頼みたい」など、満足する声が多い一方で、

  • お金がかかる
  • 家に入られることに抵抗がある

といった声もありました。

また、利用経験がない人にとっては、「本来自分がすべき家事を他人にお願いすることに罪悪感や抵抗を感じる」という思いもあるかもしれません。

「家事を時給に換算したら○○円」という話題がたびたび出ますが、家事は立派な『仕事』です。

日中は会社員やパートとして働き、朝晩に家事をしているお母さんは、睡眠時間以外はすべて、何かしらの仕事をしていることになります。

共働きにも関わらず、夫から家事の協力を得られないのであれば、「家の中の仕事」である家事を外注することに罪悪感を覚える必要はないのではないでしょうか。

もっと気軽に家事代行を利用できるようになれば、「嫌いな家事でもママが我慢してしなければならない」という風潮をなくせるかもしれないですね。

◆戸村 徹平氏の考察
家事代行の利用率の低さは驚きの結果です!

日本人の男性は世界的に家事や育児に使う時間も低いようですし、ワーキングママさんたちの負担は相当高いものと想像されますね。

私達のような便利屋を含めて、家事代行を提供する会社は増えてきていますので、どんどん活用して、より充実した生活をしていただきたいですね。

欧米だけではなく、アジアでも共働き世代はハウスキーパーさんやナニーさん(母親の代わりに育児を行ってくれるプロ)を使うことは一般化していますので、日本も政府が後押ししつつ、共働き世代のサポートができるといいですね。

まとめ

嫌いな家事があっても、「家事は私の仕事だから」と我慢しているワーキングマザーは多いことでしょう。

しかし、今や15~64歳女性の就業率は70.9%。

参考:総務省 労働力調査(令和2年度)

7割の女性が仕事をしている現代において、「家事=女性の仕事」という風潮は、そろそろ本気で変えていかなければいけません。

今日からすべての家事を家族で分担することは難しくても、まずは「これだけはどうしても嫌い」という家事をお任せしてみてはいかがでしょう。

また、今は家事代行も多種多様で、便利で安いサービスがたくさんあります。

抵抗を感じる方も多いと思いますが、「百聞は一見にしかず」で、一度利用してみることをおすすめします。

嫌いな家事を工夫して克服することはもちろん素晴らしいですが、思い切って誰かに任せる選択肢もぜひ検討してみてください。

◆戸村 徹平氏の総括
平成28年の総務省統計局の「社会生活基本調査」によると、6歳未満の子供を持つ夫婦の1日あたりの平均家事時間は、男性19分、女性144分(2時間24分)と、男女間の差はかなり大きく、家庭内での女性の家事負担が相当大きいです。

それらの不平等さを日々感じていることからも、今回のアンケートのような「家事が嫌い」という結果が出てくると思います。

男性がより家事に参加をし、私たちのような家事代行会社、便利屋を使っていただき、大変な家事はアウトソースしていただくことで、よりストレスの少ない幸せな家庭になっていただきたいですね。

ママさんがハッピーであることがお子様、パパさんのハッピーにもつながると思います。

■監修者プロフィール

家事代行の利用経験

株式会社ワンストップ代行センター東京便利屋.com
便利屋代表 戸村 徹平氏

東京都心を中心に家事代行などを行う便利屋を経営。
都心部の共働き世代に人気のサービスは大掃除や家具の組み立て代行。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加