アデコへ派遣登録前に理解しておきたい特徴・強み・口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アデコは1985年に設立以降、優良派遣事業者に認定されたアデコグループの大手派遣会社です。

派遣スタッフ満足度調査においては、2年連続「再就業率第1位」選ばれています。

結論から先に言うと、契約期間を気にせずに「無期雇用型派遣」として長期的に安定して働きたい人におすすめの派遣会社です。

もちろん、短期の派遣や期間制限ある有期雇用派遣として働くこともできます。

無期雇用型派遣(別名称:常用型派遣)
無期雇用型派遣とは、アデコと無期限の雇用契約を結ぶ労働契約のことです。働き方として、アデコの派遣社員として企業へ配属されます。派遣先企業で就業を終了しても、アデコとの雇用契約は継続されています。
アデコの派遣登録はこんな人におすすめ
  • 2.5年以上継続して派遣就業している人
  • オフィス系のお仕事を中心に探している人
  • 無期雇用型派遣として働きたい人

アデコは全国に190拠点ありますが、特に東京・横浜・千葉・埼玉で派遣のお仕事を探している人にアデコの利用がおすすめです。

しかし、

  • アデコは他の派遣会社と比べてなにが優れているの?
  • 希望条件に合ったお仕事は見つかるの?ちゃんと紹介してくれるの?
  • お仕事の事や職場での相談はできるの?

など、アデコを知らない人は、「どんな派遣会社なのか?」と不安になる人も多いと思います。

この記事を読むことで、アデコの特徴と強みを理解できて、自分に合った派遣会社かどうか判断することができます。

アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

アデコの特徴

アデコの特徴を上げると以下の3点になります。

  • 4つの無期雇用型派遣がある
  • 社名公開している求人だけでなく非公開求人がある
  • 福利厚生が充実している

アデコは、「キャリアシード」、「キャリアシード・エル」、「modis」、「ハケン2.5」といった4つの無期雇用型派遣があるのが特徴です。

有期雇用派遣で通算5年の契約更新された人も、2013年4月1日に施行された「改正労働契約法」により無期雇用派遣へ切り替えて働くことが可能となりました。

しかし、アデコ独自で設けた「ハケン2.5」は3年を待たずに期間制限がない無期雇用型派遣として働くことができるのです。

アデコ独自の無期雇用制度があることから、無期雇用型派遣にチカラをいれている派遣会社だと言うことが分かります。

以下、4つの無期雇用制度のおすすめポイントについてご紹介していきます。

アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

4つの無期雇用型派遣のおすすめポイントを紹介

4つの無期雇用型派遣を希望する人は、アデコの登録をすませた後、それぞれの分野別に応募をしてください。

  • 現在の派遣業務を継続させて働きたい人⇒「ハケン2.5」
  • 事務経験者の人⇒「キャリアシード」
  • 事務未経験者の人⇒「キャリアシード・エル」
  • IT・エンジニア派遣を希望の人またはパラレルキャリアを利用したい人⇒「modis」

アデコでは、専門的知識をもっている人向けに本来の業務以外で活動するパラレルキャリアを導入しています。パラレルキャリア許可申請書を提出すれば行うことができます。

パラレルキャリア
現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加することを指す。

【パラレルキャリアの条件】

  • 期間は1年間
  • 自身の就業時間外で活動をする事
  • 賃金の支払いは無し

ハケン2.5

ハケン2.5は、アデコ独自の基準で設けている無期雇用型派遣です。

自社他社問わず同じ職場で2.5年以上継続し、今もその職場で派遣社員として就業している人が対象です。

【ハケン2.5のおすすめポイント】

  • 今働いている就業先を継続でき現在の給与も維持できる
  • 入社当日から有給休暇10日付与される
  • 希望する就業派遣先がある方は、アデコのスタッフが営業活動をしてくれる

他の派遣会社で働いていても、選考に合格をすれば即アデコの無期雇用として働けます。

【入社までの流れ】
応募→社内選考→合格(内定)→入社

キャリアシード

キャリアシードは、事務経験者の人向けの無期雇用型派遣です。

【キャリアシードのおすすめポイント】

  • キャリアに応じて給与が上がる
  • 勤務先を継続して長期的に働きたい人
  • 今よりも更にキャリアアップさせたい人

今すでに事務職として就業中の人や、もっとスキルアップさせたい人におすすめです。スキルを習得すれば、レベルに応じて時給アップできます。いずれ派遣先の直接雇用も可能です。

応募→社内選考→面接(1~2回)→適性診断・スキルチェック→内定まで最短1週間で行えます。

キャリアシード・エル

キャリアシード・エルは、未経験から事務職を始めたい人の無期雇用型派遣です。

【キャリアシード・エルのおすすめポイント】

  • 事務のお仕事が未経験からはじめられる
  • 担当者のサポートや入社前研修が充実している
  • 月給制でしかも安心の福利厚生が充実している

入社前の研修や、採用後も定期的に担当者が訪問をしてくれるので長期的に安心して働けます。

応募→社内選考→面接(1~2回)→適性診断・スキルテスト→内定(最短2週間で内定決定)

modis

modisは、IT・エンジニア向けの無期雇用派遣です。

【modisのおすすめポイント】

  • スキルやキャリアを活かせる
  • 年2回賃金改定が行われる
  • 労働条件や待遇が良く転勤がない

エンジニア経験が短くても、実務経験があれば応募することができます。興味ある方は、書類選考通過後の最終面接は土日祝や夜に行くことができるので現在お仕事をしている人でも行けます。

【入社までの流れ】
応募→書類選考→採用説明会→面接→内定→入社(毎月1日または16日)

社名公開している求人だけでなく非公開求人がある

アデコの求人案件には、一般公開していない非公開求人があります。非公開求人を見たい場合は、アデコへ派遣登録をしてください。

派遣登録をすることで、実際に公開されている約10,000件よりも多くのお仕事求人から検索可能です。

アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

アデコの公開されている求人数

職種 求人件数(全9,831件)
オフィス系 4,971件
IT・エンジニア系 1,808件
接客・販売系 761件
製造・物流・作業系 645件
語学系 450件
テレマーケティング系 414件
金融系 266件
営業系 220件
医療系 194件
研究・開発系 102件

※2019年2月時点での求人情報ですが、年間を通して求人数に大きな変動はほぼありません。(非公開求人は含みません。)

優良企業の求人案件も、職種別に豊富にあるのも特徴です。

【アデコの優良企業】
KDDIグループ、大和証券、楽天株式会社、三菱自動車工業株式会社、日立グループ、JTBなど全59社
アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

アデコの福利厚生制度

アデコでは、以下の福利厚生が受けられます。ただし、就業中の人でないと利用ができないため「MyAdecco」より確認をしてください。

福利厚生制度 内容
社会保険 就業条件に応じて健康保険・年金・雇用保険へ加入
年次有給休暇制度 派遣先での就業開始から6ヶ月継続勤務付与。
※有給の付与日数は、勤務時間や契約出勤日数に応じて異なります。
健康診断 毎年1回、定期健康診断を無料で実地
※週の労働時間が30時間以上の方
育児支援サービス 提携の保育施設やベビーシッターの利用料が割引きになる
スタッフ専用相談窓口
(WEB24時間受付)
就業中のパワハラや人間関係のトラブル、労働契約についてWEBまたは専用電話へ相談ができる
福利厚生サービス 旅行、スポーツクラブ、レジャー施設などの割引き
安否確認サービス(セコム) 自然災害時などにアデコへ安否を連絡できるサービス

アデコの福利厚生制度の特徴として、「スタッフ専用相談窓口」があり就業中のトラブルや労働契約の相談がいつでもできるようになっています。

過去にセクハラやパワハラをはじめとする、社内の人間関係トラブルに悩まされた経験がある人におすすめの福利厚生制度と言えますね。

アデコの強み

アデコの強みは、以下の5つになります。

  • 労働契約に関する専用相談窓口がある
  • 専任担当者によるコーチング体制(キャリアコーチ体制)が整っている
  • オフィス系のお仕事が半数を占める
  • スキルアップ支援が充実している
  • 他の派遣会社よりも無期雇用型派遣が豊富にある
アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

労働契約に関する専用相談窓口がある

アデコでは、労働契約に対してトラブルや契約について分からない事があれば専用の相談窓口へ相談ができます。(相談は、MyAdeccoより24時間受け付けています。)

例えば、「契約にない業務をさせられている」「お昼の休憩時間に電話の応対をさせられている」「労働契約を勝手に変更された」など。

つまり、労働基準法に違反している企業側の行為をアデコは厳しくチェックしています。もちろんアデコ側に、法令違反している行為も受け付けています。

このことから、アデコでのお仕事は安心して働くことができブラック企業で働くと言った事は一切ないと言えます。

労働基準法
労働基準法は、労使が合意の上で締結した労働契約であっても、労働基準法に定める最低基準に満たない部分があれば、その部分については労働基準法に定める最低基準に自動的に置き換える(強行法規性、第13条)として民事上の効力を定めているほか、一部の訓示規定を除く殆ど全ての義務規定についてその違反者に対する罰則を定めて刑法としての側面も持ち、また法人に対する両罰規定を定めている(第13章)。

専任担当者によるコーチング体制(キャリアコーチ体制)が整っている

アデコでは、専任担当者が派遣社員ひとりずつサポート、お仕事をサポートしてくれるコーチング(キャリアコーチ体制)体制が整っているのが強みです。

キャリアコーチ体制とは、派遣社員ひとりずつに対して、専任担当者がコミュニケーションをとりながら長期的にキャリアプランのサポートを行っていくことを目的とした制度です。

たとえば、お仕事を探しているタイミングでは、あなたの希望条件を聞きとり就業先企業をスピーディにマッチングしてくれます。

スピーディな対応を取れる理由としては、担当者が企業からの求人情報を全て把握しているためですね。

さらに、担当者がサポートしてくれるのは仕事探しのときだけではありません。その後、無事に派遣先が決まってからもサポートをしてくれます。

担当者は、派遣先へ定期的に訪問に来てくれるので悩みや困ったことがあればどんな些細なことでも相談に乗ってくれます。

  • 仕事がなかなか覚えられない
  • 職場の人たちとのコミュニケーションが上手くいかない
  • 業務が苦痛でこの仕事が合っていない気がする

職場で悩みが出たら遠慮や我慢をせず、キャリアコーチへ相談していきましょう。

キャリアコーチ体制は、現時点(2019.5月)で東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県で実施されています。徐々に地方へ体制を整えている最中なので、気になる人はアデコへ問い合わせてみてくださいね。

アデコの公式サイトなら24時間お問い合わせ可能です⇒ http://www.adecco.co.jp/

オフィス系のお仕事が半数を占める

アデコの求人案件を見てみると半数が、オフィス系のお仕事です。

そのため、一般事務や営業事務など未経験から始められるお仕事から、英文事務・貿易事務・経理事務などスキルを必要とする専門職まで幅広くライフスタイルに合わせて探せるのが強みです。

特に関東エリアと近畿エリアでの求人数が多いので、時給1,400円~1,600円以上・未経験OK・紹介予定派遣など条件を絞ってもお仕事が探しやすくなっています。

よって、関東エリアまたは近畿エリアで事務のお仕事探しにアデコはおすすめです。

●関東エリア
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

●近畿エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

アデコのキャリアサポート(スキルアップ支援)

アデコのキャリアサポートでは、派遣登録をしている人すべての人が自身のスキルを高めるために利用できるスキルアップ支援です。

オフィス系のお仕事が豊富にあることから、就業中の人を含め初めて事務のお仕事に就く人を中心にスキルアップできるのが特徴です。

教育訓練は、対象者の人は必ず受講しなくてはいけないものとなりますが自宅のPCやスマホから受講ができ、しかも受講した時間は時給が付くので是非受けておきましょう。

さらにスキルを高めたい人は、OAレッスンのWinスクール講座がおすすめです。

費用はかかりますが、基礎から高度な技術まで少人数制で講師から直接指導が受けられます。仕事帰りや自身の予定に合わせて通えるスクールです。

申込は「MyAdecco」より行いますが、無料と有料の講座があるので確認してから申し込みをして下さいね。

どの講座を受講してスキルを高めればよいか分からない人は、MyAdeccoにある「キャリア・コンサルティング」へ相談をしてください。

講座名 受講内容
キャリアデザインセミナー 今後の働き方や自分の強みが分からない、自分らしい働き方などをテーマに開催されているセミナー
教育訓練計画 初めて派遣として就業する方や、継続就業が見込まれる方への教育訓練(無料)
OAレッスン WinスクールのOA講座(MicrosoftOffice系の講、Webデザイン、CAD、プログラミング、ネットワークなど)が特別価格にて受講ができる
英語講座 ビジネスで活かせる英会話講座
ビジネスマナー講座 電話対応、言葉使い、ビジネス文書の基本が学べる講座
貿易講座 未経験者から経験者までが学べる貿易事務の講座
提携スクール OA・OT系、語学系、資格・ビジネス系が割引価格にて受講できる
留学 入学前から帰国後までトータル的にナビゲーションしてくれる留学制度

他の派遣会社よりも無期雇用型派遣が豊富にある

アデコと「優良派遣事業者」の認定を受けている、他社大手派遣会社の無期雇用派遣を比較表にしてみました。

他の派遣会社で取り扱いがある無期雇用型派遣の比較表

派遣会社名 取扱件数 サービス名 月給制 賞与/年 昇給制度 その他手当
アデコ 4
  • キャリアシード
  • キャリアシード・エル
  • ハケン2.5
  • modis
1回 キャリアに応じて有 地域手当+業績手当
パーソルテンプスタッフ 1 ファンタブル 2回 × ×
リクルートスタッフィング 1 キャリアウィンク 2回 × ×
スタッフサービス オー人事net 1 ミラエール 1回 年1回 地域手当+就業先貢献手当
マンパワーグループ 1 M-Shine(エム シャイン) 1回 年1回 地域手当

筆者としては、若年層の人が事務未経験から始めたいのであればどの派遣会社でもいいと思います。

しかし、30歳後半から無期雇用派遣を考えるのであれば、ハケン2.5がある「アデコ」をおすすめします。

なぜなら、職種や年齢に関係なく雇用の受け入れをして貰えるので今よりも条件が良くなることがあるからです。

アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

アデコの弱み

  • 軽作業や製造系のお仕事が少ない
  • 交通費がでない

アデコは、オフィスワークが多いことから女性をターゲットにした仕事案件が多いため現場作業となる軽作業・製造系のお仕事が少ないです。

そのため軽作業・製造系のお仕事探しには、求人案件が豊富にある「働くナビ(スタッフサービスグループ)」と「ランスタッド」がおすすめです。

あと、交通費も出ないので就業先は通勤費がかからない範囲内でさがすか、無期雇用型派遣を利用すると交通費がでます。

※参考
スタッフサービスグループの派遣登録はどうなの?特徴・強み・弱みまとめ
ランスタッドの派遣登録

アデコに登録をした人の口コミ評価

アデコに対しての口コミをみてみましょう。今回、実際にアデコに登録をしている人達50人にアンケート調査を行いました。

理由としては、登録をしている人でないと分からない本音トークが聞けるからです。

アデコに関する口コミの中でも多く言及されていたのは「派遣会社としての対応」と「時給について」のふたつとなります。

各口コミの内容を観ながらアデコの評価を客観的にチェックしてみました。

派遣会社としての対応に関する口コミ評価

27歳/女性
実際に働いて見て困った事や悩みがあった時は、担当者の人がしっかりと話を聞いてくれたので信頼してお仕事ができました。

アデコは一流の派遣だし、プロフェッショナルだと思います。スキルをあげて頑張っていきたいと思える派遣会社です。

40歳/男性
お仕事のエントリーをしても、結果の報告がありません。

担当者からの電話もなくメールもなかったのでお仕事の紹介がほとんどなくとても残念でした。もっと、担当者の人と直接コンタクトが取れたらいいですね。

30歳/女性
アデコでは希望条件に合う大手企業の希望職種を紹介してもらい2年ほど仕事をしました。またその後も3ヶ月の短期の案件などでもお世話になりました。

アデコでの登録会は、スキルチェックが終わるとすぐに何件かマッチングする仕事案件を紹介してもらえるのでその情報量と対応の早さには驚きました。

専用の求人情報サイト(MyAdecco)が使いやすく、希望の仕事が見つかればすぐにリクエストが送れエントリーできるシステムも使いやすくよかったです。

福利厚生面や有給休暇の取得制度なども問題なく利用できたので、非常に利用しやすい派遣会社だと思いました。

アデコの口コミには、好評価な意見が多いです。特に、担当者が親切と言った口コミが多くあります。

しかし、中には担当者に対して不満を持っている人もいて、専任担当者ごとに当たり外れがあるようですね。

あなたがイマイチと感じた担当者が専属になってしまった場合は、担当者の変更を登録した支店に伝え変更してもらいましょう。

アデコをより便利に利用するには、アデコへ派遣登録をし「MyAdecco」を活用してください。お仕事エントリーも簡単にできるようになり、登録した人でないと利用できない福利厚生がうけられます。

時給に関する口コミ評価

32歳/女性
一般事務のお仕事で働いていました。同じ部署内に他の派遣会社から来ている人がいましたが、アデコから派遣されている私の方が時給が良かったです。30円の違いですが、1ヶ月にしたら5,000円程違ってきます。

時給が良いと好評な口コミに対し、

35歳/女性
外資系案件が多く時給が高めです。派遣先は、中小から大手企業まで外資企業の案件が非常に多いですがその分求められるスキルも高くTOEIC750以上の資格が必要でした。英語などのスキルがあって、それを活かせる人はいいですが一般事務だと平均時給なので派遣として働くには物足りない時給に感じました。

と一般的な時給または安いと不満を感じた口コミもあります。

実際お仕事探しをしていると、同じ職種でも仕事内容や条件の違いから時給の良い所と悪い所が出てきます。

待遇も条件も同じで時給が高い企業を探したいのであれば、他の派遣会社への登録をおすすめします。派遣会社では同じ案件のお仕事を持っている事が多いので、時給を比較してみて良い条件の方へエントリーしてください。

※参考
マンパワーの派遣登録
リクルートスタッフィングの派遣登録

アデコの派遣登録からお仕事紹介までの流れ

アデコの派遣登録は、WEB登録のみです。インターネット環境が無く、WEB登録ができない人は電話で登録を済ませてください。

18歳以上の方なら(高校生は除く)どなたでも登録ができ、アデコに来社する必要はありません。

ただし、お仕事が決まった場合や希望条件によっては来社することもあります。

WEBへ入力する時のポイント

ご自身が入力したデータを元に、お仕事紹介があるので職務経歴など希望条件は細かく入力しておく事がポイントです。

登録からお仕事紹介までの流れ
1.3分で完了 登録を開始するをクリック
★名前・アドレスなどの個人情報を入力し送信します。

2.スタッフ登録完了
★MyAdeccoへ希望条件などできるだけ詳しい内容を入れて登録をすませる。詳しく情報を入れておく方がお仕事の幅が広がります。

3.仕事紹介
★担当者からEメールや電話にてお仕事紹介の連絡があります。

MyAdeccoへのログイン方法

MyAdeccoへのログイン方法は、スタッフNo.(申し込みID)と初期パスワードを入力しログインします。

入力するスタッフNo.(申し込みID)と初期パスワードは、アデコに派遣登録をした際に自動で発行されているので受信したメール内で確認をしましょう。

最初にMyAdeccoへログインをすると、初期パスワードの変更が求められます。大切な個人情報が入力されている為必ずパスワードを変更してください。(次回からは、自身が設定したパスワードでログインします。)

注意
  • 初期パスワードの変更は、登録をしてから14日以内で行ってください
  • スタッフNo.またはパスワードは、連続5回誤って入力をするとログインできなくなるので注意。
  • ※ログインできなくなった場合は、下記画面上にある「スタッフNo.(申し込みID)/パスワードを忘れた方 」へ問い合わせてください。

【MyAdeccoで出来る事】

  • 非公開求人がみられる
  • お仕事のエントリーや紹介を受ける
  • 登録情報の変更
  • 給与明細、有給などお仕事に関する内容の確認
  • 社会保険など福利厚生の案内
  • キャリアアップ支援の利用や案内

アデコはこちら → https://www.adecco.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。「アデコ」の特徴と強みについてみてきました。

アデコの派遣登録は、専任の担当者によるサポートがあるため安心してお仕事探しができる派遣会社です。

期限を気にせずに長期的に働ける、アデコの無期雇用型派遣の働き方も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

アデコの派遣登録はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣会社を探す

地域
職種
 
 
 
特長