派遣会社の求人は複数エントリー(応募)してもOK?エントリー後の流れと効率的な進め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣のお仕事探し中に気になる求人がいくつか見つかり、「どれに応募しよう」と迷った経験はありませんか?

結論から言うと、気になる求人がいくつかあった場合、同時に2社~3社と複数エントリー(応募)してもOKです。

下のグラフは、当社が全国の派遣社員100名に行ったアンケート結果です。

派遣のエントリー数

半数以上の人が「同時期に2つ以上の案件にエントリーした」と回答しています。

また、具体的に何件エントリーしたか聞いてみると…

派遣エントリーの数

2~3件の人が多いですが、なかには、5件以上同時にエントリーした人もいました。

この結果からも、複数エントリーは決して特別なことではないとわかりますね。

ただし、複数エントリーには注意点もあります。

そこで当記事では、エントリーの流れや複数エントリーの注意点、エントリー後のキャンセル方法について詳しく解説していきます。

読めば複数エントリーのルールがわかり、効率よくお仕事探しができるようになりますよ。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

派遣求人は「複数エントリー」も「同時エントリー」もOK

派遣求人へ複数エントリーする場合、以下どちらのパターンでも可能です。

  • ひとつの派遣会社で複数の求人にエントリーする
  • 複数の派遣会社の求人に同時エントリーする

理由は2つあります。

「エントリー=採用」ではない

エントリーはあくまでも「求人に対する応募」であり、エントリーしたからといって、必ず採用されるわけではありません。

人気の求人案件は応募者も多く、むしろ採用されない可能性の方が高いためです。

求人の掛け持ちをすることに罪悪感をもつ人もいるかもしれませんが、新卒の就職活動でも、ほとんどの人が複数の会社を受けますよね。

派遣のエントリーも考え方は同じで、希望に合う求人があったらいくつエントリーしてもOK。

その中から採用された会社で働けば良いのです。

エントリー結果が出るまでには時間がかかる

2つ目の理由は、エントリーをしてから結果連絡がくるまでに時間がかかるケースがあるためです。

下記は、派遣社員100名に行った「エントリーの結果がいつきたか?」についてのアンケート調査です。

派遣のエントリー結果の連絡
当日または翌日にきた人が100名中48名でしたが、半数以上の人は返事がくるまでに2日以上かかったと回答しています。

なかには、1週間以上連絡がこなかった人もいました。

一週間待って結果がNGだった場合、待っていた時間が無駄になってしまいます。

もしかしたら、この期間に他に良い求人が出ていた可能性もありますよね。

そのため、派遣の仕事を探している最中は常にアンテナを張り、よい求人を見つけたらすぐにエントリーすることをおすすめします。

結果的にエントリーが同時期で重なったとしても問題ありません。

複数エントリーする際の注意点3つ

複数エントリーすること自体に何も問題はなく、むしろ効率的に就業活動をするためには積極的に行った方が良いくらいです。

ただし、注意点が3つあります。

1.本当に働きたい仕事に絞る

エントリーは、本当に働きたい仕事に絞ることが鉄則です。

片っ端からエントリーし、社内選考や顔合わせまで進んだあとに、「やっぱりこの条件だと無理です」となると、派遣会社にも企業にも無駄な時間と手間をかけさせてしまうからです。

また、譲れない条件があったにも関わらず、断りづらくなって就業してしまえば、「仕事が辛い」「通勤が苦痛」「交通費がかさむ」といったことにもなりかねません。

エントリーする際は、仕事内容はもちろんのこと、その他の条件も細かくチェックし、本当に働きたいと思える仕事に絞ってエントリーしましょう。

エントリー時にチェックしたいポイント

  • 仕事内容
  • 時給
  • 通いやすさ(最寄り駅・電車の路線・駅チカなど)
  • 交通費がどれくらいかかるか(派遣は交通費が出ないケースがほとんど)
  • 残業の有無(残業が多い会社も、逆に残業NGの会社もある)

2.スケジュール管理を行う

複数エントリーする際は、手帳やスマホのスケジュール機能を利用して、エントリーした求人のスケジュール管理をしっかり行いましょう。

自分が応募した求人をきちんと把握しておけば、派遣会社から「先日ご応募頂いた案件の件ですが…」と連絡をもらっても、「え~と、どの案件でしたっけ?」といった失礼な対応にならずにすみます。

スケジュールには、

  1. どこの派遣会社
  2. 何の案件に
  3. いつ応募したか

を記入しておきましょう。

3.顔合わせまで同時進行するのは避ける

複数エントリーはOKですが、派遣先企業との顔合わせまで他案件と同時進行することはおすすめできません。

「顔合わせ」は実質面接の意味合いがあり、顔合わせまで進んだあとに辞退されると、派遣会社にも派遣先企業にも迷惑がかかるためです。

派遣会社は、たくさんの派遣スタッフの中からあなたを選んで派遣先企業に紹介していますし、企業もあなたを受け入れるつもりで顔合わせを行っています。(※顔合わせの結果、採用に至らないケースもあります)

そのため、顔合わせ後に辞退されると、派遣会社は代わりの人を探して顔合わせの段取りを組み直す必要があります。

また、派遣スタッフを雇いたい企業は、

  • 急に辞めた人の穴埋め
  • 産休や育休をとる社員の代替
  • 新規事業やプロジェクト立ち上げに伴う増員

といった理由で採用を急いでいるケースも多いため、採用が遅れると業務に支障が出てしまいます。

顔合わせが決まった後にも関わらず、辞退するような派遣スタッフを紹介した派遣会社のメンツも丸つぶれというわけですね。

上記の理由から、顔合わせの同時進行は各方面に多大なる迷惑をかけるためおすすめできません。

万が一、顔合わせ時期が重なりどちらも採用された場合は、一刻も早くどの企業を選ぶか決め、派遣会社に連絡しましょう。

合わせて読みたい

派遣会社でのお仕事エントリー(応募)の流れ

それでは、お仕事エントリーの流れを見ていきましょう。

登録済みの派遣会社でのお仕事エントリー方法

  1. エントリー(応募)派遣会社のウェブサイトから希望条件に合った求人を探し、気に入った案件があったらエントリーボタンを押すのが一般的です。この後、派遣会社によっては「エントリー受付」のメールや電話がくる場合もあります。
  2. 社内選考応募者のスキルや条件が企業の希望とマッチするかどうかを派遣会社が精査します。応募者多数の場合は、よりマッチ度の高い人を選びます。
  3. 結果の連絡がくるエントリー当日から1週間くらいの間に、社内選考の結果連絡がきます。

社内選考に通った場合

社内選考を通過したら、次は派遣先企業との顔合わせを行います。

顔合わせで採用が決まったら、派遣会社と雇用契約を結んで就業開始となります。

合わせて読みたい

社内選考に落ちた場合

社内選考に落ちると、派遣会社から「残念ながら今回は…」といった連絡がきます。

選考に落ちる理由は、「スキル不足」「自分よりもスキルの高い人がいた」「企業が求める条件と合わなかった」などさまざまですが、派遣会社から詳しい理由を説明されることはありません。

ただ、社内選考で落ちるケースは珍しいことではないので、あまり気にせず次の案件に応募しましょう。

派遣サイトで見つけた案件へのお仕事エントリー方法

特定の派遣会社への登録をしていない人で、派遣サイトでたまたま見つけた案件に応募したい場合もあるでしょう。

※派遣サイト:いろいろな派遣会社の求人をまとめて扱うサイト

その場合でも、案件への応募や、仕事を紹介してもらう際には、その案件を取り扱う派遣会社への登録が必要となります。(応募のみであれば登録なしでできる派遣会社もあります。

派遣会社に登録した後の流れは、以下の通り、「登録済みの派遣会社での仕事エントリー方法」と同じ流れとなります。

エントリー→社内選考→結果待ち

派遣のお仕事エントリーは電話がおすすめ

検索ページからエントリーするのが主流ですが、「絶対にこの案件で働きたい」「できるだけ早く働きたい」という場合は、電話でのお仕事エントリーがおすすめです。

派遣会社は、できる限り早く派遣先企業に人材を紹介したいとの考えから、エントリーは早いもの勝ちのケースが多いため、あなたがウェブエントリーをして返信を待っている間に他の人に決まってしまう可能性があるからです。

また、派遣会社には絶えず新しい案件が入るため、お目当ての案件が他の人に決まってしまったとしても、他の案件や、タイミングによってはサイト掲載前の案件を紹介してもらえることもあります。

絶対に働きたい求人を見つけた人や、すぐに働きたい人は、ぜひ電話エントリーをしてみてください。

ひとことアドバイス

電話をする際は、希望の求人番号(案件番号)のほか、メモ帳やペン、自分のスケジュールが確認できるものを手元に用意しておきましょう。

エントリー結果が遅い場合は自分から連絡する

エントリー結果がなかなかこない場合は、自分から「先日エントリーした求人の件はどうなりましたか?」と派遣会社に連絡して聞きましょう。

社内選考に時間がかかっている場合がほとんどですが、まれに

  • メールで結果を通知したけど「迷惑メールボックス」に入っていた
  • 派遣会社が連絡を忘れた

といったケースもあるためです。

派遣社員100名に行ったアンケートでは、100名中78名が「エントリー3日後までに派遣会社から連絡がきた」と回答しています。

  • 当日:11人
  • 翌日:37人
  • 2日後:10人
  • 3日後:20人
  • 4~5日後:7人
  • 1週間後:15人

3日経っても連絡がない場合は、念のため自分から連絡を入れましょう。

連絡する際は、自分の登録番号と求人番号(お仕事番号)を伝えるとスムーズです。

求人番号は、案件の上部に書かれているケースが多いです。

エントリー後のキャンセル方法

エントリー後に応募を取り消したい場合は、派遣会社に電話連絡を入れることでキャンセルができます。

ただし、キャンセルが問題なくできるのは、社内選考を通過する前まで。

社内選考を通過して顔合わせの日時が決まってからのキャンセルは、派遣会社にも派遣先企業にも迷惑がかかるため、できる限り避けたいものです。

では、顔合わせの日時が決まったあとにキャンセルをしたい場合はどうすれば良いのでしょうか。

「他の仕事で話が進んだ」と正直に伝える

「他の仕事で社内選考を通過したので、この求人案件はキャンセルしたい」と正直に伝えるのが一番です。

「複数エントリーをした結果、同時期に2つの社内選考を通過したので一方をキャンセルしたい」というケースは、派遣会社としてはよくあること。

顔合わせ日時まで決まった後のキャンセルはできる限り避けたい状況ですが、まわりくどい言い訳ではなく、ハッキリ言ってもらった方が派遣会社も納得できます。

ただし、顔合わせまで進めてもらったことに感謝し、丁寧にお礼を言いましょう。

辞退の意思は一刻も早く伝える

言いにくいことは後回しにしてしまいがちですが、辞退の意思は一刻も早く伝えましょう。

早く言ってもらった方が、派遣会社も次の人を探す段取りをすぐに組めるからです。

担当者に電話がつながらない場合は伝言をお願いしたうえでメールを送り、できるだけ早く辞退の意思が担当者に伝わるようにしてください。

複数エントリーしていることを事前に伝える

派遣会社の担当者に、複数エントリーをしていること、他社でも並行して応募していることをあらかじめ伝えておくのもおすすめです。

断ったときに「同時応募しているって言ってたもんね…」と納得してもらいやすくなるためです。

派遣エントリーのバックレは絶対ダメ

エントリーをしたままバックレたり、派遣会社からの連絡をスルーして他社の手続きを進めることは絶対にやめましょう。

派遣会社からの信頼を失い、仕事の紹介を今後してもらえなくなってしまいます。

社内選考に通過した場合、派遣会社はあなたを選ぶために他の人を断っています。

すでに派遣先企業との顔合わせに向けて話が進んでいる場合は、バックレやドタキャンをされると、あなたを紹介した派遣会社の立場もなくなってしまいます。

キャンセルをするなら1分でも早く連絡してください。無断キャンセルは絶対にやめましょう。

まとめ

効率よく就業活動をするために、複数エントリーはおすすめの方法です。

条件の良い求人には募集が集中することからライバルも多く、一件一件結果を待って次のエントリーをしていては採用までに時間がかかってしまうからです。

ただし、同時進行しても良いのは「エントリー」の時点まで。

顔合わせまで掛け持ちしてしまうと、派遣会社や派遣先企業に迷惑がかかってしまいます。

ぜひルールを守って、効率よく就業活動を進めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加