エン転職の評判とメリット・デメリットを徹底調査

エン転職は、求人サイトや人材紹介などのサービスを提供する「エン・ジャパン」が運営する総合転職支援サービスです。

エン転職を利用して転職活動を検討している人のなかには、サービス内容や評判が気になる人も多いのではないでしょうか。

当メディアでは、実際にエン転職を利用した人の評判にあわせて、客観的な視点からメリット・デメリットを徹底調査してみました。

この記事を読み終わるころには、エン転職へ登録するかどうか迷わなくなっているでしょう。

エン転職の「良い評判」と「悪い評判」

エン転職を利用したことのある80人に、「エン転職を利用して良かった点と悪かった点」についてアンケート調査を実施し、口コミを集計しました。

その結果をもとに、エン転職の「良い評判」と「悪い評判」を紹介していきます。

エン転職の良い評判

まずは、エン転職の良い評判を紹介します。

求人数が多く幅広い(26人)

エン転職の良い評判で1番多かったのは、80人中26人が回答した「求人数が多く幅広い」です。

大手転職サイトに比べて求人数の少ないエン転職。

しかし、実際にエン転職を利用した約3割の人は、求人数の多さを実感している結果となりました。

また、求人数の多さにプラスして、「業種や職種の幅が広い」「大手企業から中小企業まで求人が揃っている」という求人内容の幅広さを評価する声も。

さまざまな求人があり、「選択肢が豊富」「探していたマイナーな職種の求人があった」など満足度の高いコメントも多く寄せられました。

【口コミ】

  • 「多くの求人を掲載しているので、自分の希望条件から絞って選べます。」(20代 男性)
  • 「求人数が想定より多かった。」(30代 男性)
  • 「業種・職種ともに豊富で、自分に見合った求人が結構ありました。」(40代 女性)

求人の情報量が多い(19人)

エン転職の評判で2番目に多かったのは、80人中19人が回答した「求人の情報量が多い」です。

エン転職には「詳細で正直な求人情報をお届けする」というこだわりがあるため、求職者が納得の転職をできるよう、たくさんの情報が求人に盛り込まれています。

口コミでも「事前に企業の情報が把握できる」「仕事内容がわかりやすい」など、ミスマッチやブラック企業を避けられるといった声が多数集まりました。

また、職場の雰囲気がよくわかる、求人企業の動画や複数の画像掲載を評価する口コミも複数ありましたよ。

すべての求人情報に動画や画像の掲載があるわけではありませんが、求人の紹介文だけではイメージしにくい企業の雰囲気がわかりやすく、参考になりそうですね。

【口コミ】

  • 「転職サイトはたくさんありますが、その企業に実際に勤めたことのある人の口コミ情報があったのが魅力的でした。そのお陰で自分に合った企業も見つけやすく、ブラック企業に応募してしまうことも少ないと思います。」(20代 女性)
  • 「事前に企業の情報を把握できるので、ミスマッチが起きにくいと感じました。」(40代 男性)
  • 「会社の中の様子が動画で紹介されていたこともあり、面接当日に訪れた時に、一度は見たことのある風景なので必要以上に緊張せずに済んだ。」(20代 男性)

サイトが見やすく使いやすい(13人)

エン転職の評判で3番目に多かったのは、80人中13人が回答した「サイトが見やすく使いやすい」です。

さまざまな機能やコンテンツが用意されているエン転職ですが、他の転職サイトやアプリなどに比べて、見やすく使い勝手がいいという評判が集中。

「画面が見やすい」「サイトデザインが使いやすい」「ストレスなく求人検索ができる」など具体的な口コミが寄せられました。

また、登録時に『Yahoo ID』や『LINE ID』が使えるから登録しやすいといった声も。

サイトやアプリの使いやすさも、評判に影響することがわかる結果となりました。

【口コミ】

  • 「サイトが使いやすくストレスを感じない点が良かったです。」(30代 男性)
  • 「登録するのが他の求人サイトに比べて楽でした。」(30代 女性)
  • 「ほかの求人アプリよりも、一つ一つの求人が画像と一緒に表示されているので、探す側としてもとても見やすいし探しやすい。」(20代 男性)

エン転職の悪い評判を紹介します。

エン転職の悪い評判を紹介します。

求人数が少なく偏りもある(17人)

エン転職の悪い評判で1番多かったのは、80人中17人が回答した「求人数が少なく偏りもある」です。

良い評判で1番多かった「求人数が多く幅広い」とは正反対の結果になりました。

口コミで多く挙がったのは、「希望の職種の求人が少ない」「地方の求人が少ない」の声です。

取り扱っている求人の職種や勤務地自体は幅広いエン転職。

しかし、大手転職サイトに比べると求人数は少ないため、他のサービスと比較して不満を覚える人が多数いました。

また、「若い人向きの求人が多い」「募集しているのは中小企業ばかり」といった声も。

希望の求人に出会えないことが、不満につながっているようです。

【口コミ】

  • 「自分が希望する職種の求人が少なすぎました。結局登録しただけで、ほとんど使わずに終わりました。もう少し職種の幅を広げて欲しいです。」(30代 女性)
  • 「掲載されている求人の量に偏りがあるように思います。都市圏で就職先を探している人であればたくさん求人を探せるのかもしれませんが、地方の求人は少ないなと感じます。」(20代 女性)
  • 「自分にとって魅力のある求人が少なく感じました。」(30代 女性)

希望にマッチしないメルマガやスカウトメールがたくさん届く(15人)

エン転職の悪い評判で2番目に多かったのは、80人中15人が回答した「希望にマッチしないメルマガやスカウトメールがたくさん届く」です。

転職サービスに登録すると届く「お知らせメールの多さ」が、エン転職でも不評な結果に。

まったく希望に合わない求人紹介メールや、人材紹介会社からのスカウトメールが届くことにうんざりという口コミが多数寄せられました。

「配信回数を減らしてくれれば・・・」「一括既読機能があればいいと思う」など、改善点を挙げている人もいましたよ。

【口コミ】

  • 「ありがたいことなんですけど、求人紹介メールや、アドバイスのようなメールが多すぎて目を通せなかった。」(20代 女性)
  • 「毎回同じ企業からばかりスカウトが来て、うんざりすることもあった。」(40代 女性)
  • 「メールの件数が多く、鬱陶しく感じてしまった。メールが多く来ることによって焦らされた気になってしまい、気持ちが落ち着かなかったです。」(20代 女性)

求人の質が悪い(10人)

エン転職の悪い評判で3番目に多かったのは、80人中10人が回答した「求人の質が悪い」です。

「企業から直々のスカウトより、転職エージェントからのスカウトばかり」「評判のよくない企業や離職率の高い企業の求人が掲載されている」「条件のいい求人が少ない」といった、求人内容がイマイチという指摘が多数寄せられました。

求人企業を徹底取材した情報や、社員・元社員による口コミ情報をチェックできるエン転職ですが、「口コミ情報が古い」「実情と違うことが書かれている」など信憑性を疑問視する声も。

信頼性の高い情報を掲載しているものの、最新の情報ではない可能性もあるので、自分でも情報収集する必要がありそうですね。

【口コミ】

  • 「掲載会社の質が思ったより低かった。」(30代 男性)
  • 「掲載されている会社数は多いのですが、評判がよくないことで有名な企業もありました。また、どの職場も良いイメージに書かれているので職場情報に信憑性があまり感じられませんでした。」(20代 女性)
  • 「他の転職サイトと比べて給与が低いと感じる。」(40代 男性)

エン転職のメリット・デメリット

評判を見ていただきましたが、みんなの感想だけでは決めきれない、もしくはピンと来ない人もいるのではないでしょうか。

この章では、エン転職を客観的な視点から徹底調査した結果をまとめています。

結論から言うと、エン転職のメリット・デメリットは以下のとおりです。

●メリット
・取り扱っている求人の勤務地や職種が幅広い
・求人企業の情報量が豊富
・転職を成功ヘと導く機能やコンテンツの充実
・転職後も支援してくれるお得なプログラムあり
●デメリット
・大手転職サイトに比べて求人数が少ない
・ハイクラスの求人が少なく35歳以下の若手向け
・「契約社員」「アルバイト・パート」などの求人も混じっている

それぞれのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

エン転職のメリット4つ

エン転職のメリットは4つあります。

メリット1:取り扱っている求人の勤務地・職種が幅広い

エン転職のメリット1つめは、取り扱っている勤務地・職種が幅広いことです。

エン転職では東京を中心に、神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡などの主要都市に求人が集中しているものの、地方の求人も掲載されています。

地域 求人数(件)
北海道・東北 823
関東 921
東京 3,846
北陸・甲信越 594
東海 1,569
関西 2,199
中国 644
四国 398
九州・沖縄 1,168
海外 25

(調査日:2021年10月14日)

海外の求人数は少ないですが、地方にも求人があるとわかりますね。

また、職種も多様なジャンルの取り扱いがあります。

エン転職「職種別求人数」

求人数が多いのは、営業職や事務系オフィスワークの求人ですが、専門職の求人の取り扱いもあり、幅広い人が利用できます。

職種ごとの専門ページも用意されていますよ。

専門ページには求人だけでなく、職種ならではの転職体験記や職務経歴書サンプルといった役立つコンテンツもあります。

メリット2:求人企業の情報量が充実

エン転職は20年以上にわたって、「詳細で正直な求人情報をお届けする」ことを貫いてきたサービスです。

エン転職のメリット2つめは、求人企業の情報量が充実していることです。

仕事内容や条件面といった基本的な募集情報はもちろん、以下のお役立ちコンテンツも掲載されています。

  • 社員や元社員によるクチコミ情報
  • 募集企業からのメッセージ
  • エン転職「取材担当者」の取材レビュー
  • 職場や企業の雰囲気がわかる画像

とくに注目したいのが、エン転職の取材担当者が1社1社徹底取材したレビュー記事です。

「この仕事のやりがい&厳しさ」「この仕事の向き&不向き」といった、求人のいいところも悪いところも客観的な視点から解説してくれています。

仕事内容や職場のイメージも掴みやすいですし、取材担当者の顔画像と名前も掲載されているため、情報源としても信頼できます。

参考までに、求人情報に掲載されている内容リスト一覧を紹介します。

【エン転職の求人に掲載されている情報】

  • 仕事内容
  • 募集背景
  • 雇用形態
  • 勤務地・交通
  • 勤務時間
  • 給与
  • 休日休暇
  • 福利厚生・待遇
  • プロフェッショナル取材者のレビュー
  • 会社概要
  • 応募・選考について
【求人によって追加掲載されている情報】

  • 教育制度
  • 実際に働いている人の声
  • 特典
  • 配置部署
  • 入社後の流れ

求人情報のボリュームや内容については、公式サイトでぜひチェックしてみてくださいね。

メリット3:転職を成功ヘと導く機能やコンテンツの充実

エン転職のメリット3つめは、転職を成功ヘと導く機能やコンテンツが充実していることです。

以下のコンテンツを活用すれば、初めての転職でも転職活動の方法が理解でき、希望に合った求人が見つかったり、内定獲得のコツなどがわかったりと、効率的な転職活動が行えます。

【登録すると利用できる機能・コンテンツ】

  • スカウト機能
  • カレンダー機能
  • 新着JOBクリック
  • 面接サポート
【登録せずチェックできる機能・コンテンツ】

  • 転職Q&A
  • 転職ノウハウ
  • 転職体験記
  • 選択肢が豊富な求人検索機能

それぞれの機能やコンテンツについて紹介するので、ぜひ参考にして活用してくださいね。

『スカウト機能』は3種類あり

エン転職のスカウト機能は3種類あります。

  1. 企業からのスカウト
  2. 転職エージェントからのスカウト
  3. オファー
オファーは、登録条件と企業が求める条件とが合致した場合に届きます。

会員登録後、職務経歴と希望条件を登録すればスカウト機能が利用できます。

無料&匿名で利用できる上、「前給保証」や「一次面接免除」など、スカウトだけの特典も。

非公開求人もあるので、希望に合う求人やお宝求人に巡り会え可能性もありますよ。

『カレンダー機能』は面接や求人のスケジュール管理ができる

カレンダー機能では、以下の管理・確認ができます。

  • 面接可能日
  • 面接日
  • 「お気に入り求人リスト」に登録した求人の掲載終了日のお知らせ

「面接可能日」は応募先企業に公開されるので、書類通過後の面接日の設定もスムーズに行なえます。

もちろん予定に変更があれば、面接可能日を自身で変更できますし、最新の面接可能日を企業と共有できます。

ただし、決定した面接日は企業に公開されないので、転職活動の状況を企業に知られることはありません。

「お気に入り求人リスト」に登録した求人の掲載終了日も表示されるので、求人の応募し忘れなども防げますよ。

希望にマッチした新着求人が毎日メールで届く『JOBクリップ』機能

『JOBクリップ』は、会員登録すれば利用できる機能で、希望条件にマッチした求人を毎日メールで届けてくれます。

わざわざ求人検索する必要がなく、希望に合った求人がメールで届くため、効率的な求人情報のチェックが可能です。

独自の面接対策レポートとアラートが届く『面接サポート』

エン転職の『面接サポート』には2つのサービスがあります。

  • 取材担当者が独自入手した面接対策レポート
  • 面接前日のお知らせアラート

エン転職には面接の練習といったサービスはありませんが、面接を受ける企業の情報をもらえるので、事前に十分な準備をして面接に臨めます。

また、面接前日にはお知らせのアラートも届くので、うっかり面接を忘れてドタキャンなども防げますよ。

転職の不安を解決できる『転職Q&A』『転職ノウハウ』

エン転職では、転職に関する疑問についてQ&A形式で紹介しています。

また、転職活動の準備から退社や入社まで、ノウハウを教えてくれるコンテンツも。

初めて転職をする人も、『転職Q&A』『転職ノウハウ』をチェックすれば、一人で転職活動を進められますよ。

【Q&Aに掲載されている内容】

  • 登録方法
  • サイトの使い方
  • 書類作成
  • 応募
  • 面接・選考など

Q&Aで見つからなければ、「問い合わせフォーム」にて質問を受け付けていますよ。

『転職体験記』で転職成功のヒントがわかる

エン転職には、転職成功者のエピソードが多数掲載されている『転職体験記』というコンテンツがあります。

エンの取材者が詳しく話を聞いた取材記事で、非常に濃い内容となっています。

転職者の年齢や前職・現職、採用担当者の声なども公開されており、参考になること間違いなしです。

メリット4:転職後も支援してくれるお得なプログラムあり

エン転職のメリット4つめは、お得な支援プログラムがあることです。

エン転職では、転職先で活躍・定着してはじめて転職成功と考えており、入社後3年間にわたってのサポートを行うサービスを提供。

入社後の活躍を応援するサポートは以下の3つです。

  1. 活躍サポートメール
  2. エンカレッジ無料講座
  3. 入社後応援アンケート&ポイント交換ギフト

それぞれのサポート内容の詳細について紹介します。

1.節目ごとに『活躍サポートメール』が届く

転職後のサポート1つめは、節目ごとに『活躍サポートメール』が届きます。

「転職が決まってからの情報がほとんどない」という、ユーザーの声を受けて始まったサポートです。

入社前準備号では「早期活躍のポイント」をメールでレクチャー。

入社後も節目ごとに職場で活躍するための秘訣がメールで送られてきます。

ぜひチェックして、入社前や入社後の不安解消や職場での活躍に役立ててくださいね。

2.無料の研修講座『エンカレッジ』で学べる

転職後のサポート2つめは、無料の研修講座『エンカレッジ』で学べること。

エン転職を運営する「エン・ジャパン」は、企業に対する教育研修サービスも提供しています。

「エンカレッジ」には150以上の講座があり、『エン入社後活躍支援プログラム』のためにオリジナル動画講座を編集。

「転職先で活躍するための心構え」「ビジネススキルのチェック」など、転職後に学べる各種講座が展開されています。

3.定期的なアンケートに回答してギフトと交換できる

転職後のサポート3つめは、定期的なアンケートに回答してギフトと交換できること。

エン転職では、今後のサービス向上のためにアンケートで利用者の声を集めています。

回答した人にはポイントを付与。

貯まったポイントは、Amazonギフト券や高級文具などと交換できます。

『エン入社後活躍支援プログラム』専用アプリでポイント管理や交換ギフトの申込みも可能です。

転職先での活躍をサポートするわけではありませんが、ギフトと交換できるお得なサポートなので、モチベーションアップに活用できますよ。

エン転職のデメリット

エン転職のデメリットは3つあります。

デメリット1:大手転職サイトに比べて求人数が少ない

エン転職のデメリット1つめは、大手転職サイトに比べて求人数が少ないことです。

エン転職は総合型の転職サイトですが、ほかの大手転職サイトに比べると、求人数が少ないです。

以下は、エン転職と同じ総合型の転職サイト3社とエン転職の求人数をピックアップしたものとなります。

転職サイト 求人数(公開求人)
dodaエージェント 102,174件
リクナビNEXT 51,988件
マイナビ転職 14,566件
エン転職 7,110件

他の大手転職サイト3社のなかで1番求人数の少ない「マイナビ転職」の半分程度しか求人がありませんね。

求人数が少ないと、求人の選択肢の幅も狭まります。

また、エン転職の会員数は900万人超(2021年4月時点)との発表もあり、求人によっては倍率も高めとなっている可能性も否めません。

そのため、他の求職者との競争が激しくなるケースも考えられます。

デメリット2:ハイクラスの求人が少なく35歳以下の若手向け

エン転職のデメリット2つめは、ハイクラスの求人が少なく35歳以下の若手向けなことです。

公式サイトによると、35歳以下の若手会員比率が71.9%と、主要転職サイトのなかでもNo.1のエン転職。

そのため、ハイクラス向きではなく、若手をターゲットとした求人を得意としています。

実際に「募集の特徴」から求人検索してみても、ミドルやマネージャーなどの求人より、第二新卒や社会人未経験といった若手向けの求人が多いです。

  • 第二新卒歓迎 4,491件
  • 社会人未経験歓迎 2,082件
  • ミドルが活躍 1,739件
  • マネージャー採用 141件

(調査日:2021年10月15日)

さらに求人検索の「会社の特長」の項目を見てみると、「平均年齢20代」「20代の管理職登用実績あり」など、20代の若手向け選択肢が用意されていることからもわかります。

また、エン転職には1,000万円以上のハイクラス求人が343件と少なめ。(2021年10月15日現在)

リクルートのハイクラス転職サービス「リクルートダイレクトスカウト」と比較してみても、求人の総数自体違うものの、その差は断然ですね。

エン転職 リクルートダイレクトスカウト
年収1,000万円以上 343件 62,295件
年収1,500万円以上 38件 42,697件

デメリット3:「契約社員」「アルバイト・パート」などの求人も混じっている

エン転職のデメリット3つめは、「契約社員」「アルバイト・パート」などの求人も混じっていることです。

求人検索には「雇用形態」をチェックできるようになっており、「正社員」だけでなく「契約社員」や「アルバイト・パート」のチェックボックスもあります。

実際に検索してみると、全求人の約15%が正社員以外の雇用形態でした。

転職=正社員と思っている人も多いかと思いますが、「契約社員」「派遣社員」「アルバイト・パート」などの雇用形態の求人がエン転職に掲載されていることを理解して、求人をチェックしましょう。

エン転職の登録方法

最後にエン転職の登録方法について解説していきます。

エン転職の登録は、公式サイトから無料で簡単にできますよ。

登録方法から転職活動の流れまでを詳しく紹介します。

エン転職の登録から転職活動までの流れ

登録から転職活動までの流れ
1.登録
公式サイトの会員登録画面で、氏名・メールアドレス・パスワードを入力し、会員規約に同意の上「会員登録(無料)」ボタンをクリックすると登録が完了する。

2.ログイン
登録完了後、ログイン画面にて基本情報やWEB履歴書などの追加入力できる。

3.転職活動開始
求人に応募したり、WEB履歴書を匿名公開してスカウトを受けたりしながら、転職活動を開始します。

注意

エン転職に登録すると同時に、エン・ジャパンの人材紹介サービス「エン エージェント」、姉妹サイトの「ミドルの転職」「AMBI」にも会員登録されます。

エン転職のよくある質問

退会方法を知りたい
エン転職の退会方法は、Webサイトまたはアプリから簡単にできます。

【Webサイトからの退会方法】

  1. マイページにログインする。
  2. 画面上部の「各種設定」をクリックする。
  3. 「退会の手続きページへ」をクリックする。
  4. 退会理由を入力し、ページ下部の「退会する」をクリックする。

アプリを利用している人は、アプリからの退会も可能です。

【アプリからの退会方法】

  1. アプリを立ち上げログインする。
  2. 画面右上のメニューボタン(グレーの三本線)内にある「お問い合わせ」をタップし、「外部ブラウザを起動します。よろしいですか?」という表示で「はい」を選択する。
  3. 以降は上記Webサイトからの退会方法と同様に進めてください。
スカウトメールをストップしたい
スカウトメールの停止は、Webサイトまたはアプリから手続き可能です。

スカウト、オファーの設定を変更してサービスを停止します。

方法は以下のとおり。

  1. マイページにログインする。
  2. 画面上部の「スカウト」をクリックする。
  3. 「スカウト・オファーの利用状況」の「利用状況を変更する」をクリックする。
  4. 「スカウト・オファーサービスの公開設定」で、「企業からのスカウト」「転職エージェントからのスカウト」「企業からのオファー」の区分ごとに「停止中」を選択する。
  5. 「スカウト・オファーの公開状況を変更する」をクリックする。
  6. 「OK」をクリックして完了。
「スカウト」と「オファー」ってどう違うの?
「スカウト」は企業や転職エージェントから届きます。

「オファー」は、登録した希望条件と企業が求める条件とが一致した場合に求人情報の案内として届きます。

『応募・メッセージ管理画面』の応募日右側には、スカウトに応募した場合は「スカウト」、オファーの求人に応募した場合は「オファー」の表示が。

応募日の右側に何も表示されないのは、「スカウト」や「オファー」以外の求人に応募した場合です。

例えば、求人検索で見つけた求人に応募した場合は、何も表示されません。

応募や面接をキャンセルしたい
応募や面接をキャンセルすることは可能です。

キャンセルは電話やメールなどで自ら行う必要があります。

応募のキャンセルについては、求人情報の最下部にある「連絡先」に記載されているメールまたは電話番号に連絡を入れましょう。

面接のキャンセルは、準備や面接官のスケジュール調整などが進んでいる可能性もあり、好ましくありません。

ただ、やむを得ずキャンセルする場合、すぐに電話連絡して迷惑を最小限にしましょう。

どちらの理由でも、必ず謝罪の言葉を伝えてください。

連絡を入れない無断キャンセルは社会人としてマナー違反なので注意してくださいね。

応募企業から連絡がありません
応募から1週間は連絡を待ちましょう。

エン転職では、求人掲載企業の担当者へ「応募があった際は1週間以内に返事をする」よう約束をしているからですね。

また、企業によっては、応募から書類選考終了までに1週間かかる場合もあります。

ただし、「選考通過者のみに連絡を行う」といった条件を設けている場合、選考通過していなければ連絡がないケースもあります。

応募後の連絡は、以下の方法であるので、連絡がなかったかチェックしてみてください。

  • サイト内の「応募・メッセージ管理」
  • 登録メールアドレス宛のメール
  • 登録した携帯電話番号への電話連絡

1週間経ったのに連絡がない場合は、以下の方法で直接応募企業に連絡して問い合わせましょう。

  • サイト内の「応募・メッセージ管理」からメッセージを送る
  • 求人情報下部の「連絡先」に問い合わせる

それでも返答がない場合は、エン転職の「お問い合わせフォーム」に詳細を入力して送信してください。

エン転職から企業に直接確認してもらえます。

30代・40代のミドル層でも利用できますか?
30代・40代のミドル層でも利用できます。

「社会人経験10年以上歓迎」「ミドルが活躍」といった特長の求人も掲載されています。

ただし、エン転職には20代~30代前半の若手向け求人が多いため、合わないと感じる人もいるかもしれません。

管理職やマネージャーなどのハイクラス求人を希望する30代・40代なら、「エン・ジャパン」が運営する、ミドル世代をターゲットにした『ミドルの転職』をチェックしてみてください。

登録者の平均年齢は45歳で、年収1,000万円以上のハイクラス求人が多数揃っていますよ。

第二新卒やフリーターは利用できますか?
第二新卒やフリーターなど、経験が浅い人や就業経験のない人でも、エン転職の利用は可能です。

エン転職には「第二新卒歓迎」や「社会人未経験歓迎」など、第二新卒やフリーター向けの求人も掲載されています。

また、転職体験記には前職バイトから正社員として転職を成功させた人の経験談もありますよ。

エン転職がおすすめの方

いかがでしたでしょうか。

上記の結果から、エン転職は以下の人に使える転職エージェントです。

  • 自分で転職活動をしたい35歳以下の若手
  • 求人企業の詳細な情報をチェックしたい人
  • 機能やコンテンツの充実している使いやすい転職サイトを利用したい人

なぜならエン転職には『4つの特徴』があるからですね。

【エン転職4つの特徴】

  1. 20代~30代の若手向け求人に強い
  2. 取材担当者による求人企業のレポートや動画・画像の掲載あり
  3. 機能やコンテンツが充実している
  4. 転職後のサポートサービスあり

エン転職の公式サイトを見る

もし、当てはまらないという方は、他の転職エージェント・転職サイトを一括検索できる絞り込み検索機能もご用意したので、活用してみてください。

転職サイト・転職エージェントを検索
年齢
性別
希望の職種
現在の年収
希望の勤務地