パソナキャリアの評判とメリット・デメリットを徹底調査

パソナキャリアは、人材派遣で有名な「パソナ」の社内カンパニーです。

2007年に日本で初めて47都道府県に拠点とした転職支援サービスを開始しました。

パソナキャリアを利用して転職活動を検討している人のなかには、サービス内容や評判が気になる人も多いのではないでしょうか。

当メディアでは、実際にパソナキャリアを利用した人の評判にあわせて、客観的な視点からメリット・デメリットを徹底調査してみました。

この記事を読み終わるころにはパソナキャリアへ登録するかどうか迷わなくなっているでしょう。

パソナキャリアの「良い評判」と「悪い評判」

パソナキャリアを利用したことのある74人に、「パソナキャリアを利用して良かった点と悪かった点」についてアンケート調査を実施し、口コミを集計しました。

その結果をもとに、パソナキャリアの「良い評判」と「悪い評判」を紹介していきます。

パソナキャリアの良い評判

まずは、パソナキャリアの良い評判を紹介します。

オリコン顧客満足度調査」において、2019年から3年連続で第1位を獲得しているのも納得の口コミが集まりました。

コンサルタントが親身に相談にのってくれる(18人)

パソナキャリアの良い評判で多かったのは、74人中18人が回答した「コンサルタントが親身に相談にのってくれる」です。

「悩みや仕事の希望など話を丁寧に聞いてくれる」「親切に対応してくれる」といった親身な対応を評価する口コミが集中しました。

コンサルタントの親身さに、絶大な信頼を寄せる人も。

また、面談時の対応を評価する声もいくつかあり、緊張せず何でも相談しやすい雰囲気づくりもあるようです。

「いろいろ相談できたことで転職に成功した」という声も多く、コンサルタントの親身な対応は、転職成功に重要であることがわかる内容でした。

【口コミ】

  • 「担当の方がとても親身になって相談にのってくれた。他の転職サービスは転職ありきで急かすような対応だったが、パソナキャリアでは転職しないという選択肢も含めて相談にのってくれた。」(30代 男性)
  • 「コンサルタントの方に色々と相談し、アドバイスをもらえたことで、自信をもって転職に臨めました。やはり転職エージェントを選択する際には、信頼できるアドバイスがもらえる所を見つけることが大切だと実感しています。」(30代 女性)
  • 「あまりかっちりした形式の面談ではなく、フランクな面談なところがよかったです。大手のエージェントとは少し違う、目線の近いところがいいと思います。」(30代 男性)

コンサルタントのサポートやフォローが充実している(16人)

パソナキャリアの良い評判で2番目に多かったのは、74人中16人が回答した「コンサルタントのサポートやフォローが充実している」です。

コンサルタントの親身な対応に次いで多かったのが、コンサルタントのサポートやフォローが充実しているという評判です。

パソナキャリアでも、ほかの転職エージェントと同様の、以下のサポート体制があります。

  • 面接のスケジューリング
  • 面接対策
  • 面接の同行
  • 履歴書や職務経歴書など応募書類の添削など

さらに、「積極的に企業へプッシュしてくれる」「企業へのアピールポイントをアドバイスしてくれる」など、コンサルタントの熱心さを実感している人も多かったです。

また、「サポートやフォローの対応が速い」といった声もいくつかあがっていましたよ。

【口コミ】

  • 「転職活動において必ず必要となる、職務経歴書や履歴書の作成に加え、面接の対策もしていただけました。これらのサポートのおかげで安心して転職活動を続けられました。」(20代 女性)
  • 「とある企業への面接の際は、担当者が同行してくれ、直前まで面接対策や緊張緩和に努めてくれました。履歴書や職務経歴書の添削は勿論のこと、レスポンスも速かったです。」(30代 男性)
  • 「担当コンサルタントが誠実で、応募した企業に対して私のことを積極的に推してくれた点がよかったです。」(30代 男性)

求人の質が高い(14人)

パソナキャリアの良い評判で3番目に多かったのが、74人中14人が回答した「求人の質が高い」です。

パソナキャリアの求人情報は約80%が非公開。

表には出ない、サービス利用者しか知ることのできない、質の高い求人を多数保有していることがわかる結果となりました。

大手企業や優良企業はもちろん、ほかの転職エージェントでは扱いのない求人や、条件面の良い求人があるという口コミも多かったです。

人材派遣で有名なパソナが運営しているパソナキャリア。

取引社数は業界トップクラスの16,000社もあり、質の高い求人が集まりやすいのかもしれませんね。

【口コミ】

  • 「他にはない求人が多かった。」(20代 男性)
  • 「他の転職エージェントよりも良い条件の仕事を紹介してもらえた。」(20代 女性)
  • 「質の高い求人が多いのでとても満足しています。」(30代 女性)

パソナキャリアの悪い評判

パソナキャリアの悪い評判を紹介します。

希望の求人がない・紹介してもらえない(11人)

パソナキャリアの悪い評判で一番多かったのは、74人中11人が回答した「希望の求人がない・紹介してもらえない」です。

「求められるレベルが高すぎる」「自分のスキルに合わない」といった、質の高い求人が多い、パソナキャリアらしい回答が多く集まりました。

また、「求人の中身より数」「派遣の求人を紹介された」など、希望を一切無視した紹介があることも。

ほかにも「希望の業種や職種がない」「希望する地方の求人は少ない」「若者向け」など、自分に合った求人がないことに不満を抱く声もありました。

【口コミ】

  • 「自分自身のスキル・経験よりもワンランク上を求めている求人が多く、応募する側としてはハードルの高さを感じた。」(30代 男性)
  • 「案件数はそこそこ紹介して頂きましたが、『応募したい』と思える希望に合致した案件は少なかったです。」(30代 女性)
  • 「希望業種の求人が少なく使いづらかった。」(20代 男性)

サポートや対応が悪い(10人)

パソナキャリアの悪い評判で2番目に多かったのは、74人中10人が回答した「サポートや対応が悪い」です。

コンサルタントの対応やサポートに良い評判がたくさんあった一方で、サポートや対応が悪いという口コミも集まる結果に。

面倒そうな話し方や上から目線など、コンサルタントの態度の悪さを指摘する口コミや、事務的な対応で転職に結びつかないという口コミが目立ちました。

また、条件交渉を行ってくれなかったり、転職後のアフターフォローがないといった、フォロー体制に不満を抱く口コミも。

コンサルタントへの良い評判は多数あるので、担当者によって当たり外れのある可能性も考えられますね。

【口コミ】

  • 「担当の男性がとても面倒くさそうに話をしていました。話し方も冷たく、親身になって聞くよりは、バカにされている印象でした。サポートが丁寧で手厚いというコメントを目にしますが、イメージと違いすぎてがっかりです。」(30代 女性)
  • 「担当コンサルタントがマニュアル通りという対応で、特殊な職務経歴を先方企業にうまくプッシュしてもらえず、かえってマイナスになってしまった。」(30代 男性)
  • 「給与交渉をしてもらえなかったです。」(20代 女性)

求人数が少ない(9人)

パソナキャリアの悪い評判で3番目に多かったのは、74人中9人が回答した「求人数が少ない」です。

パソナキャリアのデメリットの章では、公開求人は少ないものの、「80%は非公開求人だから求人数自体少なくない」と紹介しました。

しかし、口コミでは求人数が少ないと実感している人が一定数いる結果となりました。

とくに大手転職エージェントと比較して求人数の少なさを感じている人が多く、リクルートエージェントやマイナビを挙げて比較する人も。

コンサルタントの紹介でないと求人に応募できないパソナキャリアなので、紹介求人が少ない人ほど物足りなさを感じてしまうのかもしれません。

【口コミ】

  • 「大手の転職エージェントに比べると求人件数が少なく、選択肢が限られる。」(20代 女性)
  • 「思っていた以上にアクティブな案件が少ない。」(20代 男性)
  • 「大手ほど求人数が多くないため、倍率が高いです。」(20代 女性)

パソナキャリアのメリット・デメリット

評判を見ていただきましたが、みんなの感想だけでは決めきれない、もしくはピンと来ない人もいるのではないでしょうか。

この章では、パソナキャリアを客観的な視点から徹底調査した結果をまとめています。

結論から言うと、パソナキャリアのメリット・デメリットは以下のとおりです。

●メリット
・転職支援実績は25万人以上で転職後の年収アップ率は67.1%を誇るサポート力
・全国各地の幅広い職種の求人を探せる
・職種の細かい条件設定しての求人検索ができる
・「転職セミナー」や「転職相談会」の専門性が高くて種類も豊富
・転職後も1年間無料で「eラーニング」で勉強し放題
・特化型サービスや専門コンテンツが充実している
●デメリット
・経験や希望条件によってはサービスを利用できない
・大手総合転職エージェントに比べると公開求人数が少ない
・強みを持つコンサルタントが一部の業界・職種に限られる

それぞれのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

パソナキャリアのメリット6つ

パソナキャリアのメリットは6つあります。

メリット1:転職支援実績は25万人以上で転職後の年収アップ率は67.1%を誇るサポート力

パソナキャリアのメリット2つめは、転職支援実績は25万人以上で転職後の年収アップ率は67.1%のサポート力を誇ります。

上記の実績を支えているのは、パソナキャリア独自の「認定シニアコンサルタント」制度です。

設定している基準すべてを満たしているコンサルタントは、高いレベルのサービス提供を心がけた上でサポートを行っています。

コンサルタントのスキルアップの取り組みとして、企業の採用担当者を招いた勉強会や、複数の人材紹介会社が参加するコンテストに出場するなど、コンサルティング力の向上につとめていますよ。

求職者の希望・強み・適性を把握したお仕事紹介や、親身なキャリアカウンセリングはもちろん、以下のフォローも万全です。

  • 書類添削
  • 模擬面接対策
  • 日程調整や年収交渉など

また、各業界・職種の専門知識やノウハウを持ったコンサルタントが多数在籍。

【強みのあるコンサルタントが在籍するカテゴリー】

  • IT・WEB業界
  • ものづくり業界
  • メディカル業界
  • 金融業界
  • コンサルティング業界
  • 販売・流通・サービス業界
  • 営業職
  • 管理部門
  • エグゼクティブ
  • 東海エリア
  • 関西エリア

専任アドバイザーとして、転職活動をしっかりサポートしてくれますよ。

メリット2:全国各地の幅広い職種の求人を探せる

パソナキャリアは日本全国に拠点を置く総合転職エージェントです。

パソナキャリアのメリット3つめは、全国各地の幅広い職種の求人を探せることです。

取引実績企業は16,000社以上、名だたる企業がピックアップされています。

公式サイトにも注目の求人企業として、「りそな銀行」「トヨタ自動車」「アマゾンジャパン」「村田製作所」「三菱UFJ銀行」など紹介されています。

また、全国各地に支店があるので、利用者のエリアが限定されることもありません。

パソナキャリアの支店一覧
北海道エリア 札幌支店
東北エリア 青森支店/盛岡北支店/仙台支店/秋田支店/山形支店/福島支店/郡山西支店
関東エリア 日立支店/つくば支店/水戸支店/鹿島支店/牛久支店/宇都宮支店/佐野支店/高崎支店/太田支店/さいたま支店/所沢支店/熊谷支店/川越支店/千葉中央支店/木更津支店/柏支店/成田東支店/東京・丸の内/新宿支店/立川中央支店/横浜支店/橋本支店/武蔵小杉支店/小田原支店/厚木支店
甲信越エリア 新潟支店/新潟万代支店/長野支店/松本支店/甲府支店
東海地区エリア 静岡支店/沼津東支店/浜松支店/藤枝支店/名古屋支店/豊橋支店/四日市支店/岐阜支店
北陸エリア 富山支店/金沢支店/福井中央支店
近畿エリア 草津支店/京都支店/梅田支店/難波支店/奈良支店/三宮支店/和歌山支店
中国エリア 鳥取支店/松江支店/岡山支店/広島支店/福山支店/山口支店
四国エリア 徳島支店/高松支店/松山支店/高知支店
九州エリア 福岡支店/北九州東支店/佐賀支店/長崎支店/熊本支店/大分支店/宮崎支店/鹿児島支店
沖縄エリア 那覇支店

その他、求人数は多くないものの、海外の求人もありますよ。

アメリカ・メキシコ・ベトナム・フィリピン・インドネシア・中国などがあります。

メリット3:職種の細かい条件設定しての求人検索ができる

パソナキャリア3つめのメリットは、職種の細かい条件設定しての求人検索が可能です。

たとえば営業なら「法人営業」「個人営業」「代理店営業」など、パソナキャリアではカテゴリーが細かく分類されているからできることと言えるでしょう。

【パソナキャリアが取り扱う職種の一例】

営業/管理・事務/技術職(電気・電子・機械・化学)/クリエイティブ/マーケティング・企画/コンサルタント・士業/販売員・サービススタッフ/研究・開発(メディカル)/専門職(Web・IT・ゲーム)/専門職(金融)/専門職(不動産・建設)

メリット4:「転職セミナー」や「転職相談会」の専門性が高くて種類も豊富

プロの転職コンサルタントに相談できる無料の「転職セミナー」や「転職相談会」を常時実施しています。

パソナキャリアのメリット4つめは、転職セミナーや相談会の専門性も高く、種類も多く用意されていることです。

東京・大阪・名古屋を中心に、全国を対象とした相談会も実施。

2021年9月現在、オンラインを中心に開催されています。

転職セミナー&転職相談会のスケジュールは、公式サイトの「セミナー・相談会」から確認してみてください。

業界・職種ごとのセミナーや個別相談会だけでなく、目的や悩み別、業界動向についてなど、パソナキャリアの会社規模だからこそ開催できています。

メリット5:転職後も1年間無料で「eラーニング」で勉強し放題

パソナキャリアは転職できたら終了ではありません。

パソナキャリアのメリット5つめは、転職後も1年間無料で「eラーニング」を利用し放題と、学びの環境を提供しています。

新入社員向けの基本コンテンツから、管理職や経営者向けのハイレベルなコンテンツまで充実のラインナップ。

利用できるのは、パソナキャリア経由で転職した人全員、入社確認後に発行されるIDが必要です。

800講座の動画学習コンテンツがあり、1講座平均5分~10分と、転職後で仕事の忙しい人でも取り組みやすい設定です。

復習テストコンテンツも約5600問あり、働きながらでも習熟度の高い学習ができますよ。

パソコンだけでなく、スマホ・タブレットにも対応していることから、電車の通勤時間といったスキマ時間を活かしての勉強も可能です。

ほかの転職エージェントでは見かけない、パソナキャリアならではのありがたいサービスと言えるでしょう。

メリット6:特化型サービスや専門コンテンツが充実している

パソナキャリアのメリット6つめは、特化型サービスや専門コンテンツが充実していることです。

パソナキャリアでは、以下の特化型サービスの利用が可能です。

ほかにも、パソナキャリアには以下の専門コンテンツや機能があります。

  • 求人公開企業社名検索
  • スカウトサービス
  • 「職務経歴書の書き方見本」&「フォーマットテンプレートダウンロード」
  • 年収診断・年収査定シミュレーション
  • お悩み相談室
  • 適性適職診断PAT
  • アプリ『転職ナビ』

上記のサービスやコンテンツを活用することで、転職活動のヒントを得たり、効率よく転職活動を進められますよ。

パソナキャリアのデメリット3つ

パソナキャリアのデメリットは3つあります。

デメリット1:経験や希望条件によってはサービスを利用できない

パソナキャリアのデメリット1つめは、経験や希望条件によってはサービスを利用できないことです。

パソナキャリアの公式サイト「よくあるご質問・お問い合わせ」にも記載されているとおり、経験や希望条件などによっては、キャリアカウンセリングや求人紹介が難しいからですね。

もちろん登録は誰でもできます。

しかし、登録だけでは非公開求人や転職に関する情報も得られませんし、気になる求人があっても、パソナキャリアからの紹介がないため応募もできません。

デメリット2:大手総合転職エージェントに比べると公開求人数が少ない

パソナキャリアのデメリット2つめは、大手総合転職エージェントに比べると公開求人数が少ないことです。

パソナキャリアは全国各地の多種多様な職種・業界の求人を扱う大手総合転職エージェントのひとつ。

しかし、公開求人数に関しては、ほかの大手転職エージェントと比較すると多いとは言えません。

パソナキャリアと他の大手転職エージェント求人数の比較表
転職エージェント 求人数(件)
リクルートエージェント 公開求人:129,502 非公開求人:184,590
dodaエージェント 公開求人:99,622
マイナビエージェント 公開求人:30,049 非公開求人:30,056
パソナキャリア 公開求人:37,584

(※調査日:2021年9月)

パソナキャリアの求人情報は80%が非公開なので、求人数自体決して少ないわけではありません。

登録すれば、コンサルタントから非公開求人も紹介してもらえます。

ただ、自身でチェックできる求人が少ないため、求人を比較できなかったり、どのような求人があるのか求人動向がつかみにくいのは難点ですね。

デメリット3:強みを持つコンサルタントが一部の業界・職種に限られる

パソナキャリアは大手人材紹介会社なだけあって、幅広い業界・職種の求人を取り扱っています。

しかし、パソナキャリアのデメリット3つめとして、専門性や強みを持つコンサルタントは、一部の業界・職種に限られています。

以下、パソナキャリアが保有する求人の業界と、コンサルタントが強みを持つ業界を一覧にしたものです。

扱っている業界 強みのあるコンサルタントが在籍
  • 製造業(メーカー)
  • 商社流通・小売・サービス
  • IT
  • マスコミ・広告
  • 金融・保険
  • 不動産・建設
  • 物流・倉庫・交通
  • コンサルティング・士業
  • 医療・医薬品
  • 教育・人材ビジネス
  • 環境・資源・エネルギー
  • IT・WEB業界
  • ものづくり業界
  • メディカル業界
  • 金融業界
  • コンサルティング業界
  • 販売・流通・サービス業界
  • 営業職
  • 管理部門
  • エグゼクティブ
  • 東海エリア
  • 関西エリア

「不動産・建設」「教育・人材ビジネス」「マスコミ・広告」「環境・資源・エネルギー」などの業界に強みをもつコンサルタントについては、公式サイトの『転職コンサルタントのご紹介』に掲載はありません。

拠点によっては、上記業界に強みをもつコンサルタントが在籍している可能性はあります。

事前に、希望業界に強いコンサルタントが在籍しているか確認しておきましょう。

パソナキャリアの登録から転職までの流れ

パソナキャリアの登録は、公式サイトまたはアプリから無料で簡単にできます。

登録方法から転職の流れまでを詳しく紹介します。

登録から転職までの流れ
1. 登録
公式サイトの登録画面より、基本情報・メールアドレス・経歴・希望内容を入力する。
職務経歴はデータアップロードでの登録も可能。
「サービス利用規約・個人情報の取扱」について同意ボタンを押し登録が完了する。

2.マイページ開設と面談日の調整
入力したアドレスにマイページ開設の通知メールが届くので、相談内容や各条件を入力する。また、登録後1週間前後でカウンセリングについてのメールが届くので面談日を調整しましょう。

3.面談
キャリアアドバイザーによるカウンセリング。
場所:パソナキャリアの支店
時間:平日10:00~21:00 土曜日10:00~18:00
訪問が難しい場合は電話面談にも対応。
カウンセリングでは経歴や希望から今後のキャリアについてのアドバイスをしてくれます。
直近の転職を希望していない場合でも今後のキャリア相談が可能です。

4.求人紹介
カウンセリング当日、キャリアプランに合った求人があればその場で紹介してもらえます。
当日にマッチする求人がなければ後日メールなどで求人紹介の連絡が届きます。

5.応募・面接・内定
応募したい企業があれば推薦してもらう。
職務経歴書の書き方、面接対策のアドバイスも受けられます。
面接日程の調整や年収交渉なども行ってくれます。

6.入社
入社後も悩みなどがあれば電話やメールで相談できます。

パソナキャリアの公式サイトを見る

パソナキャリアに関する疑問と回答をQ&A形式で解説

  • 「合わなかったらすぐにやめられる?」
  • 「ニートやフリーターでも利用できる?」
  • 「パソコンがないけどサービスを利用したい」

パソナキャリアに登録したいけど、上記のような疑問点があるという人のためにQ&A形式で回答しています。

Q.「退会」や「サービスの利用停止」したい場合はどうすればいい?

A.「転職が決まったから退会したい」「しばらくサービスを利用しない」という人は、担当コンサルタントに伝えましょう。

退会方法

担当コンサルタントへ、直接電話かメールで退会したい旨を伝えましょう。

メールの場合、登録完了時にパソナキャリアより受信したメールアドレスへ以下の内容を返信すること。

  • サービス終了を希望する旨(例:「転職が決まったのでサービスを終了したい。」)
  • 氏名(フルネーム)
  • 生年月日
サービス停止方法

メール停止や転職活動休止についても、退会時同様に担当コンサルタントへ直接電話かメールで伝えましょう。

メールの場合、登録完了時にパソナキャリアより受信したメールアドレスへ以下の内容を返信すること。

  • メール停止・活動休止を希望する旨(例:「転職活動を一時的にストップしたいため、メールや求人紹介を停止してください。」)
  • 氏名(フルネーム)
  • 生年月日

サービス停止方法について明文化されたものはなく、期間など状況によっては一度退会となる可能性もあります。

Q.就業経験がない人でもサービス利用できますか?

A.パソナキャリアの登録は誰でもできますが、就業経験のない人はサービスの利用が難しいでしょう。

なぜならパソナキャリアには、就業経験のない人に案内できる求人が非常に少ないからですね。

そのため、社会人経験のないニートや既卒の人は、パソナキャリアを活用しづらいです。

フリーターの場合、過去の職歴やアルバイトでの経験内容によっては仕事の紹介があるケースもあるので、登録して面談に進めるか試してみる価値はありますよ。

Q.最終学歴が高卒でも利用できるでしょうか?

A.最終学歴が高卒でも問題なく利用できます。

なぜなら、パソナキャリアでは「学歴不問」の求人も扱っているからですね。

公式サイトの求人検索では、「学歴不問」にチェックを入れて求人の検索が可能です。

ただし、「学歴不問」の求人は公開求人のうち1割程度なので決して多いとは言えません。

非公開求人なら、さらに求人がある可能性もあるので、学歴が気になる人は担当コンサルタントに相談してみてくださいね。

またパソナキャリアの公式サイトでは、以下の転職成功ノウハウを紹介しています。

業界や職種によっては、選考時に学歴よりも経験が重視している企業も存在します。

そのため求人に「大卒以上」などの記載があっても、求められている経験やスキルを十分に満たしていればOKなケースも少なくありません。

気になる求人を見つけた場合、「大卒ではないから」と諦めず、自分の持つ知識やスキルを活かせないか、担当のエージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

引用元:パソナキャリア「転職ノウハウ」より

高卒でも経験が十分ある人は、「大卒以上」の求人に応募できる可能性もあるわけですね。

Q.パソナキャリアのスマホアプリはありますか?

A.パソナキャリアは『転職ナビ』というスマホアプリを提供しています。

アプリからの登録はもちろん、職務経歴書の作成や求人検索もできるようになっています。

職務経歴書は、「ネットプリントサービス」「ストレージサービス」へ転送することや、PDF変換も可能。

応募書類の書き方や、面接対策などのアドバイスにくわえ、「年収診断機能」も利用できます。

パソコンの有無に関わらず、アプリをダウンロードしておくことで、外出時も手軽に転職活動が行なえますよ。

『転職ナビ』は、「App Store」または「Google Play」からダウンロードできます。

Q.『パソナキャリア』と『パソナキャリア支援サービス』の違いは何ですか?

A.パソナキャリアと混同されがちですが、『パソナキャリア支援サービス』は、パソナキャリアと法人契約した企業の従業員が利用できるサービスです。

企業の「希望退職者募集」などに応募した従業員や、「早期退職制度」を利用して退職する従業員の再就職を支援します。

転職エージェントと同じように専任のコンサルタントがつき、再就職活動をフォローしてくれます。

パソナキャリアと法人契約している企業に勤めていない人は、個人利用できないので注意してください。

『パソナキャリア支援サービス』の実績や満足度は高く、1年以内に96%の人が再就職しています。

希望退職者や早期退職を予定していて、転職活動を検討している人は、『パソナキャリア支援サービス』をはじめとした再就職支援サービスの活用もアリですよ。

利用を希望する人は、退職予定の会社が『パソナキャリア支援サービス』と契約しているか確認してみてください。

総括:パソナキャリアがおすすめの方

パソナキャリアのサービス内容・評判・登録方法について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

総括で言うと、パソナキャリアは以下の内容へ当てはまる方におすすめの転職エージェントです。

  • 親身な対応で転職活動をサポートして欲しい人
  • 年収アップを目指したい人
  • 転職後もスキルアップし続けたい人

なぜならパソナキャリアならではの『5つの強み』があるからですね。

【パソナキャリア5つの強み】

  1. 「オリコン顧客満足度調査」3年連続で第1位を獲得
  2. 転職後の年収アップ率は67.1%を誇るサポート力
  3. 大手・有名企業あわせて全国に幅広い求人案件を持つ
  4. 「転職セミナー」や「転職相談会」の専門性が高くて種類も豊富
  5. 転職後1年間無料で「eラーニング」利用し放題

当記事が、パソナキャリアについて調べていた方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

パソナキャリアの公式サイトを見る