【生まれ変わったらなりたい職業ランキング】男女1,000人アンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは生まれ変わったらどんな職業に就きたいですか?

憧れの職業をあきらめた人、大人になってから「こんな仕事があったんだ」「こういう仕事っていいな」と思ったことがある人は多いかもしれません。

そこで今回は、全国の男女1,000人を対象にアンケート調査を実施。

「生まれ変わったらなりたい職業」をランキングにしました。

    【調査概要】

  • 調査対象:全国の男女
  • 調査日:2021年9月8日~9日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:1,000人(女性688人/男性312人)

生まれ変わったらなりたい職業 属性

生まれ変わったらなりたい職業ランキング

総合 生まれ変わったらなりたい職業

男女1,000人に「あなたが生まれ変わったらなりたい職業は?」と聞いたところ、1位は医師でした。

医師は男女ともに人気が高く、女性は1位、男子は2位となっています。

一方、2位~4位は男女で大きく好みが分かれる結果となりました。

では、男女それぞれ上位10位までのランキングと選んだ理由を見ていきましょう。

女性には「医療関係」と「芸能関係」が人気

女性 生まれ変わったらなりたい職業

女性は、医療系職種と芸能関係がダントツで人気でした。

「誰かの役にたてる仕事をしたい」という人が多い一方で、「華やかでキラキラした職業につき、注目されたい」という願望をもつ女性も多いことがわかります。

【1位 医師】人の役に立ちたい

  • 誰かを助けることが出来るのはとてもすごいと思う。今の世界情勢を見ていて尚更思う(20代 アルバイト)
  • 人間の命を預かる大切な役割を果たしたい。ドキュメンタリーの影響も大きいと思う(40代 サービス業)
  • 大学受験のとき一度目指したが、努力しきれず楽な方に逃げてしまった。生まれ変わったら医学部を受験して、医師になりたい(30代 薬剤師)

女性が生まれ変わったらなりたい職業1位は「医師」でした。

「人の役に立ちたい」「命を救う素晴らしい仕事だから」といった声が多く寄せられました。

「自身や家族が医師にお世話になったから」という理由のほかに、医療ドラマやドキュメンタリーを見て憧れた人も。

また、金銭的な理由や学力不足であきらめてしまったため、生まれ変わったら挑戦したいという声もありました。

【2位 看護師】人を救うかけがえのない仕事

  • 大変だが誰かのために何かをする姿がとてもかっこよく、働きがいのある仕事だと思う(20代 飲食業)
  • 人の役に立てるし、どこに引っ越ししても需要があるから。一生の仕事にできる(40代 専業主婦)
  • たくさんの人を助ける、なくてはならない職業だから(30代 飲食店経営補助)

2位は「看護師」でした。

「手に職なので仕事に困らない」「給料が高い」といった理由から人気の看護師。

しかし今回のアンケートでは、「人の命を救うかけがえのない仕事だから」「たくさんの人を助けるすばらしい仕事だから」といった理由が目立ちました。

大変な社会情勢のなか懸命に働く看護師さんの姿を見て、尊敬の念を抱いている人も多いのかもしれません。

また、「自身や家族が看護師さんに救われた」「家族に何かあったときに役にたてる」といった声も寄せられました。

【3位 キャビンアテンダント】昔も今も女性の憧れの職業

  • いろんな国を飛び回っていてThe憧れの職業。美人な人が多いので、CAになったら自分に自信が持てそう(20代 パート)
  • 小さい頃から憧れていたのと、接客のプロとしてお客様に喜んで頂けるから。また制服を着て空港内を移動する姿が素敵(50代 専業主婦)
  • 夢がある。世界中を旅できる。ずっと憧れていてけど、挑戦もせずに諦めてしまったから(30代 旅行会社)

女性が生まれ変わったらなりたい職業3位は、「キャビンアテンダント」でした。

昔から「女性の花形職業」として人気ですが、当アンケートでも20代~50代まで幅広い層に支持されました。

「英語が話せてかっこいい」「接客業の最高峰だと思う」「才色兼備」など、CAさんに憧れる声が多数。

また、世界中に行けて羨ましいという声も目立ちました。

「身長や視力がCAの基準に満たずにあきらめたから」という声も複数寄せられています。

【4位 アイドル・タレント】ちやほやされてみたい

  • 歌やダンスが好きだし、色んな人からきゃーきゃー言われてみたい(20代 事務職)
  • 今の自分は目立ちたがり屋でもなく、特徴もなく、自信もないので、アイドルなようにキラキラした存在になってみたい(20代 教育職)
  • 歩いてるだけでキャーキャーされて、なにしてもかわいい、かっこいいと言われるのに憧れる(20代 事務職)

4位は「アイドル・タレント」でした。

「ちやほやされたい」「キャーキャー言われたい」「キラキラした存在になりたい」という声が多く寄せられました。

ちなみに、アイドル・タレントになりたいと回答した女性の8割が10~20代。

人気者になりたい、注目されたいという願望をもつのは、若い世代のほうが多いようです。

【5位 薬剤師】結婚・出産後も安定して働ける

  • 正社員はもちろんですがパートでも収入はいいし、就職先も多く、将来的にも無くならない仕事だと思うから(30代 事務職)
  • 時給や、待遇もよく、需要があり、高齢でも仕事に就けるから(50代 専業主婦)
  • どこの地域にいっても職に困らないのと、給料が安定している(30代 CADオペレーター)

女性が生まれ変わったらなりたい職業5位は、「薬剤師」でした。

「給料が高い」「全国どこでも仕事がある」などが主な理由となっています。

薬剤師は、パートや派遣でも時給が高く、地方でも求人が多い職業。

そのため、結婚・出産・配偶者の転勤といったライフスタイルの変化があっても安定して働けそうとの声が寄せられました。

また、国家資格保有の専門職なので、年齢を問わず長く働ける点に魅力を感じている人もいました。

【6位 歌手・ミュージシャン】大勢の前で歌ってみたい

  • 歌うことが好きで幼少期になりたかった夢を生まれ変わったら叶えたい(20代 事務職)
  • たくさんの歌や曲に励まされきたので音楽で感動を届けられることは素晴らしいと感じる、自分も多くの人を元気づけたい(40代 専業主婦)
  • 歌が好きで学生時代に習ったりもしたが、親の猛反対で音楽関連への進学すら諦めてしまったから(50代 介護職)

女性が生まれ変わったらなりたい職業6位は「歌手・ミュージシャン」。

「歌がすきだから」「子どもの頃からの夢だった」という人も多く、広い会場で思いっきり歌いたいとの声が多数寄せられました。

また、「今は才能がないので、来世は歌のうまい歌手になりたい」という人も。

自分自身が歌で元気づけられた経験から、自分も歌で人を救ったり感動させたりしたいという声もありました。

【7位 俳優】いろいろな人生を疑似体験したい

  • いろんな人物を演じられるのが楽しそう。自分ではない誰かになりきれるのは良いなと思う(30代 無職)
  • 役を通して色んな人生を楽しみたい(50代 専業主婦)
  • 宝塚に出会ったのが、受験出来る年齢をかなりオーバーしてからで、もっと早く出会っていれば!と思うことがよくある(40代 事務職)

生まれかわったら女性がなりたい職業、第7位は「俳優」でした。

なりたい理由として最も多かったのが、「いろいろな人の人生を演じてみたいから」。

最近は漫画でも、主人公が異世界で別の人生を送る「なろう系」や「異世界転生もの」と言われるジャンルが人気です。

「今とは違う自分になりたい」「自分の人生で起こり得ないことを体験したい」という願望をもつ人は多いのかもしれません。

また、宝塚・劇団四季・ミュージカルなど、生の演劇を見て感動した経験から、演じる側になってみたいと思った人も多数いました。

【8位 学者・教授・研究職】興味のあることを探求したい

  • 未知の感染症など、遺伝や免疫の面から役に立つことを解明して社会に役立てたい(30代 講師)
  • エジプト文明に興味があり、自分の手で新たな発見をしたい(20代 家事手伝い)
  • 理系志望だったが、挫折して文系を選択した末に今の職業についているので、生まれ変わったら理系に進み大学院まで行き、企業の研究者になりたい(50代 事務職)

生まれかわったら女性がなりたい職業、第8位は「学者・教授・研究職」でした。

「化石や遺跡を発掘する考古学者になりたい」「色々な動物の生態を調査したい」など、興味のあることをとことん突き詰めてみたいとの声が寄せられました。

また、薬の開発や感染症の研究など、社会に役立つことをしたいという人も。

ほかに、「挫折して文系に進んでしまったのでリベンジしたい」「現在は文系なので理系に憧れる」という声も目立ちました。

【9位 公務員】安定した暮らしをしたい

  • 安定した収入が得られ、生涯安心して暮らしていけそうだから(20代 無職)
  • 民間の職種と違って安定していて、一度なってしまえば倒産などの危険がなく安心してすごせるから(40代 パソコンインストラクター)
  • 倒産の心配がない、定年退職した後の年金が民間と比べ物にならないほど手厚い(50代 専業主婦)

生まれかわったら女性がなりたい職業9位は「公務員」。

女性が公務員を選んだ理由の9割は、「安定しているから」でした。

現在、企業の寿命は20数年という調査結果もあり、入社した会社が退職前に倒産することは珍しくありません。

また会社員の場合、倒産だけでなくリストラや減給のリスクもあります。

「雇用や給与の不安を感じずに生活したい」という切実な思いがよみ取れます。

【10位 助産師】出産経験で知った素晴らしい仕事

  • 出産の時に凄く心強くて、優しくて、頼もしく、こんな素敵な仕事って良いなと思った(30代 専業主婦)
  • とにかく手に職がある人が強いなと思う今日。出産で入院をしていた時、助産師さんの優しさにとても救われ、なんと素晴らしい職業なんだろうと感動した(30代 会社員)
  • 生命の誕生に関われる仕事なんて医者以外ではなかなかないから(30代 無職)

生まれ変わったら女性がなりたい職業10位は「助産師」でした。

自身の出産をきっかけに、助産師という仕事の素晴らしさを知ったという人が大半。

不安な気持ちに寄り添い、サポートしてくれる助産師さんに救われたことから「とても価値のある仕事だと思った」との声が多数寄せられました。

また、命の誕生に関われる数少ない仕事であることに魅力を感じている人もいました。

【同10位 モデル】かっこいい女性になりたい

  • 見た目で勝負できる自分になってみたい(30代 専業主婦)
  • 身長が低いのでスラッとスタイルのいいモデルに憧れる(30代 看護師)
  • 何百人、何千人ものお客が見ている中のステージに、キレイな服装で歩いてみたい(40代 主婦)

生まれ変わったら女性がなりたい職業、同率10位は「モデル」でした。

見た目の美しさや、堂々とした立ち振る舞いを「羨ましい」「かっこいい」と思う人が多数。

現在の身長や体型、ルックスに自信がもてないことから、生まれ変わったら「スタイル抜群になって堂々と歩きたい」といった声が寄せられています。

また、華やかな世界を味わってみたいとの声もありました。

男性には主体的に活躍できる職業が人気

男性 生まれ変わったらなりたい職業

男性はスポーツ選手が1位、1票差で医師が2位でした。

また、3位にはエンジニア・プログラマーが入っています。

男性は、自分の腕一本で稼げたり、職場の中心となって活躍できたりするような職業に人気が集まっています。

【1位 スポーツ選手】憧れの舞台で活躍したい

  • サッカーをして世界で活躍したいです。サポーターから応援されるなんて幸せ(30代 公務員)
  • 野球観戦が趣味でよく見てますが、自分があの舞台に立っていたらどういう景色が広がるのか知りたい(30代 技術職)
  • 今は観戦専門になってしまったが、もし生まれ変われたなら、小さい頃から始めて周りに差をつけたいし、思う存分やって後悔ない結果で終わりたい(30代 飲食業)

生まれ変わったら男性がなりたい職業1位は「スポーツ選手」。

小学生の「将来の夢」でも1位常連のスポーツ選手ですが、30代・40代の大人世代からも圧倒的な人気でした。

とくに多かったのは、野球選手とサッカー選手。

「大観衆の前で試合をしてみたい」という声が多数寄せられました。

また、途中で夢をあきらめたことを悔やみ、「もう一度挑戦したい」「小さい頃に戻って本気で打ち込みたい」といった声も多く聞かれました。

【2位 医師】社会的地位が高くやりがいもある

  • 1人でも多くの人を救いたい(40代 小売業)
  • 人を救うことができる仕事であり、経済的にも恵まれている。自分の腕で食べていくことが出来る(50代 介護施設の施設長)
  • 医者になりたいと思っていたが、途中、勉強についていけずに断念したから(20代 看護専門学校生)

生まれ変わったら男性がなりたい職業2位は「医師」。

「人を救いたい」「社会貢献したい」といった志をもっている人が多数いました。

一方で、尊敬されるから、社会的地位が高いから、年収が高いから、といった医師のステイタスに魅力を感じている人も。

また、薬剤師・看護師など医療機関で働いている方からは、「やはり、医療現場でもっとも権限があるのは医師だから」といった声も多数寄せられました。

【3位 エンジニア・プログラマー】多様な働き方ができる

  • 出社しなくてもどこからでもインターネット上で仕事を受け、報酬を得られるためとても魅力的(10代 学生)
  • プログラマーは会社員としても働けることもでき、また実力がついたら個人としても稼げる(20代 製造業)
  • 今になって興味を持ち始めた(建設会社事務)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、3位は「エンジニア・プログラマー」でした。

在宅勤務ができたり、個人で稼げたりと、多様な働き方ができることに魅力を感じている人が目立ちました。

また、スキルがあれば転職しやすいことや、どんな業種でも必要とされる点をメリットと感じている人も。

在宅ワークをきっかけにパソコンの勉強をしたことで、プログラミングの面白さにはまったという人もいました。

【4位 俳優】夢を叶えたい

  • 様々な人間の人生を演技で知ることができるから(40代 飲食業)
  • 高校の頃なりたかったけど実現しなかった職業なので(50代 人事)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、4位は「俳優」です。

「憧れていたけれども夢が叶わなかったから」という意見が多数。

なかには、実際にエキストラやオーディションに応募したことがある人もいました。

また、「自分でない人間を演じられるから」「共演したい女優さんがいるから」という理由もありました。

【同4位 公務員】安定した収入が魅力

  • 収入が安定していてクビになる心配がないから(40代 介護職)
  • 安定した収入と、休暇が得られるので(40代 音楽教室運営)
  • 老後も安定、自分の時間も今以上に確実にきちんと取れそうだから(40代 販売員)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、同率4位は「公務員」。

女性と同様に、安定を理由に選ぶ人が大半でした。

社会情勢が大きく変化している今、収入が安定して失業の心配がない公務員には、今まで以上に魅力を感じるのかもしれません。

【同4位 パイロット】いろいろな国に行ってみたい

  • 様々な国や地域に行ってみたい(20代 IT系)
  • 大人になってから海外旅行等によく行くようになって、飛行機や空港の雰囲気が非常に好きなため(30代 自営業)
  • 目が悪く、パイロットになれなかったので、生まれ変わったらなりたい(20代 自営業)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、同率4位は「パイロット」。

「いろいろな国に行ってみたいから」「飛行機がすきだから」といった理由が大半でした。

また、視力が悪いなどの理由で現在は実現できないため、生まれ変わったらなってみたいという声もありました。

【同4位 弁護士】困っている人を助けたい

  • 人を助けることもでき、やりがいも感じられると思うので(50代 運輸業)
  • 専門的な知識を持っていることに加え、困っている人の為になる仕事だから(30代 保険会社)
  • 法的知識を身につけておけば、身近な人になにかあったときに直接は関われずとも助言などで手助けできる可能性がありそう(10代 学生)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、同率4位は「弁護士」でした。

困っている人を助けたいからという理由が多数。

法的知識を身につけることで、身近な人を守ってあげられるからという声もありました。

また、弁護士ドラマを見て憧れた人も。

社会的地位が高く、年収も高い職業ですが、地位や給料を理由に選んだ人はほとんどいませんでした。

【8位 作家・漫画家】自分の言葉で人を感動させたい

  • 言葉だけで人々に感動を与えたり、心を動かしたりできる作家という人々に憧れている(40代 アナリスト)
  • 自己を表現でき、自分の想いを世に伝えられるから(40代 男性)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、8位は「作家・漫画家」。

人の心を動かしたり、感動させたりしてみたい、といった声が寄せられました。

また、自己表現ができる点に魅力を感じている人もいました。

【同8位 学者・教授・研究職】すきなことを極めたい

  • 興味を持ったことに対してひたすら没頭し、追究できる人間になりたい。また未知の領域から新たな発見をすることで後世の人のために貢献したい(20代 事務職)
  • 新しい商品を研究して世の中に生み出すような仕事をしたい(40代 営業職)
  • 学生時代に理系学部に進学したかったが、点数が足りずあきらめた経験があるので(40代 技術職)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、同率8位は「学者・教授・研究職」でした。

好きなことを極めたい、興味のあることに没頭したいという声が多く寄せられました。

世の中に貢献できるような研究をしたいという意見も。

また、志なかばであきらめたので、来世でもう一度チャレンジしたいという声もありました。

【10位 料理人】料理することがすき

  • 美味しいものを食べるのが好きなので、自分で作れるようになりたい(20代 システムエンジニア)
  • 仕事と生活で実行することはほぼ同一だし、楽しそう(30代 営業職)
  • 料理することが好きで子どもの頃からの夢。また、食事は人間の生活に不可欠なもので、様々な人に美味しい料理を食べてもらい笑顔になってほしい(20代 経理)

生まれ変わったら男性がなりたい職業、10位は「料理人」でした。

理由は、「料理することがすきだから」が大半。

自分でおいしいものを作れるようになりたい、料理で人を笑顔にしたいといった声が寄せられました。

ちなみに、女性で料理人になりたいと回答したのは2人のみ。

日常的に料理を作っている妻や母は、仕事でまで作りたいと思わないのかもしれません。

まとめ

  • 憧れのまま終わってしまった職業に就きたい
  • 挫折した職業に再チャレンジしたい
  • 今とは違う人生を歩んでみたい

そんな気持ちが垣間見えるアンケート結果となりました。

また、人の役にたつ仕事をしている人や、努力して難関職に就いた人に対する尊敬や憧れの声も多く寄せられました。

最近は、「ラクをして稼ぐ」といったノウハウ本も多く、そのようなニーズがあることも否めません。

しかし、「何かに懸命に取り組んでみたい」「仕事にやりがいを感じたい」と思っている人は想像以上に多いのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加