優良派遣事業者認定は安心して働ける証!取得しているおすすめ派遣会社もランキング形式で紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
優良派遣事業者ランキング

優良派遣事業者に認定されている派遣事業者(派遣会社)が良いといわれますが…

  • 優良派遣事業者ってなに?
  • どんなメリットがあるの?
  • どこの派遣会社が優良派遣事業者なの?

といった疑問もわいてくる人もいるでしょう。

結論から言うと、あなたが安心して働ける派遣事業者が優良派遣事業者です。

優良派遣事業者認定とは国から「派遣社員に安心できるサービスを提供できるかどうかについて、一定の基準を満たしている」と認められている証だからです。

この記事では、優良派遣事業者の優良な点やメリットはもちろん、見つけ方や注意点についても説明しているため、優良派遣事業者に対する疑問の全てが解消するでしょう。

ただ、2019年5月時点では優良派遣事業者は173事業者あります。

この173事業者の中からあなたの希望に沿った派遣のお仕事が見つけやすい派遣事業者を探すのは手間がかかりますよね。

なので、取り扱い求人数の多いおすすめの優良派遣事業者も紹介します。

おすすめの優良派遣事業者TOP3
【1位】テンプスタッフをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/
【2位】オー人事.netをチェック→http://www.022022.net/
【3位】リクルートスタッフィングをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/

優良派遣事業者とは派遣登録した人が安心して働けると国から認められた派遣事業者

優良派遣事業者とは、派遣登録した人が安心して働けると厚生労働省(から委託された認証委員会が指定した審査認定機関)が認めた派遣事業者のことです。

優良派遣事業者認定制度 公式サイトには優良派遣事業者については、以下のように書かれています。

法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者を「優良派遣事業者」として認定します。

優良派遣事業者認定制度公式サイト「優良派遣事業者とは?」より

つまり、あなたが派遣社員として働く上でのキャリア形成を支援してもらえるのはもちろん、より良い働く環境を整えてくれてトラブルを予防してくれる、おすすめの派遣事業者ということです。

認定されているのは173事業者

2019年5月現在、認定されている優良派遣事業者は173事業者です。

一方、厚生労働省が毎年発表している「労働者派遣事業の事業報告の集計結果」によると、平成29年6月1日時点の派遣事業所数は約79,500事業所(事業者数は非公開)あります。

事業者数と事業所なので単純には比べられませんが、一事業者一事業所の中小派遣会社もあり、優良派遣事業者と認定されていない事業者の方が格段に多いと言えます。

派遣事業者と派遣事業所の違い

派遣事業者は「本部」、派遣事業所は派遣登録などを行う「場所」です。例えば、優良派遣事業者の「ANAビジネスソリューション株式会社」は東京にある本部の「品川事業所」の他に、「本社・品川シェアードサービス事業所」「羽田シェアードサービス事業所」など複数の事業所があります。

173事業者と聞くと多い気もするかもしれませんが、実は認定されている優良派遣事業者は総数の割には少ないのです。なぜ少ないと思いますか?

認定される条件が厳しい

審査を受ける回によって審査項目には多少の差がありますが、認定を受けるための条件が厳しいからです。2018年7月の審査では合計81項目の審査がありました。

具体的には審査は以下の4種類の基準からなっています。

・事業体に関する基準
・派遣社員の適正就労とフォローアップに関する基準
・派遣社員のキャリア形成と処遇向上の取り組みに関する基準
・派遣先へのサービス提供に関する基準

優良派遣事業者認定制度 公式サイト「優良派遣事業者とは?」より

実際の事例を基に審査を受けるため、制度が形だけで実際に運用を行っていない事業者は審査に通りません。

そもそも、劣悪な、いわゆるブラック派遣会社は審査の申し込みをしたがらないですし、3年以上の実績が無いと申し込めないため、新設の中小派遣事業者も申し込めません。

有効期間3年の区切りと、違反時の認定取り消しがあるため、優良派遣事業者であり続けるのが大変なこともあるでしょう。

実際にランスタッドのように、一回は優良派遣事業者認定されたものの、更新せずに優良派遣事業者ではなくなった派遣事業者もあります。

このように、実績のある優良な派遣事業者しか申し込めず、審査に通るのが難しく、優良であり続けるのが大変なため、173事業者しか優良派遣事業者に選ばれていないのです。

おすすめの優良派遣事業者TOP3
【1位】テンプスタッフをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/
【2位】オー人事.netをチェック→http://www.022022.net/
【3位】リクルートスタッフィングをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/

優良派遣事業者を選ぶメリット

優良派遣事業者を選ぶと、以下4つのメリットがあります。

  • 優良派遣事業者を選べば安心で安全
  • 希望するキャリアが実現できる
  • 適切な評価や処遇が確保できる
  • 能力開発に意欲的になれる

一見当たり前のことですが、優良派遣事業者ではない場合、必ずしも全てが整っているわけではありません。派遣のお仕事をするうえで必要なことが全て揃っているのが優良派遣事業者といえます。

優良派遣事業者を選べば安心で安全

優良派遣事業者を選べば、安心で安全です。

まず、厳しい審査に合格している優良派遣事業者は、いうまでもなく実績のある安全な派遣会社です。ブラック派遣会社ではありえません。

そして、

  • 求人内容が分かりやすい
  • 働き始めてからもフォローがある

という2点から安心してお仕事が始められます。

求人の時点で給与や勤務時間などの就業条件、必要なスキルがハッキリしているのはもちろん、業務内容や条件、就業先の環境についても、雇用契約を結ぶ前に詳しく説明してもらえます。

「どのように働くのか?」をイメージして応募できるため、終業後のミスマッチが起こりにくいです。

公開されているお仕事情報は最新のため、いい求人があったと思って応募したら昔の求人を公開しっぱなしだっただけで応募できなかった、などという事もありません。

また、働き始めてからもフォローが入るため、安心してお仕事ができます。

まず、派遣社員として働き始めた初日か翌日に就業状況や就業環境のフォローがあります。

その後も、少なくとも月1回は派遣先事業所に来たり、遠方なら電話や電子メールを使った状況の把握とフォローがあるため、万一何か困ったときでも相談可能です。

派遣社員の満足度や要望などの調査も行ってくれて、相談や苦情を受ける相談窓口もあるため安心です。

さらには、健康診断で身体のチェックができるほか、メンタルヘルスにも対応でき、外部の専門家などを紹介してくれるのもメリットです。

希望するキャリアが実現できる

キャリア形成に関するコンサルティングを適切な時期にしてもらえて、希望するキャリアを実現できるのも優良派遣事業者のメリットです。

キャリア形成(きゃりあけいせい)とは、ある人が仕事を通じて職業能力を習得する活動である。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

具体的にはキャリア形成に関する希望を聞いて、経験・知識・技能に関する情報や評価記録も考慮したうえで、あなたに合った派遣先を選んでおすすめしてくれます。

仕事に対する適正も、面接や試験を通してチェックしてくれます。

もしも現在の状態では足りない知識があった場合には、マナー・接客・個⼈情報保護の研修などを行い、知識を補わせてくれます。

内容によっては実費の事もありますが、研修費はタダなうえに研修時間分のお給料が出るのが一般的です。

さらに、優良派遣事業者は派遣社員として働く上で生じる権利や義務を教えてくれるため、自分で調べる手間がありません。

派遣社員として働くときに

  • 「有給休暇はとれる?」
  • 「労働・社会保険には加入できる?」
  • 「育児・介護休業などは使える?」
  • 「離職後の労働・社会保険は給付される?」

など、人によって気になる点も異なるでしょうが、「あなたの場合はどうなるのか?」を説明してくれます。

産前産後休業、育児・介護休業、子供の看護休暇制度などの取得推進もしているため、派遣のお仕事と私生活を両立できるのも魅力です。

ただ、キャリアコンサルティングは希望者のみを対象としている事業者もあるため、登録時に「キャリアコンサルティングを希望する」の欄に丸を付けるのを忘れないようにしてくださいね。

適切な評価や処遇が確保できる

技能・勤務態度・協調性・意欲・職務の成果などを評価する基準があるため、担当者の主観によらない、適切な評価をしてもらえます。

また、派遣先に要望を伝えてくれるのも優良派遣事業者です。

派遣先の診療所・保育所・休憩所・給食施設・ロッカーの利⽤や、派遣先の教育研修を受けたりもできるように取り計らってくれます。

適切な処遇をしてもらえるため、派遣社員だからと肩身の狭い思いをしなくて済みます。

能力開発に意欲的になれる

優良派遣事業者が派遣先との交渉を行ってくれて、「あなたが派遣先に希望する内容」や「持っている能⼒や経験」に応じて仕事の難易度を上げたり、仕事の幅を広げるための交渉を行ってくれることから、能力開発に意欲的になれます。

能力開発とは,個人やチームや組織の効果性を向上させるために実践される成員の学習と発達に関する組織的・体系的な取り組みを指す。企業・団体・官庁など組織内で実施される。

引用元:コトバンク

一度お仕事についたら契約満了(最長3年間)まで仕事内容が変わらずスキルアップできないということは、まず考えられません。

お仕事内容が変わると、賃金が上がる可能性もあります。

優良派遣事業者には、派遣先の社員などの賃金水準にならって派遣社員の賃金を見直す仕組みがあるからです。

就業状況の評価も加味されますが、スキルアップできて賃金も上がる可能性があるなんて、やりがいがありますね。


ここまで説明してきたように、優良派遣事業者はあなたが派遣社員として働きやすい事業者です。

では、どうやって優良派遣事業者を見分けたらよいでしょうか?見分け方は簡単で、優良派遣事業者認定マークが描かれている派遣事業者を選べばOKです。

おすすめの優良派遣事業者TOP3
【1位】テンプスタッフをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/
【2位】オー人事.netをチェック→http://www.022022.net/
【3位】リクルートスタッフィングをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/

優良派遣事業者認定マークをチェックしよう

優良派遣事業者認定を受けている事業者は、Webページなどに優良派遣事業者認定マークを載せているので、チェックしてみましょう。

どんなマークかというと、「優」という文字が左上にある、柔らかな三角形のマークです。赤・青・黄色の3つの丸い点が頂点の先に描かれています。

なぜ文字で説明していて実際のマークを載せていないのか?というと、優良派遣事業者認定マークは認定されている優良派遣事業者しか使えないためです。

どんなマークなのか興味のある人は、優良派遣事業者認定マークが見やすく載っている、株式会社セントメディアのWebページを見てみてください。

6画面分くらい下にスクロールした「自分の時間を大切にしたい」という水色の項目に載っています。

「株式会社セントメディア」の優良派遣事業者認定マークをチェック→https://www.saintmedia.co.jp/works/entry_forms/t2/

優良派遣事業者認定マークの下には「1234567(89)」といった番号が書かれています。

1234567までは審査に通った年度だったり固有番号だったりして気にする必要はありません。

もしも優良派遣事業者認定マークを見たら、( )の中の数字に注目してみてください。

優良派遣事業者認定は3年ごとに認定を受けなければならなくて、( )の中の数字は何回認定されているかの数なのです。

初めて認定された派遣事業者は(01)になり、2015年度から始まった制度のため、2019年現在ではまだ最高で(02)ですが、この( )内の数字が大きければ大きいほど、長い間優良派遣事業者認定されて続けている派遣事業者といえます。

長く認定され続けていればより優れているというわけではありませんが、35万円~40万円の審査料を3年に一度払って厳しい審査を受けるほど意識の高い、優良であろうとする派遣事業者と言えます。

おすすめの優良派遣事業者TOP3
【1位】テンプスタッフをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/
【2位】オー人事.netをチェック→http://www.022022.net/
【3位】リクルートスタッフィングをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/

ただ、意識の高い優良派遣事業者を選びさえすれば希望が叶うわけではないため、注意が必要です。

優良派遣事業者であっても必ず希望通りの仕事につけるわけではない

優良派遣事業者に登録すれば必ず希望通りの仕事につけるわけではありません。

登録した優良派遣事業者があなたの希望条件に合った求人案件を取り扱っているとは限らないからです。

希望にマッチする求人さえあれば迅速な派遣先の紹介があるのはもちろん、技能面が足りていなければ教育研修やコンサルティングなどを通じた就業支援はあります。

しかし、希望通りの求人が無ければ紹介のしようがありません。

優良派遣事業者はお仕事を紹介できなかった場合には現状把握の連絡が来ます。

登録だけして放っておかれっぱなしよりはマシですが…せっかく登録するなら、お仕事を紹介してもらいたいもの。

派遣で働きたいなら優良派遣事業者であるのはもちろんのこと求人数が多く、希望にマッチしたお仕事を紹介してもらえる可能性の高い、大手派遣会社に登録しましょう。

優良派遣事業者認定を取得しているおすすめ派遣会社の求人数ランキング

2回目以上の優良派遣事業認定を受けている、おすすめの大手派遣会社5社を取り扱い求人数が多い順にランキング形式でまとめてみました。

事業者名(通称) 総求人数
パーソルテンプスタッフ株式会社(テンプスタッフ) 32,967
株式会社スタッフサービス(オー人事.net) 17,209
株式会社リクルートスタッフィング(リクルートスタッフィング) 11,671
アデコ株式会社(アデコ) 8,607
マンパワーグループ株式会社(マンパワー) 8,466

※2019年5月28日時点の各公式ページより

求人数3.2万件超のダントツ1位はテンプスタッフ

優良派遣事業者の中で求人数が3.2万件超とダントツ1位だったのはテンプスタッフです。

3.2万件の求人のうち57%となる1.9万件が関東です。関東で派遣のお仕事を探している人はテンプスタッフに一番に登録しておきましょう。

また、中部地方の求人も5千件弱、近畿地方の求人も6千件強と多いため、中部や近畿の人にもおすすめです。

テンプスタッフの公式ページをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/

求人数1.7万件超の第2位はオー人事.net

株式会社スタッフサービスが運営するオー人事.netはテンプスタッフには劣るものの、求人数が1.7万件超あります。

関東の求人数が8千件強と半分を占め、関東の人におすすめです。

また、東北の求人数が780件と今回紹介している5社の中で一番多くなっています。東北で派遣のお仕事を探している人にもオー人事.netがおすすめです。

一点注意が必要なのは、スタッフサービス・ホールディングスグループの全社が優良派遣事業者ではないということです。

スタッフサービスグループのWebページからお仕事を検索すると優良派遣事業者ではない「テクノ・サービス」などのグループ会社の求人もヒットする可能性があります。

優良派遣事業者に登録したい場合は、必ず株式会社スタッフサービスが運営する、オー人事.netのページからお仕事を検索してくださいね。

オー人事.netの公式ページをチェック→http://www.022022.net/

求人数1万件超の第3位は株式会社リクルートスタッフィング

1万件超の求人数のある優良派遣事業者の最後は、1.1万件超の求人数だった株式会社リクルートスタッフィングです。

関東の求人数は8千件弱と、2位のオー人事.netとほとんど変わりません。関東で派遣のお仕事を探している人にはリクルートスタッフィングもおすすめです。

リクルートスタッフィングの公式ページをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/

上記で紹介した大手の優良派遣事業者以外に気になる派遣会社がある場合「この会社は優良派遣事業者かな…?」と、優良派遣事業者認定マークをいちいち探すのは面倒ですよね。

優良派遣事業者認定制度公式サイトには全優良認定派遣事業者が一覧になっています。残りの167社も知りたい場合はチェックしてみてください。

優良派遣事業者認定制度公式サイトはこちら→http://yuryohaken.info/certification/

優良派遣事業者認定を受けている大手派遣会社一覧を見て、パソナなどの一部大手が入っていないことに気づいた人もいるかもしれません。

実は、優良派遣事業者認定を受けていない大手派遣会社もあり、パソナは優良派遣事業者ではありません。

優良派遣事業者認定を受けていなければ、ブラック派遣会社というわけでもありませんが…パソナについては問題もあるため、詳しくみていきましょう。

時給を下げて話題になったパソナは優良派遣事業者ではない

無期雇用へ転換した派遣社員への時給を下げたことで話題となったパソナは、優良派遣事業者ではありません。

2019年3月に「働き方改革の死角」として東京新聞に取り上げられ、ツイッター上でも賑わいを見せたことから、記憶に新しいところでしょうか。

パソナ(株式会社パソナ)は優良派遣事業者認定を受けていると思われていたため、ツイッター上では優良派遣事業者認定に対する批判もありました。(ツイッター上では後日訂正されています)

実際に、パソナグループの以下5事業者は優良派遣事業者認定を受けています。

  • 株式会社パソナ安川ビジネススタッフ
  • 株式会社パソナ岡山
  • 株式会社パソナテック
  • 株式会社パソナヒューマンソリューションズ
  • 株式会社パソナジョブサポート

そのため、パソナを運営する「株式会社パソナ」も優良派遣事業者認定を受けていると勘違いされたのでしょう。

グループ会社のうちの5社が優良派遣事業者認定を受けているのに「株式会社パソナ」が優良派遣事業者認定を受けなかったのは、後ろ暗いところがあったからかもしれませんね。

やはり、安心して働ける派遣会社を探している人には、優良派遣事業者がおすすめです。

おすすめの優良派遣事業者TOP3
【1位】テンプスタッフをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/
【2位】オー人事.netをチェック→http://www.022022.net/
【3位】リクルートスタッフィングをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/

賃金の話のついでに、優良派遣事業者と残業についても見ていきましょう。

優良派遣事業者の残業時間は60時間を超えない

結論から言うと、最も長い時間残業しても、優良派遣事業者から派遣されていれば、「ひと月の平均残業」「休日出勤の時間」が60時間を超えることはありません。

なぜなら、月平均法定時間外労働時間が60時間以上になると、優良派遣事業者認定の申請ができなくなるからです。

認定日の属する月の前月から遡る12か月間における月平均法定時間外労働時間が60時間以上の労働者がいないこと
優良派遣事業者認定制度 公式サイト「申請要件」より

法廷時間外労働時間とは、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える残業や休日出勤の時間です。

「時間外・休日労働に関する協定(36協定)」を、派遣事業者と派遣先が結んで、36協定を守る時間内での残業や休日出勤になります。

残業をしたくなければ残業の無い求人に応募すればよいのですが、お仕事内容や賃金によっては残業はしてもいいけれど、あまり長時間の残業は心配というケースもあるでしょう。

優良派遣事業者で働く場合は、派遣のお仕事に就く前に「残業や休日出勤をするか、しないか」を確認します。

「残業や休日出勤をする」を選んだ場合は「1日何時間」「1週間あたり何時間」「1ヶ月あたり何時間(休日出勤の場合は日数)」するのかをハッキリさせたことを書類にも明記されます。

就業条件明示書の「時間外労働及び休日労働」という欄なので、確認しておきましょう。

優良派遣事業者には、残業に関する、より詳しい基準もあります。

雇用期間あたりの残業や休日出勤時間が過度に多い場合、優良派遣事業者は派遣先に残業をさせすぎないように言ってくれます

No.41 派遣社員に過度な超過勤務がある場合はその解消を派遣先に働きかけている
優良派遣事業者認定制度 公式サイト「認定基準チェックリスト」より

過度な超過勤務となる時間は、36協定の一般労働者の残業時間と一緒で、細かく決まっています。

雇⽤期間 限度時間
1週間 15時間
2週間 27時間
3週間 43時間
1ヵ⽉ 45時間
2ヵ⽉ 81時間
3ヵ⽉ 120時間
1年間 360時間

ただ、「派遣先は派遣事業者の話を聞いてくれる?」「残業や休日出勤時間を調整してくれなかったらどうしよう?」という不安も沸くかもしれません。

必ずしもすぐに改善されるとは限りませんが、どんなに残業させられても月平均が60時間を超えることはありません。

それに、「就業条件明示書」に明記された残業時間は守るためにあるので、優良派遣事業者認定が取り消されないためにも、派遣事業者が対策を講じてくれるのは間違いありません。

優良派遣事業者を選べば残業についても安心です。


優良派遣事業者はこのようにメリットがいっぱいですが、事業者ごとの認定となっていて、パソナのように認定を受けているかが分かりにくい点がデメリットです。

なので最後にもう一度、おすすめの優良派遣事業者を紹介しておきますね。

おすすめの優良派遣事業者TOP3
【1位】テンプスタッフをチェック→http://www.tempstaff.co.jp/
【2位】オー人事.netをチェック→http://www.022022.net/
【3位】リクルートスタッフィングをチェック→https://www.r-staffing.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加