【手取り15万円できついと思うことランキング】男女500人アンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「正社員で手取り15万円って普通?」「手取り15万円で一人暮らしは可能?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

会社員で手取りが15万円になるのは、月収が18~19万円くらいの人です。

月収18~19万円から社会保険料などが引かれて、実際に手元に入る手取り額は15万円ほどになります。

今回は手取り15万円で生活する500人にアンケートを実施し、「手取り15万円でキツイと思うこと」や「理想の手取り額」について聞きました。

【調査概要】

  • 調査対象:手取り15万円の人
  • 調査日:2021年6月24日~7月7日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:500人(女性347人/男性153人)

手取り15万円 属性

手取り15万円の生活でキツイと思うこと1位は欲しいものが買えない

まず「手取り15万円ってキツイな」と思うことについて聞きました。

上位10位までをランキング形式で紹介します。

手取り15万円できついと思うことランキング (1)

1位は「欲しいものを買えない」です。

2位以下は「貯金ができない」「イレギュラーな出費への対応」と続きます。

11位以下には「子どもにお金をかけてあげられない」「将来が不安」「生活レベルを他人と比べたとき」「一人暮らしできない」「好きな家に住めない」などが入りました。

では具体的な回答を紹介します。

1位 欲しいものを買えない

  • 自分の好きなゲームの続編が出たものの、ギリギリで生活しており買えないとき(20代男性)
  • 友達が持っているようなブランド品やデパコスなんて到底買えない(30代女性)
  • 衣食住すべてにわたり、本当に欲しいものが気軽に買えない(50代女性)

手取り15万円でキツイこと第1位は「欲しいものを買えない」となりました。

「趣味にお金を使えない」「自由に使えるお金がない」「高額なものは買えない」などの意見が多数。

「欲しいものをすぐ買えない」「買うにはまず貯金しなければ」という人も目立ちました。

モノとは少し違いますが「髪を染めにいけない」「美容院に行けず、髪を自分で切っている」という回答もありました。

2位 貯金ができない

  • 引っ越したいのに、なかなか貯金がたまりません(20代女性)
  • 生活がかつかつで貯金がまったくできません(30代女性)
  • 貯金に回せる金額が少ない(50代男性)

2位は「貯金ができない」でした。

「生活費で使い切ってしまい、貯金ができない」「ほとんど貯金が不可能」「貯金が増えない」という回答が多数。

「預金通帳を見ても思うように預金額が増えていない状況を見て(キツイなと思う)」という意見も。

「夫の収入があるので不自由なことはないですが、貯金が増えれば旅行する際に贅沢できるな、と思うこともあります」という人もいました。

3位 イレギュラーな出費への対応

  • 飲み会や同窓会など、予定になかったイベントが急にはいると、支払いの準備がすぐにできない(30代男性)
  • 車検や固定資産税の支払いの月がキツいと思う(40代女性)
  • 家電の故障による修理や買い替えや、冠婚葬祭などの出費が必要になったときには困ることがあります(50代男性)

「イレギュラーな出費への対応」が3位でした。

イレギュラーな出費の具体例は「冠婚葬祭」「保険・税金の支払い」「車検」「家電が壊れて買い替えた」「光熱費が思ったより高かった」など。

「普段は生活できているけれど、急な出費があると困る」という回答も。

「友達からの誘いやお祝いごとを嬉しいと思えない」「姉の結婚が決まった際、十分な御祝儀が出せなかった」という人もいました。

4位 生活費を払うと給料が残らない

  • 生活費と車のローンを支払って残高がほとんど残らないとき(20代女性)
  • 家賃、光熱水費などの固定費を引くと「1日1000円使えないじゃん!」って思うとき(30代男性)
  • 住居費、光熱費、食費を払うとまったく残りません(40代男性)

「生活費を払うと給料が残らない」が4位でした。

「必要経費を払ったら、自由に使えるお金がほとんどなくなる」という回答が多数。

「給料日なのにすでに金欠を感じる」「給料日なのに嬉しくない」などの意見も寄せられました。

自由に使えるお金が残らないため「欲しいものが買えない」などの回答につながると推測されます。

5位 常に予算を気にする

  • 旅行など行っても安くてケチケチした宿や食事になってしまう(20代男性)
  • 外食・デリバリーをするときに、金額で取捨選択をしてしまう(30代女性)
  • なんでも買う時は一番安いもの(60代以上男性)

5位は「常に予算を気にする」です。

「欲しくても値段を見て躊躇する」「毎日の食費や外食で値段をつい気にしてしまうとき」「いちいちお金のことを気にしないといけない」といった回答がありました。

「3万円くらいのものを即決で買えない」「1万円を超えると手を出しづらくなる」から「1000円のランチはもったいなくて行けない」「100円以上のペットボトル飲料を買うか迷う」まで、躊躇する金額はさまざまでした。

「旅行で新幹線や飛行機控えがち」という人もいました。

6位 遊びに行けない

  • 友達に遊びに誘われても、金欠が理由で断らなくてはいけないとき(20代女性)
  • 週末子どもを遊びに連れて行けない(30代男性)
  • 一番使いたい交際費、遊興費に回すお金がない(40代女性)

「遊びに行けない」が6位でした。

「ゴルフに行けない」「コンサートに行けない」など娯楽に回せるお金がないという回答が寄せられました。

せっかく誘われても断らないといけないのはツライですね。

「何度も断れないのがツライ」「遊びに行ってしまうと、余裕がなくなる」という声もありました。

7位 旅行ができない

  • 親を旅行に連れていけない(20代男性)
  • 旅行に行きたいときに行けない(30代女性)

7位にランクインしたのは「旅行ができない」。

「気軽に行けない」「旅行するために何ヶ月も貯金する必要がある」などの回答が寄せられました。

とくに旅行が趣味の人はツライですよね。

8位 外食ができない

  • 外食はもってのほか(20代女性)
  • 外食を控えてしまいます(30代男性)
  • ランチなどに誘われても、ほとんどの場合、何かしら理由をつけて断らなければならない(40代女性)

8位は「外食ができない」です。

「飲みに行けない」「外食の誘いを断る」ときにツライという回答が寄せられました。

「たくさん稼いでる友人に飲み会に誘われても、毎回は行けない」という人も。

一方で「外食もなるべく控えるようにしますが、外食した方が安い場合もある。常にどちらが得か考えながら行動している」という回答もありました。

9位 節約しているとき

  • 何度も何度も家計簿をみて、やりくりしたり、自分の日用品の出費を削らないといけないとき(20代女性)
  • 食費節約のために、毎日お弁当を作らなくてはいけないとき(30代女性)
  • 毎日せっせと水筒に入れるお茶を作っているとき(40代男性)

「節約しているとき」が9位でした。

「食費を節約するために自炊」「お弁当持参が必須」「食費を削る」「常に節約を意識している」などの回答が寄せられました。

中には「食費をきりつめて、週2日ほど1日1食の日がある」という人も。

常に節約を意識していると、疲れてしまいますし心が休まらなくてツライですよね。

「子どもにもっといいものを食べさせてあげたいが、安いスーパーでの買い物が定着している」という回答もありました。

10位 生活費が足りない

  • 子どもを育てはじめると、ありとあらゆるところで支出が増えて家計が回らなくなる(30代男性)
  • ローンと生活費で給料が足りない(40代女性)

10位になったのは「生活費が足りない」です。

「ホントに生活が苦しい」「日々の支払いですべてなくなってしまうどころか、足りない」「子育て中なのでまったく足りない」などの回答が寄せられました。

「ある月の支払いが追いつかず、翌月に回すことでさらに翌月・翌々月と負のスパイラルに陥ってしまう」という人も。

「足りない」まではいかないものの「生活がカツカツ」という回答も16位(8人)に入っています。

理想の手取り額は27.9万円

続いて「理想の手取り額」を聞いたところ、回答は以下のようになりました。

手取り15万円 理想の手取り額

理想の手取り額の平均は27.9万円でした。

多くの人が20~30万円を理想としていることがわかります。

「最低20万円は欲しい」「多いほどいいが、現実的には30万円あれば助かる」などの希望が寄せられました。

中には「28万円。以前もらっていた額です」という回答もありました。

手取り15万円で転職を考えている人は67.6%

最後に「いま転職を考えていますか」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

手取り15万円 転職を考えているか

「転職活動中」「考えている」「少し考えている」と答えた人は合わせて67.6%。

多くの人が転職を検討しているとわかりました。

「転職を考えている理由「考えていない理由」について、具体的な回答と共に紹介します。

転職を考えている人の理由

  • もっと手取りを増やして余裕のある生活をしたいため(20代女性)
  • 手取りが低くて、家族を養っていけないから(30代男性)
  • 現在の職場では賞与や昇給が見込めず、将来の生活にとても不安を感じているので(40代男性)

転職を考えている人からは「収入を増やしたいから」「昇給する見込みがないから」「ギリギリの生活だから」「今のままでは将来が不安だから」という意見が多数。

「一人暮らしがしたい」「家を買いたい」「1ヶ月に10万円は貯金したい」「夫の扶養から抜けて自立したい」といった目標のために転職を考えている人も。

「今の仕事はキツイだけで給料も少ない。給料が少ないならやりたい仕事がいい」という意見もありました。

また「人間関係に不満」「会社への不信感」「休日を増やしたい」など、給料面以外の理由も複数みられました。

転職を考えていない人の理由

  • 正社員ですが時間はあるので、今のところは副業でしっかり稼いでいければいいかと考えています(20代女性)
  • スキルがないし、転職しても今よりよくなる可能性は低いと思うから(30代男性)
  • 年齢からいっても、転職のチャンスが少なく、給料があがるとも限らないから(50代女性)

転職を考えていない人からは「仕事が気に入っている」「人間関係がいい」「残業がない」「時間の融通がききやすい」「給料以外ではデメリットがない」などの意見が寄せられました。

「今の会社でスキルを磨いて、月収をあげようと思っています」「スキルアップすれば給料があがる見込み」といった理由も。

一方で「次が見つかるか不安だから」「求人がないから」「年齢的に再就職が厳しいと思う」など、「できるなら転職したいけれど、不安」と感じているのだろう海洋も目立ちました。

「どうしても足りなければ副業します」「副業で補えばいい」という意見も複数ありました。

もし、転職サイトをお探しの場合、あなたに最適な転職サイトは、以下でも検索できますのでぜひご利用ください。

転職サイト・転職エージェントを検索
年齢
性別
希望の職種
現在の年収
希望の勤務地

まとめ

手取り15万円の500人を対象にしたアンケートを行った結果、「手取り15万円でキツイと思うこと」第1位は「欲しいものを買えない」でした。

趣味や服、美容用品を我慢しているという人が多数いました。

理想の手取り額の平均は27.9万円で、20~30万円の手取りを希望する人が多くなりました。

転職を考えているか聞いたところ、6割を超える人が「転職を考えている」と回答。

「余裕のある生活がしたい」「生活が苦しい」「将来が不安」といった理由が挙がりました。

一方転職を考えていない人からは「今の仕事が好き」「いい条件で転職できないと思う」「副業で補うつもり」などの回答が寄せられました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加