【転職エージェントを利用するメリット・デメリットランキング】218人アンケート調査

転職を成功させるために、さまざまなサポートをしてくれる転職エージェント。でも、

「具体的に何をしてくれるんだろう?」

と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職エージェントを利用したことがある218人にアンケート調査を実施。

転職エージェントのメリットやデメリット、また、どんな人におすすめなのかを聞き、その結果をランキングにしました。

【調査概要】

  • 調査対象:転職エージェントを利用したことがある人
  • 調査日:2021年4月1日~5月3日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:218人(女性116人/男性102人)

転職エージェントを利用するメリットランキング

「転職エージェントを利用するメリット」を聞いたところ、結果は以下のようになりました。

転職エージェント 利用するメリット

書類作成、面接対策、仕事の紹介など、「一人でするのが難しいこと」「時間・労力のかかること」をサポートしてもらえる点が上位にランクインしました。

また、アンケート回答者の約6割が2つ以上のメリットを挙げていることから、利用者の多くは、転職エージェントに複数のメリットを感じていることがわかります。

では、ランキング上位10位までを紹介していきます。

1位 履歴書・職務経歴書の作成を手伝ってもらえる

  • 企業の担当者側に立ってアドバイスをくれるので、よりわかりやすく、具体的に書ける(20代 男性)
  • スキルシートや職務経歴書を作ったことがなくても、添削してもらえるため、見やすくアピールしやすく作れる(50代 男性)
  • 何回でも添削をしてもらえ、自分で書いたものよりもハイレベルな経歴に見えるものができた。書類選考で落とされることがなくなった(30代 女性)

転職エージェントのメリット1位は、「履歴書や職務経歴書の作成を手伝ってもらえる」でした。

転職の第一関門となる履歴書や職務経歴書の作成。

ネットやハウツー本を見ても、「ありきたりのことしか書けない」「自分の場合、どう書けばいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

転職エージェントでは、職歴や経験を上手にアピールする書き方を教えてもらえるため、魅力的な書類を作成できます。

履歴書や職務経歴書がブラッシュアップされ、書類選考の通過率が上がったとの声も。

一度作成すれば、今後の転職活動にも役立つため、履歴書や職務経歴書のアドバイスをもらえるだけでも、転職エージェントの利用価値はありそうです。

2位 自分に合う求人を紹介してもらえる

  • 自分の経歴や希望に合わせてマッチする案件を提供してくれる(30代 女性)
  • 希望する条件に合致しているところを紹介してくれるため、選考に通る確率も高く、短期間で内定をいただけた(30代 女性)

2位は「自分に合う求人を紹介してもらえる」でした。

転職エージェントでは、登録時の面談で、希望条件、経歴、スキル、キャリアプランなどを丁寧にヒアリングします。

そのため、「見当違いな会社を紹介されることがなかった」とのコメントが多く寄せられました。

また、「企業が求める人材」と「応募者の能力・スキル」を合致させたうえでの紹介なので、自分でやみくもに応募するより選考通過率が高かったとの声も多かったです。

3位 面接対策をしてもらえる

  • 面接でこうしたほうが伝わりやすい、この表現の方がポジティブに見えるなど、自分では気づきにくいアドバイスをもらえる(30代 女性)
  • リモートで何回も練習してもらえたので、実際の面接に自信がついた(30代 女性)
  • 何社かの面接を受け落ちてしまったが、落ちた理由を聞かせてくれるので次の面接対策に活かせる(20代 男性)

転職エージェントのメリット3位は「面接対策をしてもらえる」でした。

「どう答えればいいかわからない」「緊張してしまう」など、面接に苦手意識をもつ人は多いですよね。

転職エージェントでは、面接で聞かれることの多い質問や、好印象を与えられる答え方などのアドバイスをもらえます。

面接の練習をしてくれるエージェントも少なくありません。

面接対策を受けたことで、自信をもって本番にのぞめたとの声が多く聞かれました。

また、不採用の会社からエージェント経由でフィードバックをもらえる点も、転職エージェントならではのメリットとしてあがりました。

4位 転職活動がスムーズに進む

  • スピード感もあり、行きたい会社を決めるとすぐに話が進むところがよい(40代 男性)
  • 面談後、数社にまとめて履歴書を送付してもらえた。そこから面接の練習、面接、内定とスムーズに転職が決まった。時間が無い、どうすれば面接まで進めるのかなど不慣れな場合にとても役立つと思う(30代 女性)
  • うまく間に立ってスケジュールを組んでくれるので、働きながらでも就職活動ができる(20代 男性)

4位は「転職活動がスムーズに進む」でした。

転職エージェントは、応募先の選別、書類の提出、面接の日程調整など、手間や時間のかかることを代行してくれます。

また、初めての転職で何をしていいかわからなくても、エージェントが段取りを組んでくれます。

そのため、自分一人で転職活動するよりも、スムーズに転職活動が進むと感じている人が多くいました。

5位 非公開求人がある

  • 非公開求人や大手企業など、一般的な転職サイトでは募集が無い案件も紹介してもらえる(30代 男性)
  • エージェントを利用することでしか受けられない非公開の求人が多数ある(30代 女性)
  • 非公開求人を紹介してもらえる。企業の公式ホームページに掲載されていない求人もあった(30代 女性)

転職エージェントを利用するメリット5位は、「非公開求人がある」でした。

ネットなどに公開されているのは、求人のほんの一部。

転職エージェントに登録すると、一般向けには公開していない「非公開求人」を紹介してもらえます。

非公開求人には、急な欠員募集のほか、「競合他社に知られたくないプロジェクトの求人」や「重要ポジションの求人」といった優良求人も。

なかには、非公開求人が8割以上という転職エージェントもあるので、登録するだけで、求人サイトを使用している人よりも選択肢が広がります。

6位 心強い

  • 転職は新卒の時と違って仲間がいないので、辛いときに寄り添ってくれる人がいるだけで頑張ろうと思えた(20代 女性)
  • エージェントの職員が親身に対応してくれる点がよい。転職の際は味方がいない場合が多いので、何につけ話ができるのはモチベーションを保つのに役立った(30代 男性)
  • 内定まで時間がかかったが、精神面でもサポートしていただき、利用して良かったと感じた(20代 女性)

転職エージェントの担当者が精神的な支えになった、心強かったとの声もランクインしました。

転職活動には悩みがつきもの。

しかし、「同僚には転職を内緒にしている」「家族に心配をかけたくない」といった理由から、誰にも相談できない人もいるでしょう。

そのため、悩みに寄り添い、問題を解決するための具体的なアドバイスをくれるエージェントは心強い存在になるようです。

7位 転職先の選択肢が広がる

  • 自分が続けてきた仕事やキャリアをみて、全く考えもつかなかった職種を提案してもらえた(30代 女性)
  • 自分ではたどり着けない様な転職先を教えてくれた。希望した職種での紹介の多さもメリット(40代 男性)
  • 転職アプリを使用しているだけでは見つけてこないようなところからも提案してくれて、可能性は広がる(20代 男性)

転職エージェントのメリット7位は「転職先の選択肢が広がった」でした。

一人で転職活動をしていると、職種や業種の選択肢が狭くなりがちです。

一方、転職エージェントは、多様な視点から求人を探してくれるため、「自分では思いつかないような仕事を提案してもらえた」との声が多数寄せられました。

「求人サイトで似たような仕事ばかり選んでしまう」という方は、転職エージェントを利用することで選択肢が広がるかもしれませんね。

8位 自分の強みや方向性が明確になる

  • 自分の強みや市場の動向を教えてくれるので、転職活動をより有利に進められた(20代 女性)
  • 転職で成し遂げたいことを明確化できた。自分では気付かなかったセールスポイントやスキルを見付けてくれることもある(40代 女性)

8位は「自分の強みや方向性が明確になる」でした。

転職エージェントでは、これまでの経験や経歴、スキル、得意なことなどの棚卸しを行い、あなた自身が気づいていない適性や強みを見つけてくれます。

担当者のヒアリングを受けるうちに、自分自身を客観視でき、自己分析ができたという声も。

「転職はしたいけど、どんな仕事が向いているかわからない」という人にこそ、エージェントを利用する価値がありそうですね。

9位 企業や業界の情報を知れる

  • 中途入社の人のリアルな感想など、個人ではなかなか知り得ない情報を知ることができた(30代 男性)
  • 経験豊富な転職エージェントの方から見た企業の印象も聞くことができ、受けるかの判断材料の一つになった(40代 女性)
  • 転職の市場や動向を教えてくれる(20代 女性)

9位は「企業や業界の情報を知れる」でした。

ネットや口コミではわからない企業の情報や社風も教えてくれるため、選ぶ際の参考になったとの声もありました。

未経験の仕事に挑戦したい人にとっても、業界の特徴や動向に詳しいエージェントは頼りになりますね。

10位 給与交渉・条件確認をしてもらえる

  • 条件面などの交渉を代行してもらえる(40代 男性)
  • 内定後の年収等の質問等、企業には若干こちらで聞きづらい内容も全て聞いてもらえる(20代 女性)

10位は「給与交渉・条件確認をしてもらえる」でした。

前職より良い条件で働くために転職する人は多いと思います。

しかし、給与交渉をする勇気や自信がある人は少ないのではないでしょうか。

また、残業や休日出勤の有無、賞与、転勤の可能性など、確認したいけど聞きにくいことも多いですよね。

転職エージェントを介して交渉や確認をしてもらうことで、「ずうずうしいと思われないかな」「めんどくさいと思われて落とされるかも」など、無用な心配をせずにすみます。

転職エージェントを利用するデメリットランキング

続いて、転職エージェントを利用して感じたデメリットを聞いてみました。

回答数の多かった上位5位は、以下のとおりです。

転職エージェントを利用するデメリット

1位 希望と合わない求人を紹介される

  • 意向に沿わない企業の紹介もあるので、取捨選択に時間がかかった(30代 女性)
  • 希望に合わない条件でもとにかく求人を手当たり次第に紹介してくるエージェントもいる(20代 男性)
  • あまり気が進まない場合もとりあえずどんどん面接をすすめてくる。「後で断ればいい」というが、無駄な面接は受けたくないと思った(50代 女性)

1位は「希望と合わない求人を紹介される」でした。

転職エージェントの「多様な視点から求人を探してくれる点」にメリットを感じる人がいる一方で、希望とズレた求人紹介に不満を感じている人も。

  • 手当たり次第に紹介してくる
  • エージェントにメリットがある求人を勧めているのでは?

といった不信感を抱いている人が多いようです。

ただ、希望と合わない求人を紹介される理由としては、「希望職種の求人が少ない」「スキルや経験不足が原因で紹介できる求人が限られる」といった理由も考えられます。

いずれにせよ、紹介された求人に納得いかなければ遠慮せずに断りましょう。

また不信感が大きいようなら、他の転職エージェントに乗り換えるのも一つの方法です。

2位 担当者の当たりはずれがある

  • 担当者により当たり外れが大きく、連絡漏れやミスが多いなど質が悪い担当者もいる(30代 女性)
  • 本当に親身になってくれる担当者さんもいれば、見下しているような対応の所もあった(20代 女性)
  • 担当さんによって対応の差が激しく、真摯な対応をして下さる方でないと気持ちよく転職活動ができない(30代 女性)

転職エージェントのデメリット2位は「担当者の当たりはずれがある」でした。

  • 相性が悪く相談しにくい
  • 真摯な対応をしてくれない
  • ミスが多い
  • 意思疎通がうまくいかず、考えを汲み取ってもらえない

などが原因で、「転職活動がスムーズに進まなかった」「モチベーションが下がった」という人も。

「担当者がいまいち」と感じたら、変更をお願いするか、転職エージェントを変えましょう。

3位 連絡頻度が高くわずらわしい

  • 電話もメールも結構くる。時間も決まってないので、仕事をしてると結構しつこく感じる(30代 女性)
  • そこまで転職する意思がなくても電話が来たり、毎日メールが来たりする(20代 男性)
  • メールが大量に届くので、全てに目を通すのが面倒になる(30代 女性)

転職エージェントのデメリット3位は「連絡頻度が高くわずらわしい」でした。

とくに、仕事をしながら転職活動をしていると、就業時間中の連絡にわずらわしさを感じるようです。

連絡を避けてほしい時間帯、逆に連絡を受けやすい時間帯を担当者に伝えておくと、ストレスが軽減されるかもしれませんね。

また、わずらわしく感じる原因として、エージェントとの熱量の違いも考えられます。

「一刻も早く転職したいので、よい求人が出たらすぐ連絡してほしい人」と、「とりあえず登録した人」では、エージェントからの連絡に対する感じ方は全く違うからです。

面談の際に、どのようなスタンスで登録したのかを伝えておくと良いでしょう。

4位 急かされている気分になる

  • どんどん面接に関する予定が詰まっていき、少ししんどかった(20代 女性)
  • 短期間で決めたい人はいいと思うが、自身の方向性をじっくり考えたい人は急かされるので合わないかも(30代 女性)
  • あまり就職を急いでいなくても、急かされる感じがした(30代 女性)

転職エージェントのスピード感に魅力を感じる人がいる一方で、「急かされているようでしんどい」と感じている人もいました。

登録後は、応募先の選別から書類選考、面接、内定…とスピーディーに進むため、

  • 求人に応募するか
  • 面接を受けるか
  • 内定を承諾するか辞退するか

といった決断をすぐにしなければいけないからです。

自分のペースでゆっくり転職活動をしたい人には、あまり向いていないかもしれません。

5位 求人数や紹介数が少ない

  • 都会の求人情報が多く、地方で転職したい人には向いていない(30代 女性)
  • 地方求人が少ない(40代 男性)
  • 20代中心の求人が多く、30代はほとんどないと門前払いな感じを受けた(30代 男性)

地方の方からは、求人や紹介数が少なかったとの声もありました。

求人数も仕事の種類も、都市部が多く地方は少なめです。

地方在住の方は、大手転職エージェントに加え、地方特化型のエージェントにも登録することをおすすめします。

また、紹介数の少なさは、スキルや経験不足が原因の可能性も。

紹介数が少ないと感じたら、志望業種や職種を広げることも検討したほうがいいかもしれません。

転職エージェントは1~2社登録している人が7割

転職エージェントの登録数

転職エージェントを利用したことがある218人に、何社の転職エージェントに登録したか聞いたところ、「1~2社」が全体の約7割(152人/218人中)を占めました。

一方、3社以上登録した人はわずか3割。

あまり比較検討はせずに、最初に登録した転職エージェントを利用している人が大半であるとわかります。

転職エージェントがおすすめな人1位は「働きながら転職活動をしている人」

最後に、「転職エージェントはどのような人におすすめだと思いますか?」と質問しました。

回答数の多かった上位7位までをランキングで紹介します。

転職エージェント おすすめの人

1位 働きながら転職活動をしている人

  • 在職中に転職活動していて時間があまりない人。企業リストアップの時間が削れる(30代 女性)
  • 業務が忙しく日中に転職活動が難しい方。転職はタイミングが大事なので、日々リサーチをしてくれるエージェントは助けになる(40代 男性)

転職エージェントがおすすめの人1位は「働きながら転職活動をしている人」でした。

転職エージェントは、企業のリストアップ、情報収集、募集、面接の日程調整など、「手間のかかること」や「面倒なこと」を代行してくれるからです。

転職活動にあまり時間を割けない在職中の人にとって、転職エージェントはありがたい存在のようですね。

2位 転職が初めて/転職活動の進め方がわからない人

  • 転職の経験が無く、何から始めればいいのか、どうやって転職先を探せば良いのか分からない人(50代 男性)
  • 転職活動の”いろは”をしっかり聞くことができるので、安心して活動を進められる(30代 男性)

2位は「転職が初めて/転職活動の進め方がわからない人」でした。

転職は、自己分析から職種の選択、書類の作成などやるべきことがとても多いです。

初めて転職する人や、久しぶりに転職活動をする人はとまどってしまいますよね。

転職エージェントは、「どのようなスケジュール」で「何をすればいいのか」具体的にアドバイスしてくれます。

転職活動の方法がわからない方にとって、大きな助けになるでしょう。

3位 方向性が決まっていない人

  • 転職をどうしていきたいか悩んでいて方向性が定まっていない方(30代 女性)
  • 希望する業界や会社が具体的に決まってない人(20代 女性)
  • 将来のキャリアパスがまだ定まっていない人にはぴったり(30代 男性)

3位は「方向性が決まっていない人」でした。

転職エージェントでは登録時に面談を行い、スキルや経験の棚卸しを行います。

その面談の過程で、自分の強みに気づけたり、自己分析ができたりして、方向性が明確になる人が多いようです。

また、「知識のあるアドバイザーに話を聞くだけでも、職業選択の幅が広がる」との声もありました。

現時点でやりたい仕事が決まっていない人、どんな仕事が向いているかわからない人ほど、利用する価値がありそうですね。

4位 面接・書類作成のサポートをしてほしい人

  • 履歴書をあまり書いたことのない方や、面接の練習をしてもうまくできない方(50代 男性)
  • 面接の傾向と対策を完璧にしたい人や、面接で話す内容を誰かに添削してもらいたい人

4位は「面接・書類作成のサポートをしてほしい人」でした。

面接や書類作成のサポートは、「転職エージェントを利用するメリット」の1位と3位にランクインしています。

「自分自身、転職活動をするうえで役立った」という経験から、面接や書類作成が苦手な人はエージェントを利用した方がいいとの声が多く寄せられました。

大手の転職エージェントなら、面接や書類作成のサポートが手厚いところが大半ですが、具体的にどのようなサポートがあるかはエージェントごとに違います。

登録前に確認しておきましょう。

5位 すぐに転職したい人

  • 空白期間を作らずに短期間で転職先を見つけたい人(30代 女性)
  • 転職を今すぐしたいという人には複数登録した方がいい(20代 女性)

5位は「すぐに転職したい人」でした。

転職エージェントでは、企業のリサーチから、応募、日程調整などの手続きまでスピーディーに進めてくれるため、個人で行うよりもスムーズに転職活動ができます。

「無職の期間を作りたくない」「収入が途切れると困る」という方は、利用してみましょう。

また、できるだけ早くマッチする企業を見つけるために、「複数のエージェントに登録した方がいい」という声もありました。

6位 転職先の希望が明確な人

  • 自分の転職の軸がしっかりあり、希望の職種や業界が明確になっている人(20代 男性)
  • ある程度転職先や業界を絞れてる人(20代 女性)

7位は「転職先の希望が明確な人」でした。

希望する業界や職種、その他の条件がある程度決まっていると、担当者がマッチした求人を探しやすいためです。

また、希望が明確だと、条件の良い非公開求人を紹介してもらえる可能性も高くなります。

非公開求人は、応募者のスキルや条件を絞りこんでいるケースも多いため、あなたの希望やスキルにマッチしていれば、担当者が声をかけてくれるからです。

職種・業種・希望の仕事内容が絞れている人は、短期間で転職先が決まるかもしれませんね。

7位 キャリアアップしたい/好条件の仕事がしたい人

  • スキルをお持ちで、年収アップの転職を希望される方(40代 男性)
  • 質の良い求人を探している人(30代 女性)
  • スキルアップをしたい、収入を今までよりも安定させたいと考えている人(60代 男性)

7位は「キャリアアップしたい/好条件の仕事がしたい人」でした。

転職エージェントは、「希望年収」「配属されるポジション」などから仕事を探すことも可能。

現在の給料や仕事内容が能力に見合っていないと感じている人は、年収アップ、キャリアアップが叶う求人を探してもらえます。

また、「年収1,000万円以上」や「管理職求人が豊富」といったハイクラス向けの転職エージェントもあります。

自分の目指す仕事やポジションにつけるエージェントを選びましょう。

まとめ

転職エージェントは、仕事紹介だけでなく、「面接対策」「書類作成」「応募先の選別」「日程調整」「年収交渉」など、あらゆる方向から転職活動をサポートしてくれます。

また、エージェントとの面談により、自分の適性や強みが明確になったという声も多く聞かれました。

  • 在職中で転職活動に時間を割けない人
  • 転職の進め方がわからない人
  • 自分の市場価値を知りたい人
  • 転職を有利に進めたい人
  • 求人サイトでは思うような仕事が見つからなかった人

以上のような人は、利用してみてはいかがでしょうか。