【年収500万円台の職業ランキング】男女270名アンケート調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 自分の年収って、同年代に比べて多いのかな?
  • 稼げる業種や職種ってなんだろう?

と気になることってありますよね。

同窓会で年収の話になり、同級生の年収に「そんなにもらっているの?」とか「少ないんじゃない?」と驚いた経験をした人もいるかもしれません。

国税庁の調査によると、2018年の日本人の平均年収は約441万円。

国税庁 平成30年分民間給与実態統計調査結果

そこで今回は平均を上回る「年収500万円台」の人を対象にアンケートを実施し、「どんな仕事をしているのか」や「年収への満足度」について聞きました。

また、「未経験から目指せる年収500万円の職業」や「年収500万円を稼ぎたい人向けの転職エージェント&転職サイト」も紹介しています。

【調査概要】

  • 調査対象:年収500万円台の男女
  • 調査日:2021年3月23日~4月6日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:270人(男性181人/女性89人)

属性

年収500万円台の職業ランキング

年収500万円台の270人に「あなたの職業は?」と聞いたところ、回答は以下のようになりました。

回答が多かった順に7位までを、ランキング形式で紹介します。

年収500万円台の職業

1位は「営業職」、2位は「事務・管理部門」でした。

3位以下には「医療系専門職」や「ITエンジニア」など、いわゆる「手に職がある」職種が多くランクイン。

8位以下にも、メーカーの技術職などの「技術・開発職」、介護士などの「福祉系専門職」、設計や測量などの「建築・土木技術職」、そして「士業・コンサルタント」が入りました。

1位 営業職

  • 人材派遣の営業職(20代男性)
  • 化粧品営業(30代女性)
  • 保険や投資信託など、金融商品の営業(40代男性)

年収500万円台の職業1位は「営業職」。

成績によってインセンティブがつき、高額収入を得られる可能性が高い職種ですよね。

「インセンティブが高額で、営業職の収入がとくに高い」とされるのは不動産業界や金融業界。

しかし今回のアンケートでは、不動産や金融だけではなく、メーカーや小売などさまざまな業界の営業パーソンから回答をいただきました。

幅広い業種で、年収500万円台の営業職が活躍しているようです。

2位 事務・管理部門

  • 急性期の医療機関での総務人事(20代男性)
  • 教育支援事業の一般事務(30代女性)
  • 自動車部品の品質管理業務における総務・経理(40代男性)

2位は「事務・管理部門」でした。

営業職同様、サービス業や物流など、さまざまな業界から回答が寄せられています。

事務・管理部門の中でも比較的収入が高いとされる「人事」「経理」という回答が目立ちました。

3位 医療系専門職

  • 急性期病院の病棟看護師(20代女性)
  • 大手調剤薬局の薬剤師(30代女性)
  • 病院の作業療法士(40代男性)

看護師、薬剤師、理学療法士などの「医療系専門職」が3位でした。

夜勤がある医療職の場合には、夜勤手当もつきます。

ただ「仕事のわりに収入が低い」「夜勤もしているのだから、もっと収入が高くてもいいはず」という意見も多く、仕事のハードさもうかがえました。

4位 技能工

  • トンネル掘削作業員(30代女性)
  • 水道設備工。主な仕事内容はビルやマンションやアパートの水道給排水の配管工事です(40代男性)
  • 自動車メーカーの販売店の整備士(50代男性)

4位は整備士、技師、工事現場での作業員、製造職などの「技能工」でした。

危険な現場で働く人の収入は高くなる傾向がありますし、交代勤務がある製造業などでは手当もつきます。

熟練の技術を身につければ、さらなる年収アップも見込めそうですね。

5位 ITエンジニア

  • 独立系SIerのシステムエンジニア(20代男性)
  • 地方公共団体のシステム保守を担当しているシステムエンジニア(30代男性)

5位はインフラエンジニアやシステムエンジニアなどの「ITエンジニア」です。

「業種別の年収ランキング」でもIT・通信系は上位に入るので、妥当な結果といえそうです。

ただしITエンジニアの年収は、職種・スキルによる差が大きいという特徴があります。

6位 自営業・フリーランス

  • フリーランス翻訳者(20代女性)
  • FXトレーダー(30代男性)
  • 企業の契約農家。野菜農家です(40代女性)

6位は「自営業・フリーランス」です。

自営業の内容は「農業」「配送業」「個人投資家」「飲食店経営」「賃貸経営」などさまざまです。

会社や店舗を構えている人からクラウドワーカーまで、形態もさまざま。

なお、自営業・フリーランスの17人中「転職経験がない(最初から自営業)」という人は3人のみでした。

7位 管理職・経営層

  • 不動産業の取締役(20代女性)
  • 病院事務長(30代男性)
  • 保険代理店の管理職(50代男性)

各業界の「管理職」が16人で7位でした。

20代や30代で管理職・経営層として働いている人も8人と、半数にのぼりました。

なお管理職の中でも収入に「不満」と答えた人は4人おり、「責任の重さに対して、収入が見合っていない」という意見が寄せられました。

年収500万円台に満足している人は58.5%

続いて「今の年収に満足しているか」を聞いたところ、回答は以下の通りでした。

年収への満足度

満足している人は58.5%で、半数は超えたものの、6割に達しませんでした。

「平均年収以上に稼いでいても、年収に不満がある人は多い」という意外な結果ですね。

そこで、年代による満足度の違いを知るために、20~30代と40代以上で比較してみました。

年代別年収への満足度

40代以上のほうが、満足度が低いとわかりました。

「勤続年数や任される仕事のわりに、収入が伸びない」「子どもの進学を控え、もっと収入が欲しい」といった不満があるのだろうと考えられます。

では具体的な回答をもとに「満足している理由」「満足していない理由」をご紹介します。

年収に満足している人の理由

  • 同期に比べて結構もらえているため(女性、20代)
  • 自分の仕事に見合った報酬を得られていると感じているから(男性、30代)
  • 趣味や日常生活にゆとりをもてているので満足しています(男性、40代)

年収に満足している人からは「同年代より給料が高い」「この業種にしてはもらっているほう」など、「まわりに比べて給料が高いから満足」という意見が寄せられました。

また「生活していくには十分」「給料と仕事の負担が見合っているから満足」という声も目立ちます。

年収に不満がある人の理由

  • 基本給が低く、残業代で稼いでいるようなものだから(女性、20代)
  • 子どもの養育費を考えると、年齢的にはもう少し年収をあげたい(男性、40代)
  • 仕事がハードなわりには給料が少ない(男性、50代)

不満がある人からは「仕事と給料が見合っていない」という意見が多く寄せられました。

「給料は高いが、そのぶん仕事がハード」という不満ですね。

子育て中やローン支払い中の人からは「年収500万でも生活がカツカツ」という声も。

また「以前はもっと収入が高かった」という人もいました。

年収500万円台の人の転職回数平均は2.5回

最後に年収500万円台の人に転職回数を聞くと、結果は以下のようになりました。

転職回数

転職経験なしの人が107人なのに対し、転職経験がある人は163人で、「転職経験あり」が「転職経験なし」を上回りました。

また転職経験者163人の平均転職回数は2.5回でした。

転職経験がある人からは「(今の仕事は)インセンティブが入り、今まででいちばん稼げている」などの回答が。

よりよい条件・満足できる待遇を求めて転職している人が多いと推察できます。

未経験から目指せる年収500万円の職業

この章では、未経験から年収500万円を目指せる職業を3つ紹介します。

【1.インセンティブありの営業職】異業種からの転職も歓迎

年収500万円が目指せる職業1つ目は、インセンティブのある営業職です。

固定給の仕事とは違い、能力によって収入が増減する厳しい世界ですが、努力次第で同年代の平均年収を大幅に上回ることも可能。

当アンケートでも、営業職は年収500万円以上の職業の第1位となっています。

また、営業職の特徴として「未経験者」でも転職しやすいことが挙げられます。

一般的に、転職では前職の実績や経歴を重視されますが、営業の扱う商品やサービスは企業によって異なるため、入社時点で業界知識や実績などを求められることが少ないためです。

実際、大手の外資系金融機関では、全く異なる業界や職種からの採用を積極的に行っています。

今の業種や職種では年収アップの見込みが少ないという方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。

【2.技能工】学歴不問・未経験可の求人多数

建設現場や電気工事、自動車・機械の製造工場の作業員といった「技能工」も未経験から年収500万円を目指せる職業です。

学歴不問でスタートできる求人が多く、当アンケート結果でも、

  • 生活に不自由なく同年代より稼げている(20代 男性)
  • 地元は田舎で低収入が多い中、勤務先は高給だと感じている(30代 男性)

のように、若い世代でも500万円以上の年収を得ているという声が多く寄せられました。

また、資格を取得したり、経験を積んだりすると、昇給や資格手当によって年収アップできる企業も多いです。

ただし、オフィスワークとは違い、危険を伴ったり体力が必要だったりというデメリットも。

「労働時間が長い」「残業や深夜勤務があるから稼げている」といった声もあるため、求人広告の年収だけで判断せず、労働条件や昇給システムなどもしっかり確認しましょう。

【3.ITエンジニア】人材不足の今がはじめるチャンス

ITエンジニアなら、未経験から年収500万円を目指すことが可能です。

転職サイト「doda」の調査によると、ITエンジニアの年収平均は、全職種の平均年収409万円より43万円も高い452万円。

30代の年収は平均511万円、40代は615万円と右肩上がりです。

参考:【doda】平均年収ランキング

また、IT業界は深刻なエンジニア不足。

経済産業省の調査では、2030年に約79万人の人材が不足するという試算が発表されています。

参考:【経済産業省】IT人材需要に関する調査

そのため、求人は豊富にあり、エンジニア未経験者を積極的に採用している企業も多いです。

未経験からエンジニアになるためには、専門学校・プログラミングスクール・独学などでプログラミングを学ぶ必要があります。

在職中の方が効率よく学ぶなら、テックキャンプのような、短期間でカリキュラムが終了し、転職支援もあるプログラミングスクールを利用するとよいでしょう。

将来性もあり、高収入ものぞめる職種ですので、ぜひ挑戦してみてください。

年収500万円を稼ぎたい人向け転職エージェントや転職サイトの活用もあり

年収500万円以上稼ぎたい方には、転職エージェントや転職サイトを活用するのもひとつの選択肢として言えるでしょう。

転職エージェントに相談したり転職サイトのシステムを使うことで、あなたの希望年収に合わせた転職先を見つけやすいからです。

あなたに最適な転職サイトは、以下でも検索できますのでぜひご利用ください。

転職サイト・転職エージェントを検索
年齢
性別
希望の職種
現在の年収
希望の勤務地

まとめ

年収500万円台の男女270人を対象にアンケートを行ったところ、「年収500万円台の職業」第1位は「営業職」でした。

また「年収への満足度」を聞いたところ、現在の年収に満足している人は58.5%で、年収に不満がある人も4割を超えるという結果に。

不満足の理由で目立ったのは「仕事と収入が見合っていない」「子育てでお金がかかるから、収入がもっと欲しい」という意見でした。

また270人中転職経験がある人は163人で、転職経験がない人の数を大きく上回っています。

転職した人からは「転職して年収があがった」という声も寄せられており、転職によってよりよい待遇を手に入れた人もいるとわかりました。

「転職したら、一時的に収入が下がるかも」と心配している人もいるかもしれませんが、実際には年収アップを実現している人も多数。

気になる方は「年収アップの転職」が得意な転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加