夜勤の仕事におすすめの派遣会社ランキング【求人数&口コミ調査】

世間が寝ている間に働く「夜勤」のお仕事。

夜勤手当がつくため、昼間の仕事よりも「稼げる」一方で、体調管理が大変な仕事でもあります。

「工場」や「医療・介護現場」「コールセンター」といった仕事は、夜勤の求人が多い職種ですよ。

派遣で夜勤の仕事をしてみたいと思っていても「どうやって探せばいいかわからない」「自分に夜勤は勤まるかな」など、疑問や不安を持っている人も多いのではないでしょうか。

派遣で夜勤の仕事を探している人は、「夜勤の求人数が多い派遣会社」に登録するのがおすすめ。

夜勤をする仕事は職種がある程度決まっているため、大手派遣会社でも夜勤の求人をほとんど扱っていない場合もあるので注意してくださいね。

そこで当記事では、夜勤の求人数が多い派遣会社をランキングでご紹介。

求人数が多い派遣会社であれば、希望条件に合った求人を見つけやすいですよ。

また、「どんな人が夜勤の仕事に向いているか」独自調査し、リアルな声をお届けします。

さらに、「複数登録するときのオススメ派遣会社の組み合わせ」も紹介しているので、気になる方は最後まで読んでくださいね。

この記事を読めば、夜勤の仕事をするにはどの派遣会社に登録すればいいか悩むことはなくなるでしょう。

夜勤の仕事におすすめの派遣会社ランキング

ではさっそく、夜勤で働きたい人向けの求人が多いおすすめの派遣会社の発表です。

ランキング 派遣会社名 夜勤の求人数(件)
1位 スタッフサービス・メディカル 20,623
2位 マンパワー 8,937
3位 きらケア 2,247
4位 テクノ・サービス(働くナビ!) 1,596
5位 ブレイブ 1,058
6位 テンプスタッフ 653
7位 ランスタッド 524
8位 グロップ 481
9位 パソナ 441
10位 日研トータルソーシング 100

(調査日 2021年3月21日)

【1位 スタッフサービス・メディカル】未経験OKの求人多数

スタッフサービス・メディカルは、大手派遣会社のスタッフサービスが運営する看護・医療・介護分野に特化した派遣会社。

未経験・無資格OKの求人に力を入れているので、登録者の55%が他業種で働いていたというデータがあり、「未経験で就職できるか不安」「ブランクがある」「中高年で転職できるか心配」という方でも気軽に登録できます。

医療・介護の仕事はシフト制で交替勤務のところが多く、夜勤の求人も豊富。

「夜の空いた時間に働きたい」「夜勤をして稼ぎたい」「副業で夜勤をしたい」という方は派遣スタッフとして働くと高単価になりやすいですよ。

スタッフサービス・メディカルでは条件を満たせば社会保険に加入でき、有給休暇制度、育児・介護休暇制度もあり福利厚生が充実しています。

一人ひとりに専任の担当者が付き、お悩み相談やお仕事紹介、キャリアプランの提案まで手厚いフォローがあるので、希望の求人に出会いやすく効率よくお仕事探しができますよ。

スタッフサービス・メディカルの特徴
  • 未経験OKの求人多数
  • 福利厚生が充実
  • 担当者のお悩み相談あり

スタッフサービス・メディカルの公式サイトを見る

【2位 マンパワー】業界問わず多数の求人あり

マンパワーグループは、米国マンパワーグループの日本法人で1966年日本初の人材派遣会社として設立しました。

50年以上の実績をもとに人材サービスを提供し、成長を続けています。

マンパワーは、分野を問わず多数の求人からお仕事を探せ、大手有名企業のお仕事案件もあるので、憧れの企業で派遣社員として働けるチャンスがありますよ。

「オフィス・事務系」「金融事務系」「営業・販売サービス系」「コールセンター系」「IT系」「Web・映像・クリエイター系」「医療・看護・福祉系」「製造・物流・軽作業系」など、扱っている職種は多岐にわたります。

夜勤のあるお仕事案件も多数あり、収入UPを目指せますよ。

また、マンパワーグループクラブオフという福利厚生サービスがあり、リゾート・レジャー・スパ・ショッピング・グルメ・エステなど、登録者限定の特別割引が受けられます。

夜勤で働き、昼間はショッピングなど、暮らしを楽しみながら仕事を続ける環境が整っています。

キャリアサポートとしてオンライントレーニングや集合研修、セミナーやイベントがあり、働きながら学習ができるので、スキルアップし可能性を広げられますよ。

マンパワーの特徴
  • あらゆる分野から求人を選べる
  • 福利厚生サービスが充実
  • 手厚いキャリアサポートあり

マンパワーの公式サイトを見る

【3位 きらケア】就業前に職場の詳細情報が分かる

きらケアはレバレジーズメディカルケア株式会社が運営する人材紹介・人材派遣サービスで、介護業界に特化した求人を扱っています。

きらケアには、医療介護分野に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、医療施設や介護施設を直接訪問して得たリアルな情報も提供してもらえますよ。

職場の雰囲気や施設設備、人間関係、離職率などの求人内容だけでは把握できない気になる情報を事前に確認できるので、就業後にギャップを感じることが少ないのも特徴。

介護分野では24時間の交代勤務や、夜勤可能な人を歓迎する求人があり「夜勤をして収入を増やしたい」「夜の空いた時間に働きたい」「高単価で働きたい」という方にピッタリの仕事が見つかります。

転職後のフォローとしてお悩みや困りごとを担当者に相談できるので、問題解決しやすく新しい職場に早く慣れてスムーズに働けますよ。

きらケアの特徴
  • 職場のリアル情報を共有してもらえる
  • 夜勤の求人多数
  • 就業後の相談可能

きらケアの公式サイトを見る

【4位 テクノ・サービス】製造業の求人多数

テクノ・サービスが運営する「働くナビ」は製造業・工場の求人を主として、お仕事情報を提供する人材派遣会社です。

テクノ・サービスは、軽作業の仕事から機械操作などの技術が身に付くお仕事まで、さまざまな求人があり、製造分野で高い評価を得ていますよ。

シフト制や交替制のお仕事があり「夜間の空いている時間に働きたい」「夜勤をして高単価で働きたい」という方にも多数の案件があります。

安全管理への意識が高く、各種社会保険も完備しています。

また、就業後や就業中の悩みやトラブルへの対応をしてもらえるなど、手厚いフォローも。

給料日前に働いた分の給与が受け取れる「お財布応援制度」や、お友達紹介で電子マネーがプレゼントされる制度もあり、急いで資金が欲しい時に嬉しいサービスを利用できますよ。

テクノ・サービスの特徴
  • 製造業の求人に強い
  • 働く時間を選べる
  • 給与の前払い制度あり

テクノ・サービスの公式サイトを見る

【5位 ブレイブ】無料で受講できる介護職向けの講座あり

ブレイブは人材サービスを提供する企業で、医療・福祉・保育・オフィス業界の人材派遣、人材紹介、紹介予定派遣を行っています。

ブレイブでは、未経験から介護分野に転職する方のために、「ブレイブケアアカデミー」というオリジナルの講座を無料で受講できるサービスがあるため、無資格からでもお仕事をはじめられますよ。

また、ブレイブには給与の前払いができる福利厚生サービスがあり、申請すると働いた分の一部を給料日より前に受け取れるので「すぐに現金が欲しい」という方には便利ですよね。

ブレイブにはキャリアコンサルタントが在籍しており、専門分野の詳しい仕事内容を教えてもらえます。

自分の強みやスキルを活かしたお仕事紹介が可能なため、納得して働けますよ。

ブレイブの特徴
  • オリジナル講座あり
  • 給与前払いサービスあり
  • キャリアコンサルティングが受けられる

ブレイブの公式サイトを見る

【6位 テンプスタッフ】業界トップクラスの求人数

パーソルテンプスタッフは、人材派遣会社として歴史や実績があり、さまざまな雇用のかたちを提案し、障害者雇用に力を入れるなど積極的に社会貢献を行う企業です。

テンプスタッフは業界トップクラスの求人数を誇り、保有する求人の業種や職種はさまざまなので、分野を絞らず幅広くお仕事探しができます。

夜勤の仕事は高時給になりやすく「稼ぎたい」「空いた時間に夜勤をしたい」「副業したい」という方に人気があり、業界を問わずさまざまなお仕事情報が選べます。

スキルアップ支援があり自分の興味がある分野での資格取得を目指す講座や、専門知識を身につける講座を受講できるので、働きながら学びたい人に便利で利用したいサービスです。

福利厚生が充実しており、社会保険制度・健康診断・有給休暇制度に加えて、ライフサポートやカルチャー講座・旅行や施設割引が受けられる特典もありますよ。

テンプスタッフの特徴
  • トップクラスの求人数
  • 分野・業界を問わず求人が探せる
  • スキルアップ支援あり

テンプスタッフの公式サイトを見る

【7位 ランスタッド】自分の望む雇用形態が選べる

ランスタッドは55年以上の実績をもとに、仕事を探している人と人材を活用したい企業のニーズに応え、適切なマッチングができるよう人材サービスを提供し、社会貢献活動を行っています。

ランスタッドでは、さまざまな雇用形態の求人を幅広く扱っており、正社員・派遣社員・短期・単発のアルバイトなどから選べるので、自分の望む働き方ができますよ。

「事務・オフィスワーク」「製造・工場・軽作業」「ドライバー派遣」「在宅勤務の派遣サービス」に強みがあり、障害者の転職支援も行っています。

夜間勤務が必要なお仕事もあり、日勤・夜勤のあるシフト制勤務、夕方から夜間にかけて、夜間から早朝にかけての仕事を選べます。

単発や短期アルバイトのお仕事があり「高単価で働きたい」「空いた時間で効率よく稼ぎたい」という希望も叶いますよ。

ランスタッドの特徴
  • さまざまな雇用形態から選択できる
  • 在宅勤務に特化した派遣サービスあり
  • 夜勤勤務の仕事紹介あり

ランスタッドの公式サイトを見る

【8位 グロップ】就業後のフォロー体制充実

グロップは創業以来40年以上、数万人の人材採用を行ってきた強みを活かして人材派遣・人材紹介事業にも力を入れています。

グロップでは、配属後のスタッフをフォローするための専任者(マネージメントエキスパート:ME)を配置しており、仕事開始後でも相談できる環境を整えています。

MEは、スタッフの教育・労務管理・仕事面のアドバイス・精神面をフォローするなどきめ細かいケアを行い、仕事を続けやすいよう配慮していますよ。

「事務・コールセンター」「軽作業」「物流・運搬」「製造・工場」「在宅」「医療・介護・福祉」など、扱っている職種は多岐にわたるので、条件に合うお仕事の選択が可能。

24時間で交替勤務の仕事があるので「夜勤をして稼ぎたい」「高単価の夜間の仕事で収入を増やしたい」という方にピッタリの仕事も見つかりますよ。

資格取得支援やeラーニングでの教育訓練メニューが用意されているため、自分のペースで学習してスキルアップも目指せます。

グロップの特徴
  • 安心のフォロー体制
  • 幅広い業種から求人を選べる
  • 教育支援あり

グロップの公式サイトを見る

【9位 パソナ】国内トップクラスの福利厚生サービスあり

パソナグループは創業40年以上、人材派遣会社として就業や雇用の在り方を社会に提案し、社会貢献活動を続ける企業です。

パソナでは、心身ともに健康で安心して派遣の仕事ができるように、さまざまな福利厚生サービスを提供しています。

社会保険や有給休暇制度だけでなくリゾートや旅行の割引、趣味や教養講座の受講ができるなど幅広く優待を受けられますよ。

キャリアコンサルティングやマイキャリアコーチ制度があり、オリジナル講座や研修を受講できるので「知識やスキルを身に付けたい」「キャリアアップしたい」という方にもピッタリ。

分野を問わず全国に求人多数で幅広い選択肢があるので、職種からお仕事探しができるだけでなくライフスタイルを重視して選ぶこともできます。

パソナの特徴
  • 福利厚生サービス完備
  • キャリアアップ支援が充実
  • 分野を問わず多数の求人あり

パソナの公式サイトを見る

【10位 日研トータルソーシング】全国に研修施設ありスキルアップができる

日研トータルソーシングは、働く人と企業の信頼関係を大切にした人材サービスを提供し、技術支援やキャリアサポートも行っています。

テクノセンターという研修施設が全国にあり、給与を受け取りながら講座を受講できるだけでなく、未経験から専門スキルを身に付けられる有益なサポートがあり、学習環境が整っていますよ。

お仕事情報が多数あり、とくに「工場・製造業求人」「ものづくりの技術者・エンジニアの求人」「医療福祉分野の求人」「建設・土木分野の求人」に強みがあります。

24時間365日体制のシフト勤務の求人があり「夜勤をして年収を上げたい」「夜間に働ける求人を探している」という方にピッタリの仕事も見つかります。

キャリアコンサルタントやキャリアサポーターが全国に在籍しており、キャリア面談や研修の受講、資格取得支援を受けることもできますよ。

日研トータルソーシングの特徴
  • 実践的な専門技術の研修を受講できる
  • 資格取得支援あり
  • キャリアアップ相談が可能

日研トータルソーシングの公式サイトを見る

口コミからわかった派遣で夜勤の仕事がおすすめな人ランキング

この章では、「派遣で夜勤の仕事がおすすめな人」「向いている人」をランキング形式で紹介していきます。

実際に、派遣社員として夜勤で働いたことがある99人の口コミを集計したランキングとなっています。(複数回答あり)

派遣で夜勤の仕事に興味のある人は、自分に合っている仕事かどうかぜひチェックしてみてください。

派遣の夜勤に向いている人のグラフ

1位 夜型の人(46人)

夜勤の仕事がおすすめの人、第1位は「夜型の人」です。

夜勤の仕事は、一般的な日常のサイクルとは逆の生活になるからですね。

夜勤はその名の通り、夜に勤務するお仕事です。

勤務中に眠くならずにしっかりと働けることが大前提となりますよ。

また、夜勤で働いている人の就寝時間は朝から昼間。

明るくても、周りが多少うるさくても眠れることが必要です。

睡眠時間をしっかりと取れなければ、仕事に支障が出るだけでなく、思わぬケガをしてしまうこともあるからですね。

「朝が弱い」「夜ふかしが得意」「昼夜逆転しても大丈夫」「いつでもどこでも眠れる」など、夜型の人は夜勤の仕事に向いていますよ。

2位 体力のある人(24人)

夜勤の仕事がおすすめの人、第2位は「体力のある人」です。

「昼間は活動し、夜は寝る」という一般的な生活リズムとは逆の生活になるため、体調を崩しやすいからですね。

とくに、夜勤のみの仕事よりも日勤と夜勤のある仕事のほうが不規則な勤務となるため、体力的にキツイという意見がありましたよ。

また、昼夜逆転の生活でも乗り切れる体力が必要となるため、「体力」という面で考えると、男性や若い人のほうが夜勤に向いていると言えます。

「とにかく体力には自信がある」という方は夜勤のお仕事がおすすめです。

3位 稼ぎたい人(13人)

夜勤の仕事がおすすめの人、第3位は「稼ぎたい人」です。

夜勤の仕事には、深夜手当がつくからですね。

午後10時から午前5時までの間に働いた時は、時給の25%以上が上乗せされる「深夜割増手当」が適応されます。

派遣でも「深夜手当」はつくのか不安に思う人もいるかも知れませんが、「深夜割増手当」は労働基準法で定められているので、派遣社員でも深夜手当は付きますよ。

時給1,000円であれば、1,250円の時給になるわけですね。

さらに、この手当は「25%増し以上」となっているので、職場によっては25%以上の手当がつくこともあります。

深夜手当がつくかつかないかでは、かなり金額に差が出ることになりますよね。

少しでも高い時給で働きたい人や稼ぎたい人は、夜勤の仕事がおすすめです。

4位 人と関わるのが苦手な人(10人)

夜勤の仕事がおすすめの人、第4位は「人と関わるのが苦手な人」です。

仕事にもよりますが、夜勤の仕事は一人でコツコツやる仕事が多いからですね。

夜間は従業員の人数を抑えていることが多いため、昼間の仕事と比べると人との関わり自体が少ないです。

また、仕事での付き合いだけでなく、プライベートで友達に誘われたとしても「夜勤だから」と断りやすいですよね。

「あまり人と深く関わりたくない」「人付き合いが苦手」という人は、夜勤の仕事に向いていますよ。

夜勤の仕事におすすめの派遣会社の選び方ポイント4つ

夜勤の仕事を探している方におすすめの派遣会社を紹介してきましたが、いざ登録をしようと思ったときに、「結局どこの派遣会社を選べばいいかわからない」という方もいるのではないでしょうか。

「登録したけど条件にあった仕事が見つからない」なんてことがないように、夜勤の仕事におすすめな派遣会社の選び方のポイントを4つ紹介します。

  • 登録は1社にこだわらず複数登録する
  • 勤務したいエリアの求人数が多い派遣会社を選ぶ
  • 働きたい職種に強い派遣会社を選ぶ
  • 自分は何にこだわっているかを明確にして派遣会社を選ぶ

上記にあげたポイントをそれぞれ説明していきますね。

1、登録は1社にこだわらず複数登録する

ポイントの1つ目は、派遣会社に登録する際には、1社にこだわらず複数登録するようにしましょう。

複数登録したほうが、仕事の選択肢が増えたり、同じ仕事でも高い時給で働けたりするためですね。

「何社も派遣登録したら管理が大変そう」「複数登録しているのがバレたら仕事の紹介が減るのでは?」など不安に思う方もいると思います。

しかし、派遣会社の複数登録は多くの方がやっていることであり、複数登録したことが問題になることはありません。

派遣会社によっては、「独占求人」を扱っていることもあります。

複数の派遣会社に登録したほうが、さまざまな仕事に出会えるチャンスも広がりますよ。

また、同じ職場・同じ仕事でも派遣会社によって時給が違うのは「派遣あるある」の一つ。

登録する際には、大手派遣会社を含め2~3社登録するのがおすすめです。

大手派遣会社は、福利厚生が充実していて安定性が高いからですね。

以下、複数登録におすすめの派遣会社の組み合わせをご紹介しますね。

複数登録におすすめの派遣会社の組み合わせ

1.高時給で働きたい人向け

できるだけ高い時給で夜勤の仕事をしたい方は、スタッフサービス・メディカルパソナに登録しましょう。

スタッフサービス・メディカルは、介護や医療系に特化した派遣会社です。

大手派遣会社であるスタッフサービスと同じグループ会社なだけに、豊富な求人数をもっていて、その中には高時給の求人も多数。

「未経験OK」や「資格なしOK」の求人も扱っています。

一方のパソナは、同じ仕事でも他社と比べると高時給で働けることの多い派遣会社です。

扱っている職種もさまざまで、2,000円以上の高時給案件も多数ありますよ。

スタッフサービス・メディカルの公式サイトを見る

パソナの公式サイトを見る

2.仕事内容にこだわる人向け

夜勤の仕事を選ぶときに仕事内容を重視している方は、テンプスタッフテクノ・サービス(働くナビ!)に登録しましょう。

夜勤の仕事は眠気に襲われてしまうことや少人数で働いていることもあり、難しい仕事や危ない仕事よりも軽作業のような簡単な仕事を求める方が多いです。

テンプスタッフは「データ入力」のような、室内で安全にできるオフィスワークを多数扱っています。

オフィスワークは苦手という方でも安心してください。

接客や軽作業といった仕事も豊富にありますよ。

一方のテクノ・サービスは、製造業や工場の仕事に特化した派遣会社。

求人検索では「簡単作業(軽作業)」や「座り仕事」が選べるので、夜勤では単純作業をやりたいという方にもピッタリの仕事が見つかります。

テンプスタッフの公式サイトを見る

テクノ・サービス(働くナビ!)の公式サイトを見る

3.残業の有無にこだわる人向け

夜勤の仕事を選ぶときに残業の有無を重視している方は、マンパワーテンプスタッフに登録しましょう。

「とにかく早く寝たいから残業なしの仕事がいい」「お金を稼ぎたいから残業はある程度やりたい」など、それぞれの事情によって残業のとらえ方も違いますよね。

マンパワーは、「残業なし」「残業5時間以内」「残業20時間未満」「残業20時間以上」の条件から仕事が選べます。

夜勤の求人も多いので、希望にあったお仕事を見つけやすいですよ。

一方のテンプスタッフも、「残業なし」「残業20時間未満」「残業20時間以上」の条件から仕事が選べます。

マンパワーの公式サイトを見る

テンプスタッフの公式サイトを見る

2、求人数の多い派遣会社を選ぶ

ランキングでも紹介したとおりポイントの2つ目は、夜勤の求人数が多い派遣会社を選ぶことです。

求人数が多ければ選択肢も広がり、希望にあった仕事が見つかりやすいからですね。

また、求人数が多ければ一つの仕事に応募が集中することも少ないため、採用にも繋がりやすいですよ。

求人を調べる際には、「勤務したい地域+夜勤」で検索をして、ヒットした求人が多い派遣会社を選ぶようにしましょう。

条件にあった求人が少なかったときは近隣のエリアまで範囲を広げて検索するのもおすすめですが、夜勤なので「電車がない」なんてことがないように就業時間や交通手段も考えるようにしてください。

大手派遣会社は、どのエリアでも多くの求人数をもっていることも多いですが、地域に密着した派遣会社も大手に負けない求人数を扱っていることもあります。

まずは登録する前に、大手・地域位密着型の派遣会社を含め、夜勤の求人をどれくらい扱っているのかを確認してくだいね。

「自分が働きたい地域にどんな派遣会社があるのかわからない」という方は、以下のページを参考にしてください。

都道府県別おすすめ派遣会社一覧

北海道・東北 北海道 青森 秋田 宮城 岩手 山形 福島
甲信越・北陸 山梨 福井 新潟 富山 石川 長野
関東 東京 千葉 埼玉 神奈川 群馬 栃木 茨城
東海 愛知 岐阜 静岡 三重
関西 大阪 京都 奈良 和歌山 兵庫 滋賀
中国 岡山 山口 島根 鳥取 広島
四国 高知 徳島 香川 愛媛
九州・沖縄 福岡 佐賀 宮崎 大分 鹿児島 熊本 長崎 沖縄

3、働きたい職種に強い派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶポイントの3つめは、働きたい職種に強い派遣会社を選ぶことです。

さまざまな職種で夜勤の仕事があるからです。

夜勤の仕事は、「製造業・工場」「医療・介護系」「コールセンター」などの職種で多いです。

同じ夜勤でも工場で働くのか、介護施設で働くのかでは仕事内容がまったく違いますよね。

工場で働きたいのなら「製造業・工場」に強い派遣会社に、介護施設で働きたいのなら「介護系」に強い派遣会社を選ぶようにしましょう。

前の章で紹介したおすすめの派遣会社は、大手派遣会社から介護系、製造業系に強い派遣会社など、さまざまな職種で夜勤の仕事ができる派遣会社です。

派遣会社を選ぶ際には、ぜひ参考にしてくださいね。

4、自分は何にこだわっているかを明確にして派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶポイントの最後は、自分は何にこだわっているかを明確にして派遣会社を選ぶことです。

派遣会社にはそれぞれ特徴があり、得意分野があるからです。

仕事を探す際には、「時給の高さ」「通勤場所」「残業の有無」など、人によって重要視するポイントが違いますよね。

まず、自分はどんな条件を一番重視しているかを考えてみましょう。

「やっぱり一番重要なのは時給の高さ」という方は、高時給で働ける夜勤の仕事を多数扱っている派遣会社がおすすめ。

さらに時給にこだわる人は「深夜手当」がどれくらい出るかも確認しておきましょう。

また「夜勤専従」なのか「交代制」なのか、「何人くらいで働くのか」など、その他にも「ここは譲れない」という条件がある人は、求人検索の時点で条件を設定できる派遣会社であれば、簡単にお仕事を探せますよ。

まとめ

夜勤といっても「夜勤専従」「日勤と夜勤の交代制」などの働き方があります。

一般的には「夜勤専従」のほうが、生活リズムは一定のため、体の負担は少ないですよ。

夜勤で働こうと考えている方は、まずはどのような働き方が自分に向いているかをよく考えるようにしてくださいね。

夜勤に向いている人は、次のとおりです。

  • 夜型の人
  • 体力のある人
  • 稼ぎたい人
  • 人と関わるのが苦手な人

派遣会社に登録する際には、夜勤の求人が多い派遣会社を選ぶようにしましょう。

最後におさらいとして、当記事内でご紹介した派遣会社一覧を掲載しておきますね。

ランキング 派遣会社名 夜勤の求人数(件)
1位 スタッフサービス・メディカル 20,623
2位 マンパワー 8,937
3位 きらケア 2,247
4位 テクノ・サービス(働くナビ!) 1,596
5位 ブレイブ 1,058
6位 テンプスタッフ 653
7位 ランスタッド 524
8位 グロップ 481
9位 パソナ 441
10位 日研トータルソーシング 100

(調査日 2021年3月21日)

夜働くことは思っているより大変です。

辞めたとしても生活サイクルをもとに戻すのに苦労することがあるのを覚えておいてくださいね。

夜勤の仕事を探している人は、求人数の多い「介護職」や「工場」などの職種がおすすめですよ。

派遣登録先を検索
地域
職種
特長