【新卒1年未満の転職理由ランキング】381人アンケート調査

採用コストをかけた会社にとって、新卒者の離職は大きな痛手。

退職した本人にとっても「早期離職は、次の職場の採用面接でマイナスに捉えられる可能性がある」というデメリットが。

デメリットもあるのに早期離職する人が多い原因を探るべく、新卒1年未満で離職した人を対象にアンケートを行いました。

【調査概要】

  • 調査対象:新卒1年未満で転職した経験がある人
  • 調査日:2021年3月11日~25日
  • 調査方法:インターネットによる任意回答
  • 調査人数:381人(女性254人/男性127人)

新卒1年未満で転職した人のうち入社後6ヶ月以内が6割

新卒1年未満で転職した381人に「入社後どれくらいで転職したのか」を聞くと、以下のような結果になりました。

入社後どれくらいで転職したか?

3ヶ月以内に87人、さらに6ヶ月以内に151人が転職しており、6割以上の人が6ヶ月以内に辞めています。

10日や2週間など、1ヶ月以内に転職した人も37人。

中には「研修期間中に辞めたので、実際には働いていない」という人も。

1年という節目を待たず、早期に退職した人が多いとわかりました。

新卒1年未満の転職理由1位は「人間関係」

次に「新卒1年未満で転職した理由は?」と聞きました。

回答数が多かった順に10位までをランキング形式で紹介します。

新卒1年以内に転職した理由

1位はハラスメントやいじめなど「人間関係が悪い」でした。

「人間関係が悪い」は、新卒者対象アンケートに限らず、退職理由の上位にくる項目です。

2位以下には「長時間労働・休日への不満」「給与が低い」などがランクインし、「人間関係」も含め、労働環境に不満を持っている人が多いとわかりました。

では具体的な回答をご紹介します。

1位 人間関係が悪い

  • 他の部署の部長に、飲み会の時にセクハラされた(女性、1ヶ月で退職)
  • 教育係の一年上の先輩が、他の方が見ていないところで無視を続けてきた(女性、6ヶ月で転職)
  • 配属先の上司とそりが合わず、なじめなかったため(男性、10ヶ月で転職)

同僚に馴染めなかったり、いじめやハラスメントを受けたりしたことが原因で転職した人が1位でした。

新入社員でなくても、無視されたりハラスメントを受けたりしたら、会社に行きたくなくなりますよね。

中には「研修で罵倒され、翌日に辞めた」という人もいました。

2位 長時間労働・休日への不満

  • 1日中立ちっぱなしで、ご飯を食べる時間も休みもなかった(女性、6ヶ月で退職)
  • 残業が100時間超で休日出勤もあり、体力がついていかなかった(女性、6ヶ月で転職)
  • 休みを取らせてもらえない。知人の結婚式にも出席させてくれなかった(男性、10ヶ月で転職)

2位は「業務量や長時間労働、休日出勤などへの不満」。

過酷な勤務が「体調不良」「精神的な不調」につながった人も多数。

また「残業が多いのに、残業代は出ない」など、「残業の多さ」と「残業代の未払い」がセットになっている回答も目立ちました。

3位 仕事内容が合わない

  • 営業職になり、毎日飛び込み営業で辛かった(女性、5ヶ月で退職)
  • 営業を志望していましたが、配属先がそうでなかったため(男性、10ヶ月で転職)
  • プログラマーだったが、論理的にコツコツと考えることに向いていないと感じた(女性、10ヶ月で退職)

「働いてみたら、仕事内容が合わなかった」「希望していた仕事内容ではなかった」という回答が3位。

「ノルマが辛かった」「コールセンターで毎日怒鳴られて辛かった」といった回答も寄せられました。

仕事内容を事前に聞いて想像していたとしても、実際やってみないとわからないこともありますよね。

4位 求人内容と現実が違う

  • 休日や寮について、会社説明会で聞いた内容と異なる点が多かったため(女性、1ヶ月で転職)
  • 最初は事務員だと説明されていたが、入社したらバリバリの営業職だった(女性、6ヶ月で退職)

4位は「求人内容や事前説明と、実際の労働条件が違った」でした。

違っていた内容は「職種」「給与」「休日」「福利厚生」「勤務地」「キャリアパス」など。

「この条件だったから入社したのに」と会社に不信感を持ってしまいますね。

5位 給与が低い

  • 周りの同年代と比べて給与が低すぎることが原因(男性、6ヶ月で転職)
  • 業務と給料がみあわないと感じたから(男性、10ヶ月で退職)

収入に満足できず転職した人が5位。

「忙しいのに給料が低い」など、「仕事と収入が見合わない」という回答が複数ありました。

6位 他の仕事がしたい

  • 就職したすぐ後に、第一希望だった職場から「不採用を取りやめ、採用する」との電話がきたから(女性、1ヶ月で転職)
  • 元々してみたい仕事があって、どうしても諦めきれなかったので(女性、10ヶ月で退職)

6位は「他の仕事がしたい」でした。

主なパターンは「もともとやりたかった仕事をあきらめて新卒入社したものの、思いを捨てきれずに他職種に挑戦した」。

「働くうち本当に自分のやりたいことがわかり、転職した」というパターンもありました。

7位 残業代・給与の未払い

  • 会社の業績不振の為、給与未払いが3か月以上になったので早期に退職した(男性、8ヶ月で退職)
  • 「残業代はもらえない」「出張費は自腹」など、私生活に影響が大きかったから(女性、9ヶ月で転職)

7位は「残業代・給与の未払い」が原因で転職した人でした。

給料の未払いが続くと会社の将来が不安になりますし、生活にも困ってしまいますよね。

「残業代が出ない」という回答も目立ち、こちらは会社のコンプライアンス意識に問題がありそうです。

8位 勤務地に不満

  • 配属先が島だったので、毎日船で通うのが大変だったから(女性、6ヶ月で転職)
  • 全国転勤を伴う配属だったため、地元へ戻りたくて転職しました(女性、10ヶ月で退職)

勤務地に不満があって転職した人が8位でした。

不満の内容は「希望勤務地で働けなかった」「通勤に時間がかかる」「事前に聞いていた勤務地と違った」など。

海外赴任を打診されたことがきっかけで転職した人もいました。

9位 体調不良・怪我

  • 肉体労働に体がついていけなかった(男性、1ヶ月で退職)
  • 怪我により歩くことが難しくなり、仕事にならなくなった(女性、9ヶ月で退職)

9位は「体調不良や怪我が原因で転職した」。

仕事が原因の体調不良もあれば、交通事故に遭い働けなくなったという人も。

体調不良の原因である「職場での喫煙」を改善してほしいと要望したものの、改善されなかったので転職したという回答もありました。

10位 成長できない

  • 新入社員だったのに、ずっと放置されてしまったため(男性、3ヶ月で退職)
  • 仕事には苦労せず人間関係も良かったが、自分の成長につながらないと感じたので(男性、6ヶ月で転職)

「この職場では成長できないと感じたから転職した」という回答が10位。

新人への教育体制が整っていなかったり、スキルが身につかない業務内容だったりして、転職を決意したという人がいました。

もしかすると「この人みたいになりたい」と思える上司や先輩が、近くにいなかったのかもしれませんね。

転職の相談相手は「家族・親戚」

続いて「転職について相談した相手」を聞くと、結果は以下の通りでした。

転職の相談相手

相談した相手は「家族・親戚」が1位、「友人・恋人」が3位で、職場以外の人に相談した人が多くなりました。

職場の人に相談する場合には、上司や先輩よりも「同期」に相談したという人が多い結果に。

同期は同じ立場ですから、相談しやすいですよね。

「学校の先生が職場と交渉してくれた」「大学の就職課に相談したら、役立つアドバイスをもらえた」など、卒業した学校に相談した人もいました。

また誰にも相談しなかった人も142人で多くなりました。

新卒1年未満で転職してよかった人は9割

最後に「新卒1年未満で転職してよかったですか?」と聞いたところ、結果は以下のようになりました。

新卒1年以内で転職してよかったか?

9割以上の人が「新卒1年未満で転職してよかった」と答えています。

「よかった」と思う理由を、具体的な口コミと共に紹介します。

転職してよかった人の口コミ

  • 転職先は自分が携わりたいと思っていた職種で、辞めて正解でした(男性、2ヶ月で転職)
  • 第二新卒で大手企業に転職できたので、早めに辞めて正解だったと思う(女性、6ヶ月で転職)
  • ストレスがなくなったので、体調が復活した(女性、6ヶ月で転職)

人間関係や労働環境に恵まれた職場に転職できた人が多いようです。

健康ややりがいを手に入れたという回答も見られました。

また体験談からは「新しい職場にスムーズに順応できる」「スキルがなくても第二新卒として採用されやすい」など、「新卒社員が早めに転職するメリット」も浮かび上がりました。

転職して後悔した人の口コミ

  • かなりの短期離職のため、次を決めるのにかなり苦戦しました(女性、3ヶ月で転職)
  • 転職先で給料は上がったが、人間関係が更に複雑になり辛かった。前職で我慢が足りなかったと後悔(男性、7ヶ月で転職)
  • 転職活動時に退職理由を聞かれることが多く、忍耐力がないという印象を持たれる(女性、10ヶ月で転職)

転職して後悔した人からは「転職活動が大変だった」「前の職場で、もう少し我慢できればよかった」などの声が寄せられました。

新卒社員が転職を考えるとき、人間関係や労働条件、仕事内容のせいで、感情的になっていることも多いでしょう。

しかし勢いで辞めてしまうのではなく、冷静に状況を分析して「辞めるべきか、続けるべきか」を考えて決断するのが望ましいですね。

まとめ

新卒1年未満で転職した経験がある人にアンケートを行った結果、「人間関係」「長時間労働」「給与の低さ」など、労働環境に不満をもって転職した人が多数でした。

「新卒1年未満で転職してよかったか」と聞いたところ、9割以上の人が「よかった」と回答。

「第二新卒で採用されやすい」などの意見が寄せられ、早めに転職を決意することのメリットが浮かびました。

一方で「なかなか転職先が決まらず困った」「前の職場で我慢すればよかった」という人も。

自分ひとりで悩んでいると「そもそも転職すべきか」「職場の選び方」「退職理由をどう説明すべきか」などについて、冷静な判断ができないこともあります。

転職について悩みや不安がある人は「卒業した学校の就職担当」や「若手・第二新卒向けの転職エージェント」に相談してみてはいかがでしょうか。

就職・転職のプロが、客観的な立場からアドバイスをくれるはずですよ。